Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

印鑑作成に役立つ情報をご紹介!

印鑑の作成に役立つ情報をご紹介!

公正証書を作成する、物件や車を購入する、銀行口座を開設する、会社を設立する・・・。

これらには印鑑が必要です。

印鑑の種類には、実印銀行印認印会社印があり、用途に応じて適切な印鑑を作成し、使い分けなければなりません。

しかし、実際に印鑑を作成するとなった時、そもそも印鑑の作成方法がわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、実印、銀行印、認印、法人印を作成したいあなたのために、印鑑の基礎知識と種類・用途、印鑑の作成から使用するまでの方法について解説します!





あなたが作りたい印鑑はどれですか?

画像:実印

実印

実印とは一人につき一本だけ登録することのできる印鑑のこと。重要な契約の際の書類に捺印することが多いので、非常に大切な印鑑です。実印とはいったい何なのか、いつ使うのか、作成のタイミングなど、実印の特性や注意点について詳しくご紹介しています。

画像:銀行印

銀行印

銀行印とは銀行口座の開設時に届け出る印鑑のことです。お金に関係する印鑑なので作成時にも気をつけなければなりません。銀行印の定義や使用場面、認印・実印との違いや作成時のポイントについて詳しく解説していますので、口座の開設前にご覧ください。

画像:会社印

会社印

会社印鑑(法人印鑑)にも実印や銀行印、認印にあたる印鑑があります。会社印の種類や用途などをわかりやすく解説しています。これから起業される方、個人事業主の方、経営者なる方なら押さえておきたい法人印の常識について説明しています。


印鑑にはいくつかの種類があります。
正確には、同じ印鑑でも、登録先によって実印にも銀行印にもなります。

また、会社印にも実印・銀行印に相当する代表者印・法人銀行印があります。その他に会社印に特徴的なのが角印です。

まずはそれぞれの印鑑の特徴や用途について理解しておきましょう。


作成後に後悔したくないなら!押さえておきたいポイント3つ

作成するサイズを決める

実印として使用できる印鑑のサイズには規定があり、「8ミリ四方の正方形からはみ出す大きさで25ミリ四方の正方形に収まる」ように作成する必要があります。

銀行印のサイズは実印よりも少し小さめ、認印よりも少し大きめがおすすめです。

会社印鑑は一般的に個人用の実印や銀行印よりも大きいサイズで作成します。具体的には16.5~24.0mmの間ですが、法人印には「代表者印」「法人銀行印」「角印」の3種類があり、それぞれでおすすめのサイズが異なります。

実際によく作成されているサイズがこちらです。
10.5mm 12.0mm 13.5mm 15.0mm 16.5mm 18.0mm 21.0mm 24.0mm
個人印鑑 実印 男性 実印
女性 実印
銀行印 男性 銀行印
女性 銀行印
認印 男性 認印
女性 認印
会社印鑑 代表者印 代表者印
法人銀行印 法人銀行印
角印 角印

こうして見ると女性は男性より一回り小さいサイズで作成している方が多いみたいですね。

それぞれの立場におけるおすすめの作成サイズの組み合わせは以下のようになります。
ぜひ参考にしてみてください。
男性
実印 銀行印 認印
16.5mm 15.0mm 13.5mm
女性
実印 銀行印 認印
15.0mm 13.5mm 12.0mm
法人
代表者印 法人銀行印 角印
18.0mm 16.5mm 24.0mm
>>男性が作成する実印のサイズの決め方 >>女性が作成する実印のサイズの決め方 >>法人印鑑のサイズの決め方



作成する名前を決める

作成する印鑑それぞれに合わせて、彫刻する名前も決める必要があります。
それぞれ作成する印鑑の種類ごとに大きく分けると次のようになります。

画像:実印に彫る名前

実印に彫る名前

実印を作成するなら「フルネーム」での作成がオススメ。女性は結婚して姓が変わる場合が多いので、名前だけで作成される方も多いです。ただし、住民票に登録した通りの姓名でしか登録できませんので注意が必要です。

画像:銀行印に彫る名前

銀行印に彫る名前

銀行印は苗字だけ、名前だけで作成した印鑑を使用できます。名前だけで銀行印を作成すると結婚や離婚によって苗字が変わった場合の変更が必要ないのでおすすめです。その代わり、印鑑の印影が他人と被りやすくなりますので注意しましょう。

画像:会社印の名前

会社印の名前

会社印に彫る名前は個人が作成する印鑑とは大きく異なります。会社実印(代表者印)をはじめとして、法人印には基本的に個人の名前が入ることはありません。基本的には形式に則って作成すれば問題ないでしょう。

また、認印を作成する際にに彫る名前は「苗字のみ」、「名前のみ」、「フルネーム」のどれでも大丈夫です。そのため、どんな場面で使用する認印なのかを考えて作成するといいと思います。例えば、苗字で作成すれば家族と共用で使用することもできますね。


作成する書体を決める

篆書体 太字篆書体 印相体
(吉相体)
古印体 隷書体
画像:篆書体
画像:太字篆書体
画像:印相体(吉相体)
画像:古印体
画像:隷書体


印面に彫る名前の書体は上記表のようにいくつかあり、判読性などの面からそれぞれの印鑑ごとにふさわしい書体があります。

画像:実印に適した書体

実印に適した書体

実印を作成するならば、できるだけ複雑な書体を選ぶことが良いとされます。実印は重要な書類に押印する印鑑ですので、偽造や複製されるリスクも考えなければなりません。篆書体や印相体が実印を作成する書体として人気です。

画像:銀行印に適した書体

銀行印に適した書体

銀行印の作成に使用する書体は比較的読みやすい古印体が一般的でしたが、防犯上の理由から、篆書体や印相体での作成が増えています。お金に関わる印鑑ですので、複雑な書体で作成すればセキュリティ面でも安心ができるできるでしょう。

画像:会社印に適した書体

会社印に適した書体

会社印も個人用の実印のように複雑な書体で作成するのが良いとされています。例えば、篆書体や印相体がおすすめです。篆書体は威厳を感じさせる書体で偽造もされにくく、そこから派生した印相体は開運効果も期待できるため人気があります。


認印は、宅配物の受け取りから、公的な書類にまで、日常生活の様々な場面で使用する印鑑です。実印や銀行印と比べると使用頻度が高く、様々な人が目にしますので、判読しやすい古印体や隷書体などで作成するのがおすすめです。


印鑑を作成する前に決めなければならないことは、はんこのサイズ印面の名前書体の3つです。

実印として登録できる印鑑には規定のサイズがありますし、銀行印や認印にもおすすめの大きさがあります。
印面の名前は偽造防止の観点から「フルネーム」での作成が一般的ですが、場合によってはフルネームで作らない方が都合が良いこともあります。
印鑑の書体は好みもあると思いますが、できるだけ偽造されにくい字体での作成ををおすすめします。

サイズ、印面の名前、書体は実印・銀行印・認印でそれぞれふさわしい決め方がありますので、作成したい印鑑についてそれぞれチェックしましょう。

また、会社印は個人用の実印や銀行印に比べ、大きめのサイズで作成するのが一般的です。印面は会社の名前で作成するので、個人用の印鑑とは名前の決め方が異なります。会社用の認印として角印を用いることが多いのも特徴です。


ネット通販で購入するとお得!価格をチェック!

あなたは印鑑をどこで作成して、どこで購入しますか?

実は、現在の印鑑作成の主流はネット通販です

ネット通販で実印や銀行印を作成するのは危ない印象がありますが、注文者ごとに一つ一つ印影デザインをしているため、全く同じ印影の印鑑になることは滅多にありません。

一方で、文房具屋さんなどで安く販売している既成の印鑑は機械で大量に作成されているため、同じ印影になってしまう可能性があります。そのため、既成の印鑑を実印や銀行印として使用するのはおすすめできません。

では実際に、印鑑を作成するとなったら印章店・ハンコ屋さんとネット通販ショップのどちらを選択しますか?

ネットでもちゃんとした印鑑が作成できるとしたら、あとはどちらで購入するほうが値段が安いかですよね。

そこで、実店舗の価格と通販サイトの価格を比較しました。実店舗と通販サイトの両方を運営しているハンコヤドットコムで個人実印を作成したときの価格を例にご紹介します。

素材(16.5mm) チタン 黒水牛 彩樺
店舗 ¥35,270 ¥14,000 ¥10,680
通販 ¥19,500 ¥8,000 ¥6,100
差額 ¥15,770 ¥6,000 ¥4,580


ここでは、個人実印用の印鑑を作成する際に人気の素材「チタン」、「黒水牛」、「彩樺」をピックアップしましたが、実際に店舗で購入するよりも非常に安く購入できます。

印鑑通販サイトは実店舗よりも多くの印材が揃っている場合が多いです。そのため、自分の好きな素材で印鑑を作成することができます。

最近では、重要な契約で捺印する実印やお金に関わる銀行印でさえも通販で作成し購入するのが主流となっています。実店舗で購入するよりもはるかに安く購入できますので、ワンランク上の素材で印鑑を作成することもできますね。


印鑑の種類ごとに人気の素材をご紹介!

実印におすすめの印鑑素材

画像:象牙

象牙

実印の素材といえば「象牙」。昔から実印を作成するときの定番素材として不動の人気を誇っています。威厳のある天然模様から高ステータスな印材としても有名。耐久性の高さや印影の綺麗さなど、実印にぴったりの性質を持っています。

画像:チタン

チタン

「耐久性」「捺印性」「見た目」において高い能力を持つ印材。スタイリッシュな風貌でありながら、一生使えると言われるほど頑丈で綺麗な印影を残すことができることから、作成する人が年々増加している非常に人気の高い印鑑素材です。

画像:黒水牛

黒水牛

できるだけ予算を抑えて実印を作成したいという方におすすめの素材が水牛。特に「黒水牛」は低価格でありながら耐久性や捺印性に優れた印材です。漆黒の光沢が美しく人気があります。

画像:彩樺

彩樺

木材の実印を選ぶなら「彩樺」での作成ががおすすめ。間伐材を再利用しておりエコロジーです。木材でありながら特殊な加工によって耐久性が高いのも特徴。丁寧に扱うことで一生使い続けることもでき、実印素材として申し分ない素材です。


 

銀行印に人気の素材

画像:チタン

チタン

高い耐久性や風貌の良さ、お手入れのしやすさが特徴の印材。金属素材のチタンは「銀行」というイメージにもぴったり。年々人気を増しているおすすめの印鑑素材です。

画像:水牛

水牛

あまり銀行印を作成するのにお金をかけられないという方には、比較的価格の低い「水牛」がおすすめです。水牛にも種類があり「黒水牛」は男性に、「白水牛(オランダ水牛)」は女性に人気。耐久性も申し分ない印材です。

画像:シトリン

シトリン

金運上昇効果があると言われている「シトリン」で銀行印を作成するのはいかがでしょう?お金や大切な資産を管理する銀行印の素材として打って付けのパワーストーン印鑑です。


 

認印として使いたい素材

画像:赤彩樺

赤彩樺

耐久性に優れた彩樺の中で深い赤色が特徴の印材です。耐久性が高いので、使用頻度の高い認印の作成にもぴったり。赤彩樺は木目のきめが細かく、見た目も美しいので、女性にも男性にもおすすめしたい素材です。

画像:黒檀

黒檀

深みのある木目と重厚感のあるボディが人気の素材。高級な建築材としてや家具の作成にも使われるほど品質が高いことが特徴で、耐久性にも優れています。黒檀は認印の作成にぜひ使っていただきたい印材です。

画像:オランダ水牛

オランダ水牛

実印の素材としても定番の牛角ですが、なかでもオランダ水牛は耐久性と捺印性に優れた印材です。透き通った茶色には天然ものならではの美しさがあり、男性からも女性からも人気の高い素材です。


会社印として人気の素材

画像:チタン

チタン

チタンは、見た目や機能性、耐久性に優れているため会社印の作成におすすめの印材です。他の印鑑素材と比較してずっしりとした重さがあるため軽い力で綺麗な印影が残せます。使用頻度が高く、日々の業務で摩耗しやすい角印などに特に重宝される素材です。

画像:象牙

象牙

ステータスを求めるなら「象牙」での作成がおすすめ。定番の印材として古くから印鑑の作成に用いられ、人気を博しています。象牙は高級品としても有名。耐久性も申し分なく、独特の模様と落ち着いた色味が存在感を放ち、一目置かれる素材です。

画像:黒水牛

黒水牛

会社の印鑑作成にかける費用はできるだけ節約したいという方には「黒水牛」がおすすめ。価格は比較的安いものの、黒く光る漆黒の印鑑からは高級感が漂います。耐久性も高いので、会社印としてもぜひ使用したい印材です。


素材は印鑑の耐久性・風貌・捺印性に大きく影響します。

また、印鑑は相手がいる場で捺印するケースが多いので、高いステータスを感じさせ、重厚感のある高級印材で作成される方も多くいます。

一方で、実印や銀行印などは何度も作り変えるものではないので、見た目の好みだけでなく、耐久性や強度、綺麗な印影が残せるかについても考えなければなりません。認印は普段使いする印鑑ですので軽くて丈夫な素材で作成すると良いでしょう。

会社で使用する印鑑は個人用のハンコと比べて使用頻度が高いため、耐久性には特にこだわって選ぶ必要があります。 代表者印は会社の顔ともなる印鑑ですので、素材をしっかり吟味した上で印鑑を作成することをおすすめします。


登録してハンコに役割を与えましょう!

画像:実印の登録

実印の登録

実印として作成した印鑑を登録する流れをご紹介。自分の住民票が登録されている地方自治体の役場で登録を行います。作成した印鑑と公的身分証明書、手数料を準備しましょう。

画像:銀行印を登録する

銀行印を登録する

銀行印の登録作業自体は簡単で、銀行口座を開設する際に、「指定の用紙」の「指定の場所」に押印するだけ。必要な書類が足りないと改めて銀行に行くかなければなりませんので、事前に確認をしておきましょう。

画像:会社印を登録する

会社印を登録する

会社印の中で登録が必要な印鑑は「代表者印」と「法人銀行印」です。起業時にはやるべきことが山のようにありますが、会社印の登録も重要。時間が節約できるように一連の流れを簡潔に説明します。


作成した印鑑は役所や銀行、登記所で登録することで初めて各印鑑としての効力を持つことができます。
印鑑の作成・購入までで満足せず、できるだけ早く登録に行くことをおすすめします。

しかし、焦りすぎて登録に必要な書類を忘れてしまっては、何度も役所や銀行、登記所に向かうことになり、貴重な時間を浪費してしまいます。登録に必要なモノや流れを確認しておきましょう。


ハンコの作成から使用するまでの流れ

個人印鑑もしくは会社印鑑の種類とそれぞれの作成方法から、作成した印鑑の登録および印鑑証明書の発行までの流れを簡単に確認していきましょう。

個人印鑑

画像:個人印鑑の種類と基礎知識

個人印鑑の種類と基礎知識

個人で使う印鑑の中でもっとも重要なのが「実印」で、住民票のある役所で作成した印鑑の登録をする必要があります。このハンコは一人につき一本しか登録することができません。「銀行印」は新しく口座を開設する際に登録し、主に窓口で使用します。「認印」は日常的によく使う印鑑で、登録の必要はありません。一般的にこの3種類のハンコを揃えます。一本のはんこで3役まかなうは非常に危険ですのでオススメできません。セットで作成・購入するとお得ですのでぜひ3種類揃えていただきたいです。
>>個人印鑑の種類についての詳細ページ
下矢印
画像:実印・銀行印・認印を作成する際のポイント

実印・銀行印・認印を作成する際のポイント

個人用のハンコを作成する場合には、「素材」「サイズ」「名前」「書体」「価格」といった気をつけなければならない点がたくさんあります。実印・銀行印・認印のそれぞれにおすすめな素材やサイズ、書体、さらに、安心して購入できる通販サイト、お得なセットなど、個人用の印鑑を作成する際に知っておきたい情報をわかりやすくまとめてご紹介します。
>>印鑑作成の詳細ページ
下矢印
画像:はんこの登録と印鑑証明書の発行

印鑑の登録と印鑑証明書の発行

実印用、銀行印用の印鑑を作成したなら、それぞれ登録をしなければなりません。実印の登録は、住民票を置いている市町村の役所で行います。実印として登録できる印鑑には規定がありますので、あらかじめ規定内のハンコを作成しておきましょう。また、印鑑証明書の発行は、ハンコを登録した際に受け取る印鑑カードを使用します。一方、銀行印の場合は、実際に口座を解開設するときに登録することがほとんどです。当日、慌てないで済むように必要な書類や流れなどをこちらで確認してみましょう。
>>印鑑の登録方法についての詳細ページ



会社印鑑

画像:会社印の種類と基本

会社印の種類と基本

会社を設立する際には「代表者印」を登録する必要があります。代表者印は会社の経営者が持つ印鑑で、設立登記には必須です。しかし、実際に事業を行うときには代表者印、法人銀行印、角印の3種類のハンコが必要となります。そのため、代表者印を作成するタイミングに合わせて3本セットを購入しておくと、スムーズに運営ができておすすめです。
>>会社印鑑の種類についての詳細ページ
下矢印
画像:法人印を作成する際のポイント

法人印を作成する際のポイント

会社用のハンコを作成する際には、「サイズ」「素材」「書体」「価格」などのような点に注目します。会社印の作成は起業しないかぎり機会がありませんので、いざ作るとなったらネットで情報を収集するかと思います。しかし、情報が膨大で煩雑です。当サイトでは会社印鑑を作成する際のポイントをわかりやすくまとめました。サイズや素材、お得に購入できるセット販売など、押さえておきたいオススメの情報をご紹介します。
>>法人印鑑の作成詳細ページ
下矢印
画像:会社実印の登録と印鑑証明書の発行

会社実印の登録と印鑑証明書の発行

ハンコを作成し終えても、登録をしなければただの印鑑です。会社実印は本社の登録地を管轄している法務局登記所にて登録します。代表者の個人用実印も必要となりますので、お持ちでない方はこちらも準備しておきましょう。実際に使用する際には、印鑑証明書も併せて使用いたしますので、印鑑の登録と同様に法務局登記所にて発行しましょう。
>>登録と印鑑証明書についての詳細ページ



厳選!おすすめの通販サイト

個人用の印鑑を購入したい方、会社用の印鑑を購入したい方のどちらにもぜひおすすめしたい3つの印鑑ショップをご紹介いたします。
画像:ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムは年間出荷数が35万件を誇る印鑑通販サイト最大手。実績と信頼は業界No.1と言えるでしょう。品質の高い印材が揃っており、バリエーションも豊富で、特にチタン印鑑が欲しい方にはおすすめのサイトです。会社設立時に会社印をまとめて作成・購入できるセットもお得で非常に人気です。

画像:はんこプレミアム

はんこプレミアム

高品質で低価格の印鑑が欲しい方におすすめしたいのが、はんこプレミアム。メディアでの広告宣伝を一切しないことで他には真似のできない安さを実現しています。手彫り印鑑も低価格で購入できるのは非常に魅力的です。個人用、法人用の印鑑セットも充実していて、まとめて作成・購入したい方にも大人気です。

画像:ハンコマン

ハンコマン

業界トップクラスのスピード発送が魅力のハンコマン。即日出荷サービスを17時まで受け付けています。さらに、完全手仕上げでありながら安く印鑑を作成できるのも魅力。会社印鑑のセットや個人用印鑑のセットもお得に購入できます。金運招福印鑑は運気やステータスにこだわりたい方におすすめです。


個人用の実印、銀行印、認印、あるいは会社の印鑑を作成するのであれば、セットで購入するのが一番お得です。

特に、初めて印鑑を作成する方であれば、どの印鑑も絶対に必要となりますので、早めにまとめてそろえておくのがおすすめです。

個人用の「実印」「銀行印」「認印」、会社印鑑の「代表者印」「法人銀行印」「角印」もそれぞれ購入できますが、お得なセット販売も積極的におこなっている有名な印鑑通販サイトです。圧倒的な実績、業界最安、スピード配送などそれぞれに特徴を持っていますので、是非ご覧ください。

印鑑・実印を作成する際に押さえておきたいポイントについて、詳しくはこちらのページでご確認頂けます。
>>印鑑・実印を作成するにあたって



実印としては使えないけど、便利な印鑑といえばシャチハタ。

こちらのページで紹介しているので、シャチハタとは?シャチハタって何が便利なの?と少しでも思った方はぜひご覧ください。

>>シャチハタ印鑑|スタンプ台とケース不要のインク充填式浸透印