Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

値段よりも、サイズよりも先に、
通販三文判や実印を買う前に知っておくべきことがあります


三文判の基礎知識赤の矢印 実印と三文判の違い赤の矢印 認印購入時のポイント

実印と三文判の違い

実印と三文判(さんもんばん)の違いは何なのでしょうか?
実は、この二つの印鑑に明確な違いをつけることができません。なぜなら、三文判は実印にも認印にもなりうることができるからです。 ここで、そもそも三文判の定義とは何かを知っておきましょう。

三文判とは、一般的に出来合いの安価なハンコのことを指します。

最近では、はんこ屋、文房具店、ホームセンター、100円均一などで安いものでは中には100円を切るような値段で手に入ります。これらは大半が機械で大量生産された同型印です。

こういった安価で入手できるハンコ全般を『三文判』と呼ぶのです。

この三文判ですが、市区町村に印鑑登録として届け出をだせば『実印』にすることができます。また、銀行での届け出を出せば『銀行印』としても使用することができるのです。

これらのことから、実印と三文判の明確な違いはなく、安価で売られている印鑑のことを『三文判』と呼ぶと理解しておけば良いでしょう。

三文判は届け出を行えば実印にも銀行印にもなりえます。


三文判を実印登録すると危険

三文判でも登録を行えば、実印として使うことができることを説明しましたが、三文判を実印として使うことは大変危険です。

その理由は三文判が大量生産されているからです。

三文判は基本的に工場で製造されます。大量生産されるということは、同じ印影の印鑑が大量に作られているということです。

その印影を実印に使うということは、当然ながら偽造の危険性が高くなります。したがって、実印は基本的にしっかりした印鑑屋で自身のオリジナルの印鑑を作るほうが良いのです。


シャチハタは三文判なのか?

よく、認印などで頻繁に利用されるシャチハタがありますが、シャチハタも三文判と称されることがあります。

シャチハタとは、印影面がインクを透過させる素材で作られた朱肉を必要としないハンコのことです。

インクが内臓されているので、とても便利で気軽に押してしまいますよね。
主に、社内文書などの内部書類において、承認や確認の際に使用されます。
あとは、書類の担当者名欄や郵便の受け取りの際に使うことが多いでしょうか。

ただし、シャチハタは実印や銀行印としての届け出はできない仕様なので、あくまで認印として使うことがほとんどです。

実印登録や銀行印として窓口に申請しようとしても、確実に断られてしまいます。

なぜなら、シャチハタのデメリットして印面がゴム製ため時間が経つとインクが薄くなったり、ゴムの経年劣化によって形が変わってしまうことがあるからです。

実印や銀行印など朱肉を必要とする印鑑と、シャチハタなどのゴム印は用途が違いますので、使い分けが必要になります。



シャチハタも三文判ですが・・・

皆さんご存知の通り、シャチハタとは文房具屋さんなどで売っているハンコの本体内部にインクが入っているネームスタンプ(インク浸透印)のことです。

この「シャチハタ」の名前の由来は、「シヤチハタ株式会社」という社名からきています。

そのため今では、このインク浸透印全てを「シャチハタ」と呼びますが、実はシヤチハタ株式会社が製造していないインク浸透印は「シャチハタ」とは呼べないのです。


皆さんご存知だったでしょうか?

朱肉を必要としない三文判と称されるシャチハタは便利ですが実印や銀行印としては使えません



<<STEP1:三文判の基礎知識について