Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
宅配便を受け取る女性

回覧板や荷物の受け取り、さらには会社の”確認印”などで利用されているシャチハタ。 こちらの記事では、シャチハタを注文する際はネット通販サイトが便利でおすすめな理由を紹介しています。

さらに、オンラインショップでシャチハタを注文した場合にカスタマイズできる内容についても記載。 また、商品注文から発送までのスピードが速い翌日発送対応の通販サイトも紹介しています。 シャチハタの注文を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
印鑑は、人生に何度も購入することはありません。言うなれば、一生に一度の買い物と行っても過言ではないほど重要な買い物。そのため”長い目”で見た時どれを選んだらよいのか、この視点を大切に、優良な情報をみなさまにお届けいたします。年間2.5万本の印鑑作成に貢献。




珍しい名字のシャチハタは注文して作ろう

ショッピングカート

朱肉がなくても捺印できることが魅力のシャチハタ。 シャチハタは様々なお店で購入できますが、珍しい名字の方であれば「既製品では自分の名字が売られていない」ということもあるでしょう。

そんな時は、いくつもの店舗を探し回るのではなく、すぐに注文してみるのがおすすめ。 その店舗に無いだけで既製品の在庫が他店舗にあった場合、注文により取り寄せてもらえることもあります。

もし既製品には存在しない名前であった場合、ご自身が指定した名字でシャチハタを注文可能です。 たくさんの店舗を訪れて時間を浪費するよりも、すぐに注文した方がスマートです。



実店舗でシャチハタを注文できる場所

注文を受ける人

「100均やホームセンターなどでシャチハタが売られているけど、いざ別注品を注文する場合はどのお店に行けばいいんだろう」と疑問を感じてはいませんか?

実は、100均やホームセンターなどで安く売られているスタンプは、厳密には”シャチハタ”ではない場合があります。

というのも、本来シャチハタというのは商品を販売する会社名のこと。 シヤチハタ株式会社が販売する朱肉不要の印鑑が大ヒットし、そのアイテム自体が「シャチハタ」と呼ばれるようになったんです。

つまり、100均やホームセンターでは自分の名字のシャチハタは注文できない恐れがあります。

それでは印影をカスタマイズできる別注品はどこで注文できるのか。その答えは、「お近くの取り扱い店舗」です。 シャチハタ公式webサイトでは”ショップナビ”という店舗検索ツールが用意されています。

調べたい地域や住所、エリアを選んでいけばシャチハタを取り扱っている店舗を調べられ、注文での作成に対応しているかも確認可能です。 実店舗での注文を考えている方は、ぜひシャチハタのショップナビを活用してくださいね。

ショップナビはこちら(シャチハタ公式サイト)



印鑑専用の通販サイトは安い&早いのでおすすめ

通販サイトイメージ

先ほどの項目では実店舗でシャチハタを注文できる場所を紹介しました。 しかし、実店舗で注文するよりもっと簡単にオーダーする方法があるのです!それは、インターネットを使う方法。

インターネット上には、はんこやスタンプを専門に扱っている通販サイトが多数存在しています。

楽天市場やAmazonなどの大手ネットショップでもシャチハタのオーダーは可能ですが、それよりも印鑑のエキスパートである”ハンコヤドットコム”という通販サイトがおすすめ。

ハンコヤドットコムは、年間40万件以上にものぼる印鑑の出荷実績を誇る、判子通販サイトの最大手。 通常の実印や銀行印はもちろん、シャチハタ製品も豊富に用意しています。

※シャチハタをインターネットで注文するべき理由について、詳しく知りたい方は以下をご覧ください!






ハンコヤドットコムなら最短翌日出荷

なぜシャチハタを注文するならハンコヤドットコムがおすすめなのかというと、注文してから出荷までのスピードが非常に速いからです。

例えばハンコヤドットコムでは、シャチハタの定番商品「ネーム9」の別注品を購入した場合、通常翌日出荷で商品を発送してくれます。

注文日の翌日に出荷してもらえば、配送先の地域にもよりますが早ければその次の日には手元にシャチハタが到着するでしょう。 つまり、たった2日で注文したシャチハタを入手できるということ。

印鑑を取り扱う通販サイトは多数ありますが、シャチハタを注文して作成する場合は発送までに時間がかかるケースも。 その点、ハンコヤドットコムなら低価格で注文でき、素早く手元に届けてくれるので利用しやすいのです。



シャチハタの注文時に選べる内容

疑問を抱える女性

こちらの項目では、ハンコヤドットコムでシャチハタを注文する際に「どんな内容を選べる(カスタマイズできる)のか」について解説します。

ハンコヤドットコムでは様々なシャチハタ商品の注文を受け付けていますが、今回は定番商品の「ネーム9(別注品)」を例に紹介します。


自由度の高い印面の文字

ハンコヤドットコムでシャチハタを注文する場合、印面に刻む文字の自由度は非常に高いです。 ひらがな・カタカナを刻めるのはもちろん、漢字は旧字体にも対応。さらに、アルファベットのシャチハタも注文可能です。

アルファベットでも注文できるということは、外国人がシャチハタを作成する場合でも利用できるということ。 「日本へ留学に来た外国人がお土産に印鑑を買って帰る」というのは有名な話ですので、親しい外国人の友人へのプレゼントにも役立ちますね。


10種類の書体

シャチハタを注文する際に重要なのが書体選び。オーダーメイドの特注品であれば、自分好みの書体でシャチハタを作成可能です。 ハンコヤドットコムでは、全部で10種類の書体を用意。利用シーンに合わせて最適な書体で注文できます。


文字のレイアウト

ハンコヤドットコムのネーム9(別注品)では、注文時に文字のレイアウトも決められます。 縦書きや横書きを選べるのはもちろん、フルネームで作成する場合は2行のレイアウトも可能です。


ボディーカラーは全10色

特に女性の方であれば「せっかく注文するのであれば、かわいい見た目のシャチハタにしたい」と考えるかもしれません。 ハンコヤドットコムのネーム9(別注品)なら、全部で10色の中からボディーカラーを選択できます。


ネーム9(別注品)の場合、インク色は朱色のみ

ハンコヤドットコムが販売しているシャチハタの中には、インク色を自由に選べる商品も存在しています。 ただし、ネーム9(別注品)の場合、インク色は朱肉のみでの注文となるので注意。

これは、ネーム9(別注品)があくまで一般的な認印としての使用を想定しているからです。 もし「他の人とは違うインク色のシャチハタを注文したい」という希望のある方は、ハンコヤドットコム内でインク色をカスタマイズできる商品を選びましょう。



緊急で必要な時は100均のものでもOK

焦る女性

日常生活を送っていると、突然シャチハタが必要になり、注文していては間に合わないタイミングがありますよね。 例えば「学校へ提出する子供の書類に認印を押さなきゃいけないのに、シャチハタが見つからない」など。

今日・明日にでもシャチハタが必要な時は、注文して商品が届くまで待って入られません。 そういった緊急時には、注文品ではなく100均で売られているシャチハタを使ってもいいでしょう。

ただし100均の場合、珍しい名字のシャチハタは見つからないこともあるので注意。

しかし、100均などで売られているシャチハタの中にはインク補充ができない”使い捨て”タイプのものも多いです。 それに注文品とは違い、すぐにインクがなくなって使えなくなることも。

メインで使用するシャチハタは、やはりインターネットなどで注文して作るのがおすすめです。



自分好みにカスタマイズして、認印の捺印をもっと楽しもう!

今回の記事では、シャチハタの注文をするのであればオンラインショップがおすすめな理由を紹介しました。 世の中にはたくさんの印鑑通販サイトがありますが、シャチハタを注文してからの発送スピードが速いおすすめサイトはハンコヤドットコムです。

ハンコヤドットコムのネーム9(別注品)では、カタカナやアルファベットのシャチハタを注文可能。 さらに、注文時には文字レイアウトや書体、ボディーの色までカスタマイズ可能です。

シャチハタの注文を考えている方は、ぜひハンコヤドットコムを利用してみてはいかがでしょうか?