Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

ビジネスマンなら知っておきたい訂正印の基礎知識

訂正印の基礎知識と押し方 実印・銀行印・認印...
印鑑には様々な種類がありますが、あなたは「訂正印」について詳しく知っていますか?

訂正印とは、書類や契約書において誤った記述、単語を直す際に用いられる印鑑です。訂正印を押すことの意味は、修正を加えたという証明になるということの他に、誰が修正を加えたのかを示すという目的も含まれます。

訂正印は正しい方法で押さなければ、効力を発揮しないため、契約書や重要な文書などにおいては、実印並に重要と言えます。

複数人が関わっている重要書類では、全員が捺印することで修正が有効となります。契約書では双方が訂正印を押さない限り、元の内容のまま履行されてしまいます。正しい形式で押さなければ、契約書自体が無効となってしまうこともありますので注意が必要。

しっかりと印を押せているかどうかは、お互いの信頼関係にも関わる問題なので重要です。

ここでは訂正印についてみていきますが、「実印がどういう印鑑か詳しく知らない」という方は、ぜひこの機会に実印についても確認しておきましょう。


訂正印に使う印鑑は実印じゃない??

訂正印と実印 訂正印に使う印鑑はどのようなものが良いのでしょうか?

これはケースによって変わってきます。

重要な契約書類・文書における書き損じを修正する際には、実際に書類に捺印されている実印(代表印)や銀行印などを使いましょう。実印以外のものですと、他の人が修正できてしまう可能性があるからです。

しかし、実印は偽造されてしまった場合、たいへんなことになります。そうホイホイと押すものではありません。社内文書などといった、普通の書類などのミスを直す場合は、他の印鑑を使うようにしましょう。

印鑑通販ショップなどでは、書類の文と文の間の狭いスペースでも押しやすいような6mm程度の幅の訂正印を販売しているのでおすすめです。いつでも使い分けられる用に、修正専用の印鑑を一本用意しておくと良いでしょう。

次に、肝心の「訂正印」の押し方について見ていきましょう。


実印並に重要!?訂正印の押し方

訂正印を押す際のルールにはしっかりとした決まりがあります。
主に文書の不備は以下の3パターンがあり、それぞれ修正の仕方が違ってきます。

  1. 「削除」:文章中に余計な文字がある場合
  2. 「追加」:文章や単語の記入漏れがある場合
  3. 「訂正」:文章に誤りがあり別の単語に修正する場合

それでは順番に見ていきましょう。(以下、横書きの場合です。)


1. 削除
まず、書類の誤りのうち、余分な単語や記述を削除するだけのケースについて説明します。

誤った単語を削除する時の方法は3つのステップ。

①誤りの部分に、二重線を引く。
②そして、二重線の上に訂正印を捺印する。(縦書の場合は右側に押します。)
③印の隣に「削除●字」と記入する。


書類によっては、文章の前後の余白が狭く、捺印できないケースがあります。特に実印などを用いる時は、印影の幅が大きいので入らないことも。そういった時は、二重線を引いた後、書類の欄外の余白に印をおして「◯行目 削除●字」と書くようにします。

訂正印の押し方「削除」



2. 追加
次に、文書内の記入漏れや文字の抜けが合った場合の直し方を見ていきましょう。
以下の手順で直していきます。

①追加する箇所に「∨」(縦書きは「<」)を書いて、どこに追加するかを明白にしめす。
②文字を追加する。
③記入した文字の近くに訂正印を捺印して、印の隣に「加入△字」と修正内容を書く。


幅の大きい実印を使う場合で書き込むスペースが小さい場合は、欄外の余白部分に「◯行目 加入△字」と記す。

訂正印の押し方「追加」



3. 訂正
最後に、単語や文字のミスを直す場合の方法について紹介します。
①誤りの部分を二重線で削除。
②修正箇所の上下どちらかに正しい単語を記入する。(縦書きの場合は左右のどちらかに書きます。)
③すぐ近くに訂正印を押し、その隣に「削除●字 加入△字」と記す。


実印や銀行印を使うため、空きスペースがない場合は、これまた同様に、修正内容を「◯行目 削除●字 加入△字」というふうに書く。
訂正の仕方は、削除と追加を組み合わせたような形式になります。この時、追加の場合と違って「∨」などは必要ありません。

訂正印の使い方「訂正」


以上、訂正印の正しい押し方を紹介いたしました。理解していただけたでしょうか?
なるべくミスのないように書類を作るよう心がけるのが一番ですが、万が一誤りが合った場合に備えて、正しい修正方法を覚えておきましょう。

実印を訂正する訂正する方法として、他に「捨印」があります。ただし、捨印は一般的な修正方法ではなく、取り扱いに注意点があります。

>>捨印の押し方について知る