Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

会社専門の印鑑通販

画像:会社印鑑.com


この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
印鑑は、人生に何度も購入することはありません。言うなれば、一生に一度の買い物と行っても過言ではないほど重要な買い物。そのため”長い目”で見た時どれを選んだらよいのか、この視点を大切に、優良な情報をみなさまにお届けいたします。年間2.5万本の印鑑作成に貢献。

会社印鑑.comは、楽天市場などのショッピングサイトなどでも人気の印鑑専門通販サイトです。 良い印鑑をより安く提供することをモットーに、常に企業努力をしています。

人の人生に印鑑を通して関わりたいと心を込めて印鑑を制作しています。 個人の実印も作成してくれますが、会社印鑑.comは会社実印の専門です。

そのため、ホームページでは会社を設立した時に必要な印鑑についての説明も事細かに書かれておりとても便利です。 また、通常出荷予定日が毎日表示されるので出来上がる正確な時間を予想することができます。


価格に関して

会社印鑑.comの価格帯のほどですが、大手の印鑑通販業者に引けを取らぬお得感のある価格で販売しています。

薩摩本柘植(16.5mm)が3,930円(税込)。黒水牛(16.5mm)が4,450円(税込)。屋久杉(16.5mm)は31,600円(税込)。なかでも黒水牛は芯持ち素材を使用し、屋久杉も希少なものとなっています。

  • 薩摩本柘:3,930円~
  • 彩樺:5,150円~
  • 楓(かえで):4,850円~
  • 智頭杉(ちづすぎ):5,150円~
  • 黒水牛(芯持ち):4,450円~
  • 神楽ひのき:5,150円~
  • オランダ水牛:5,450円~
  • 象牙:販売終了
※表記価格は税込


印鑑の種類

柘植、黒水牛、彩樺、象牙といった一般的な印材は全て扱っており、会社印鑑.comならではの珍しい印材ですと、楓と人口樹脂を用いて作られた『楓(かえで)』や、ほのかに杉の香りが薫る『智頭杉(ちづすぎ)』、島根県邑智郡美郷町から産出される檜(ひのき)を使用した『神楽ひのき』などがあります。

楓(かえで)、智頭杉(ちづすぎ)、神楽ひのき


おすすめ実印セット

会社印鑑.comは、会社専門の印鑑通販なので会社実印のお得なセットがたくさんあります。 例えば、起業や開業時の2本セットは人気です。 実印と銀行印もしくは実印と角印のどちらかを選べます。

印材によりますが、最安で9,900円(税込)ととても低価格なのが魅力的です。 その他にもゴム印がセットになっているものもあります。

先ほどのセットにゴム印をプラスするセットは、最安で15,000円(税込)です。 また、会社代表印、銀行印、角印にゴム印がプラスされているものもあります。

最近人気のあるチタン印鑑の3本セットもあり、特にIT企業などに人気です。

人気の法人印2本セットとIT企業に人気のチタン印鑑セット


会社印鑑.comの口コミ

法人が利用する機会の多い会社印鑑.comですが、最も多い口コミはアフターケアやサービス面が優れているという点ではないでしょうか。 印鑑通販サイトの中には、激安だけれどアフターケアが保証されていない場合も多いです。

しかし、会社印鑑専門ということもあり、個人で購入したい人が見ると品揃えがそこまで豊富ではないという感想を抱く場合があるようです。 会社設立や企業をして会社の実印を作りたいと思っている人にとっては様々なお得なセットがあり、品揃えは豊富だと感じるでしょう。

また、各印材ごとに、捺印性や耐久性、希少性や高級感といったパロメータがグラフで表示されている点や、印材ごとに注文後の出荷予定日もWEB上で表示されているといったユーザビリティの高さも注文時に非常に役に立つといった評価を得ています。

会社印鑑.comの公式サイトはこちら≫公式サイト:会社印鑑.com




会社印鑑の作成方法

会社印鑑の作成方法
会社印の作成・登録までのポイントを知りたい方はこちら!