Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
ビジネスマン

「電子契約の導入を検討しているけど、CONTRACTHUB@absonneってどんなサービスなんだろうか?」とお悩みではありませんか。 CONTRACTHUB@absonneは、大企業の電子契約システム構築に役立つオーダーメイド型の電子契約サービスです。

この記事ではCONTRACTHUB@absonneの特徴やサービス詳細、料金プランなどに関する情報をまとめています。

また、記事の後半では個人事業主や中小企業の場合に検討したいCONTRACTHUB@absonne以外の電子契約サービスも紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されている昨今、電子契約の導入を検討されている企業も多いのではないでしょうか?電子契約サービス29社を徹底比較した筆者が、みなさまの円滑な電子契約導入をサポートいたします。弁護士による記事のリーガルチェックも経験済み。




CONTRACTHUB@absonneとは

CONTRACTHUB@absonne

CONTRACTHUB@absonne(コントラクトハブアットアブソンヌ)とは、日本製鉄のグループ会社である日鉄ソリューションズが提供する電子契約サービスです。

日鉄ソリューションズは企業ごとに最適なITソリューションを提供している会社であり、ECサイト制作やMVNO基盤構築など多種多様なITサービスを扱っています。

CONTRACTHUB@absonneは、そんな日鉄ソリューションズが提供する電子契約SaaS。 契約に関する業務効率化やコストの削減を目的として提供される、安心安全の電子契約サービスです。


CONTRACTHUB@absonneの導入事例

CONTRACTHUB@absonneは、著名な大企業での導入実績もあります。実際の導入事例をいくつか紹介すると、次の通りです。

  • JAL(日本航空)
  • ARUHI
  • 住友林業情報システム
  • ファミリーマート
  • みずほ銀行
  • 株式会社リクルートテクノロジーズ

このように、名だたる大企業がCONTRACTHUB@absonneを使って電子契約を結んでいることがわかります。



CONTRACTHUB@absonneの特徴

特徴イメージ

電子契約サービスCONTRACTHUB@absonneには、どのような特徴があるのでしょうか。詳しくチェックしてみましょう。


オーダーメイド型の電子契約サービス

CONTRACTHUB@absonneの最大の特徴は、オーダーメイド型の電子契約サービスである点です。 CONTRACTHUB@absonneはあらかじめ枠組みの決まったパッケージサービスではなく、利用する企業それぞれの状況に合わせて最適に構築されるシステムです。

例えば、購買システムとCONTRACTHUB@absonneを連携して定期的な受発注の仕組みを効率化したり、電子契約におけるワークフローシステムと契約締結を業種に合わせて最適化したり、自由なカスタマイズが可能となっています。


複数者署名やスマホでの利用などの便利機能

CONTRACTHUB@absonneは、電子契約の承認フローを設定したり、複数者の署名を行ったり、企業の内部統制にも役立つシステムとなっています。

そのほか、スマートフォンやタブレットでも使えるため、契約相手が一般の顧客や個人事業主である場合にも利用しやすい特徴があります。


電子契約導入のコンサルティングサービス

CONTRACTHUB@absonneでは、電子契約を導入するにあたって障壁となる内容を、全て細かくサポートしてくれるコンサルティングサービスが提供されています。 CONTRACTHUB@absonneのコンサルティングサービスの例は、次の通りです。

  • 導入済みITシステムとの連携支援
  • 取引先や自社で行う電子契約の説明会
  • 電子帳簿保存法などの法律
  • 法令への対応支援
  • 電子契約書のテンプレート提供

このようにサポートの内容は多岐にわたり、どんな細かい不安にも親身になって支援してくれるのが特徴です。



業界別に最適化されたプランも用意

契約風景

CONTRACTHUB@absonneはオーダーメイド型の電子契約サービスだとされていますが、業界・業種別に最適化されたプランも用意されています。 その例として、CONTRACTHUB@absonneを基盤に作られた次の3つのサービスが挙げられます。

  • KENCHUB@absonne(不動産業界向け)
  • FINCHUB@absonne(金融業界向け)
  • HATCHUB(仕入れなど総合的なBtoBビジネス向け)

それぞれ、簡単に概要をチェックしてみましょう。


KENCHUB@absonne

CONTRACTHUB@absonneを不動産業界に最適化したパッケージプランが、KENCHUB@absonneです。次のようなシーンで活用できます。

  • 賃貸契約
  • 不動産オーナー向け契約
  • 集合住宅の管理組合向け契約
  • 工事業者など協力企業との契約

CONTRACTHUB@absonneと同様にスマートフォンやタブレットなどでも利用できるため、契約シーンに合わせて柔軟に活用できるシステムとなっています。


FINCHUB@absonne

CONTRACTHUB@absonneを金融業界向けにカスタマイズしたプランが、FINCHUB@absonneです。 CONTRACTHUB@absonneの基本機能に、住宅ローンや法人融資契約へ活用できる機能を加えたシステムとなっています。


HATCHUB

HATCHUBは、CONTRACTHUB@absonneを基盤として仕入れなどBtoBの購買業務に最適な機能を追加したパッケージプランです。 会計システムや予算システムなどと連携し、日々の購買業務を効率的に行えるシステムとなっています。



CONTRACTHUB@absonneの料金プラン

price

企業ごとに最適なカスタマイズが可能なCONTRACTHUB@absonne。 料金プランや課金体系が気になるところですが、公式サイトでは具体的な料金プランは明記されておらず、問い合わせが必要です。

オーダーメイド型のシステムであり、コンサルティングサービスの内容も企業によって変わってきます。 そのため、企業ごとに個別の見積もりをする形だと考えておきましょう。


CONTRACTHUB@absonne ライトパックについて

インターネット上では、料金プランとして「CONTRACTHUB@absonne ライトパック」の価格が掲載されているWEBサイトも見られます。

しかし、CONTRACTHUB@absonne ライトパックは2014年に発表されたサービスであり、現在(2021年)の公式サイトには一切記載がありません。

すなわち、インターネット上のCONTRACTHUB@absonneライトパックの情報は古い可能性があるため、注意しましょう。



CONTRACTHUB@absonnのメリット・デメリット

メリットとデメリット

CONTRACTHUB@absonneのサービス内容や特徴を踏まえ、メリット・デメリットをまとめました。 電子契約サービスの導入を検討している方は、参考にしてくださいね。


CONTRACTHUB@absonneのメリット

CONTRACTHUB@absonneを利用するメリットは次の3点です。

  • オーダーメイドで自社に最適なシステムを構築できる
  • 電子契約以外のITシステムもまとめて依頼できる
  • 親切丁寧な導入支援があり、ITに詳しくない企業でも安心

上記の特徴に魅力を感じる企業であれば、CONTRACTHUB@absonneへ問い合わせたり資料ダウンロードの手続きをしたり、本格的に検討するといいでしょう。 そのほか、印紙コスト削減や業務効率化などの一般的なメリットも得られます。


CONTRACTHUB@absonneのデメリット

CONTRACTHUB@absonneのデメリットは、次の2点です。

  • 他社の電子契約サービスよりコストが高額になる恐れ
  • 大企業向けのサービスであり中小企業や個人事業主には不向き

オーダーメイド型で企業ごとにシステム構築を行ってくれるCONTRACTHUB@absonneですが、それが故に高額なコストも必要となることでしょう。 他社の電子契約サービスはオーダーメイドこそ難しいものの、安価で低コストに導入できます。

また、CONTRACTHUB@absonneは大企業の利用を想定している電子契約サービスです。 公式サイトでも「導入している企業の過半数は従業員数5,000人以上の大企業である」と明記されているので、中小企業や個人事業主の利用は想定されていないと考えられます。



中小企業や個人事業主におすすめの電子契約サービス

経営者イメージ

CONTRACTHUB@absonneは大企業向けのサービスであり、中小企業や個人事業主には不向きだとお伝えしました。 CONTRACTHUB@absonne以外にも電子契約サービスは多数あり、中小企業や個人事業主に最適なサービスもあるので、それを紹介します。

なお、別の記事では電子契約サービスをニーズ別にランキング形式で紹介しています。 CONTRACTHUB@absonne以外の電子契約も検討したい方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

» 電子契約サービス比較ランキング【自社に最もおすすめなのは?】


クラウドサイン

CONTRACTHUB@absonneよりも中小企業や個人事業主におすすめなのは、業界でNo.1のシェアを誇る「クラウドサイン」です。 最近ではテレビCMも放映されていることから、CONTRACTHUB@absonneより一般層の知名度も高いです。

CONTRACTHUB@absonneのように取引先への説明会サポートなどは行われていませんが、知名度が高いからこそ取引先の賛同を得やすいのも事実です。

» クラウドサインとは?評判など徹底解説


電子印鑑GMOサイン

「電子印鑑GMOサイン」はCONTRACTHUB@absonneと違い、個人事業主や中小企業から大企業まで様々な利用シーンを幅広く想定している電子契約サービスです。

CONTRACTHUB@absonneと同様の承認機能やワークフロー機能も搭載されており、内部統制の強化にも役立ちます。 また、電子印鑑GMOサインの特徴として、特に法的効力の強い自社の電子証明書を発行できる点も挙げられます。

CONTRACTHUB@absonneの場合は他社の認証局で電子証明書を発行する形になりますが、電子印鑑GMOサインならGMOグループ内の認証局でシームレスに電子証明書を発行できます。

» 電子署名タイプシェアNO.1【電子印鑑GMOサイン】


WAN-Sign

「WAN-Sign」は電子契約の導入に際して、過去に作成済みの紙の契約書を電子化するにも役立つサービスです。

自社で保管している紙の契約書をスキャンして電子化し、クラウドストレージでの保管までを一括して代行してくれる特徴があり、これはCONTRACTHUB@absonneでは実現できないサービスです。

そのほか、WAN-Signの運営会社は企業の機密情報の抹消や医療機関の検体保管なども行っており、CONTRACTHUB@absonneとは領域の異なるサービスを利用可能。電子契約を導入する際には、ぜひチェックしたいサービスです。

» 契約後の書類管理も任せられる唯一のサービス【WAN-Sign】



まとめ:大規模なIT投資に活用したいシステム

この記事では、CONTRACTHUB@absonneの特徴やサービス詳細などについて解説しました。 CONTRACTHUB@absonneの特徴をごく簡単にまとめると、次の通りです。

  • CONTRACTHUB@absonneはオーダーメイド型の電子契約サービス
  • 取引先や社内への説明会など、導入支援も充実
  • 大企業のIT投資には役立つが、中小企業や個人事業主には不向き

CONTRACTHUB@absonneは企業や業種ごとに柔軟にカスタマイズしてくれる、オーダーメイド型の電子契約サービスです。 取引先や社内への説明会など個別の導入支援も充実していますが、大企業向けサービスなので高額なコストが必要になることでしょう。

もし「電子契約だけできればいい」と考える中小企業や個人事業主であれば、CONTRACTHUB@absonneよりも別の電子契約サービスを検討するといいでしょう。