Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
電子契約を交わす人

CECTRUST-Lightってどんなサービス?」とお調べではありませんか。 この記事では、電子契約を行えるCECTRUST-Lightのサービス詳細や特徴、料金などに関する情報をわかりやすく解説しています。

運営企業や導入実績のほか、搭載されている機能なども徹底解説。 最後までお読みいただければ、CECTRUST-Lightのサービスについて詳しく知ることができるでしょう。ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されている昨今、電子契約の導入を検討されている企業も多いのではないでしょうか?電子契約サービス29社を徹底比較した筆者が、みなさまの円滑な電子契約導入をサポートいたします。弁護士による記事のリーガルチェックも経験済み。




CECTRUST-Lightとは

CECTRUST-Light

CECTRUST-Lightは、電子上で契約締結から契約書保管までを行えるクラウド型のサービスです。 運営企業は株式会社コンストラクション・イーシー・ドットコムで、NTTデータや日本オラクル、大手建設会社などが共同出資して設立された会社です。

電子商取引サービスや統合線量管理のためのクラウドサービスなども運営しており、ビジネスの電子化における様々なソリューションを展開しています。


CECTRUST-Lightの導入実績

CECTRUST-Lightは多くの大企業から選ばれており、多数の導入実績がある信頼できるサービスです。 CECTRUST-Lightの導入企業の一例を紹介すると、以下の通りです。

  • NTTグループ
  • 株式会社NTTドコモ
  • 成田国際空港株式会社
  • 関西エアポート株式会社
  • NEXCO中日本/西日本
  • 首都高速道路株式会社

このようにCECTRUST-Lightは、誰もが知る大企業や空港、高速道路などのライフラインを提供する企業にも導入されています。



サービスの特徴

グッドサインを出す男性

続いて、CECTRUST-Lightには他の電子契約サービスと比べてどのような特徴があるのか解説していきます。


法的効力の強い当事者型の電子契約

CECTRUST-Lightは、法的効力の強い当事者型の電子契約サービスです。 電子契約サービスには大きく分けると立会人型と当事者型の2種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 立会人型…電子契約サービス事業者(第三者)の電子署名を付与
  • 当事者型…契約を行う当事者の電子署名を付与

立会人型の電子契約サービスにも法的効力はありますが、当事者型に比べると効力はやや劣ります。 CECTRUST-Lightはより法的効力が強い当事者型のサービスだからこそ、一流の大企業からも支持されているのでしょう。


政府により適法性が認められている

CECTRUST-Lightは、政府が公式に適法性を認めている点も特徴です。 「グレーゾーン解消制度」と呼ばれる政府がサービスの適法性を判断する制度があり、CECTRUST-Lightはこの制度を利用して適法性を証明しました。

政府が公に適法性を認めているサービスだからこそ、電子契約を初めて導入する企業でも安心して利用できます。 なおCECTRUST-Lightのグレーゾーン解消制度に関する情報は、公式サイトでもご確認いただけます。

建設業法で定める技術的基準への適合について/CECTRUST-Light公式サイト


相手方(取引先)の費用負担がゼロ

CECTRUST-Lightの特徴として、相手方の費用負担ゼロで電子契約を結べる点が挙げられます。

双方当事者型の電子契約は、自社だけではなく相手方も電子証明書を発行する必要があります。 電子証明書の発行は有料なので、一般的に双方当事者型の電子契約サービスでは相手方への費用負担も発生します。

その点CECTRUST-Lightでは、自社で相手方の費用まで負担できる仕組みとなっています。 「電子契約を導入したいけど、取引先が同意してくれるか…」とお悩みの方でも利用しやすいサービスです。



CECTRUST-Lightの機能

クラウド

続いて、CECTRUST-Lightに搭載されている主な機能を紹介します。


電子契約の締結

CECTRUST-Lightでは、電子署名やタイムスタンプを用いて法的に有効な電子契約を締結できます。 電子署名やタイムスタンプが利用できれば、次のような法律の要件を満たすことが可能(※)です。

  • 電子署名法
  • e-文書法
  • 電子帳簿保存法

電子契約を導入する上でどのように法的要件を満たすかは重要な部分ですが、CECTRUST-Lightなら問題なく対応できます。

※利用方法や文書により異なるため、詳細はCECTRUST-Lightまでお問い合わせください。


締結済み契約書をクラウド上で保管

CECTRUST-Lightでは、締結済みの契約書をクラウド上で保管する機能もあります。 紙と印鑑で契約を締結する場合、紙の契約書が原本なので保管のためのスペースや設備が必要でした。

一方CECTRUST-Lightを利用すれば、締結済みの契約書はクラウド上で一元管理できます。 特定の契約書を探すときは検索機能で簡単に見つけられ、更新時期を確認したい時などにも便利です。


納品書や請求書などの電子化

CECTRUST-Lightでは契約書以外の様々な書類も電子上でやりとりすることができます。 例えば以下のように、税法で保管が義務付けられている重要書類を電子上で交付・保管できます。

  • 納品書
  • 請求書
  • 見積書
  • 領収書

これらの文書を送信する際は取引先の電子署名は必要なく、自社の電子署名さえあればOKです。 料金プランの項目で解説しますが、自社のみの電子署名を付与する場合は低コストで利用できる仕組みとなっています。


承認・ワークフロー機能

CECTRUST-Lightには、上司の承認がなければ契約締結を行えないような設定や、ワークフロー機能なども搭載されています。 紙と印鑑で行っていた契約フローをそのまま電子化できるので、社員が戸惑うことなくスムーズな電子化が可能です。


API連携機能

CECTRUST-Lightには、API連携機能も搭載されています。 すでに自社ITシステムを構築済みの場合、API連携が利用できるのは重要なポイントです。 オプション料金も必要なく無料で利用できるのも嬉しいポイントです。



CECTRUST-Lightの料金プラン

PRICE

CECTRUST-Lightの導入を検討する上で気になるのが料金面です。公開されている情報を料金表にまとめたので、ご覧ください。

※表記価格は税込
初期費用/月額基本料金 無料
文書登録/送信費用 契約書
(双方の電子署名)
880円/件
納品書や請求書など
(自社の電子署名のみ)
220円/件
料金システム 初年度 四半期ごとの従量制
2年目以降 前年の利用実績に応じた年間定額制
※最低44万円〜

他社の電子契約サービスでは「月額基本料金+従量料金」または「アカウント数に応じた定額料金」が一般的ですが、CECTRUST-Lightはやや特殊な料金体系をしています。

1年目は四半期ごとの従量制であり、2年目以降は前年の利用実績に応じて年間の定額制に切り替わります。 2年目以降の最低利用料金は44万円(税込)であり、それ以上の契約締結を行う企業であれば導入を検討するといいでしょう。



当事者型で比較するなら電子印鑑GMOサイン

GMO電子印鑑Agree

CECTRUST-Lightと同様の当事者型の電子契約サービスを比較検討するなら、電子印鑑GMOサインがおすすめです。 電子印鑑GMOサインでは双方当事者型と片方のみの電子署名を使い分けることができ、承認機能やワークフローといった機能も搭載されています。

CECTRUST-Lightは2年目以降の最低利用金額が44万円(税込)と高額な一方、電子印鑑GMOサインなら月額基本料金は9,680円(税込)であり、年間約10万円から利用できます。

中小企業や個人事業主であれば電子印鑑GMOサインでも十分に満足できる機能が搭載されているため、そちらを検討するといいでしょう。



まとめ:電子契約サービスをまとめて比較

この記事では、CECTRUST-Lightのサービス詳細や特徴、機能や料金などに関する情報を徹底解説しました。 CECTRUST-Lightの特徴をごく簡単にまとめると、以下の通りです。

  • CECTRUST-Lightは政府も適法性を認めた電子契約サービス
  • 契約締結のほか、見積書や納品書などの送付も可能
  • 相手方の費用負担ゼロで同意を得やすい
  • 2年目以降の最低利用料金は44万円

CECTRUST-Lightは多くの大企業に選ばれる信頼度の高い電子契約サービスですが、2年目以降は最低利用料金が44万円(税込)とやや高額です。 電子印鑑GMOサインのようにもっとリーズナブルに利用できるサービスもあるので、十分に比較の上で検討しましょう。

次の記事では、全15種類の電子契約サービスを機能や料金から徹底比較しています。 ニーズ別のおすすめランキングも掲載しているので、電子契約の導入を検討する際にはぜひ参考にしてください。