Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

定番の印鑑素材「印材の王様」

画像:象牙の実印

象牙は、「印材の王様」と言われるほど有名な最高級印鑑素材です。象牙を超える印材はないとまで言われます。理由は様々ですが、その色は真っ白でもなく黄ばんでもおらず、独特の落ち着いた色をしておりこれも実印としての人気の理由です。

朱肉吸着性が良いことでも知られています。朱肉の吸着性が良いと美しく鮮明な印影になります。

象牙は、印鑑の素材として大切な色、印影の美しさなどの見た目、手触り感、高級感、重量感などのすべての条件において最高の素材です。また、見た目が美しいだけでなく耐久性に優れており、一生の間一つのものを使う実印に向いていると言えるでしょう。

最近は、耐久が優れている素材としてチタン印鑑が有名です。そんな最新のチタン印鑑と比べても、象牙はそれに迫るほどの耐久性を持っています。

象牙は男性・女性問わず、実印素材として人気です。また、法人印鑑としても好まれます。経営者の方がよく、会社やご自身の実印用印鑑として購入されるようです。一生モノの実印ですから、耐久性があり、より高級な素材で作りたいと思う人には本当におすすめです。

ちなみに、象牙は環境省によって正式に輸入されたものとそうでないものがあるので注意が必要です。印鑑通販サイトを見てみても、お店によって値段が大幅に違うことがあります。数千円程度で売っているところは避けたほうがいいかもしれません。

牙の部位によっても素材としての質が変わってくるので、値段も上下します。中心部分に近く、一本の牙から数本しかとれないものは、数万円することもあります。

自分の予算に合ったものを購入することがポイントです。


最高級実印「象牙」の特徴と魅力

象牙は他の印鑑の中でも、最も朱肉の馴染みが良いとされており、押印した際に綺麗な印影を残します。 表面の光沢も年月を重ねて使えば使うほど増していきます。その高級感は重要な場面での使用が最も多い実印においては最高の印材いえるでしょう。

摩擦にも強く、捺印時の感触や、残された印影の美しさは他の印材とは段違いで、印材そのものの希少価値の高さからも、一度作れば一生ものだといわれております。

その象牙印鑑の中でも、最上級とされるのは、中心部分を使った『芯持ち』と呼ばれるものです。 これは、最も緻密な部分を使用するため、耐久性も高く目のきめ細かさに定評があります。

まさにキングオブ印鑑の名にふさわしいのが象牙印鑑なのです。

部位によって質が異なる

象牙の中身
一言に象牙といっても、加工する部位によって印材としての質が大幅に変わってきます。一本の牙の内側は、木の年輪のように層ができており、外側から順に「外皮層」「中皮層」、牙の芯を含む「中心層」と呼ばれます。

中心にいくほど、目が細かく密度が高いため耐久性に優れています。それと同時に一本のうち取れる数が少なく、希少価値が高くなるため、実印の値段も高額です。

一般的に、印鑑通販サイトで2万円近くの値段で販売されているものは中心層、もしくはそれに近い中皮層から切り抜いた部分を加工しているので安心です。さらに、芯の部分をそのまま用いている実印は数万円の価格がつくことがあるので最上級品です。

逆に、あまりにも価格が安く販売されている象牙印鑑は、外皮層やそれより外側の目が荒いものを使用している可能性が高いのであまりおすすめできません。

芯を通り、牙の輪模様に対して垂直で、横向きに切り抜いて加工したものが次に紹介する横目芯持実印、別名:日輪と呼ばれる最高級の象牙印鑑です

最高級ランク「日輪」

日輪実印


象牙の実印のなかでも、特に最高級の印鑑として名高いのが「日輪」。日輪とは、その見た目の模様からつけられた名前。象牙を横目に切り抜くことで独特の見た目となっています。

一本の象牙から多くても1~2本しか手に入れることができない、とても貴重な印鑑です。芯を通るように加工されているので耐久性も最上級。まさに実印にふさわしい印鑑です。

日輪の印鑑は非常に高価で、40,000円以上することも多いです。日輪の特徴は、木の年輪のような輪の模様が入っていることです。

そのために名前にも「輪」という漢字が入っています。これは、濃い色の模様が入っている象牙を使い、印材を横にとることで生じる独特の模様です。

非常に希少のため、本象牙の中でも最高級品の印材として知られています。

そんな「日輪」を扱っている印鑑通販サイトが「平安堂」

非常に希少な印材を扱っている数少ないお店です。平安堂が扱っている印材数は日本一とも言われます!日輪の印鑑に興味が湧いた方は、ぜひこちらもご覧ください。




いくらぐらいで買える?価格相場は◯◯◯◯円!

画像:マンモスの実印

象牙は印鑑の素材の中でも最も高級だと言われているため価格も他の素材に比べて高く設定されています。本象牙の場合、平均価格は19,000円ほどです。

最も安い象牙で8,400円ほど、質の良い象牙は約20,000円のものが主流で、さらに数万円高い象牙もたくさんあります。同じ角牙素材と比べても象牙実印の高級度は歴然です。

多くのネットショップでは、象牙は「特選」、「極上」、「日輪」というように希少価値ごとにランク付けされており、この順番に価格も大きくなっていきます。

他の素材と比べてみると、漆黒の深い色が人気の黒水牛の場合、価格相場は約4000円です。中には2000円弱で作ることができるお店もあります。そう考えると、象牙の実印は非常に高級ですよね。

象牙と同じくらいの価格相場の素材としては、特殊素材のマンモスがあります。販売されている通販ショップは限られていますが、象牙と似た性質を持っている印材です。比較的やや黄色みがかった見た目をしており、マンモスの実印のほうが好みであるという方もちらほら。

永久凍土から蘇ったマンモスの希少価値は最上級!マンモスの実印が欲しいという方は、こちらのページで詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。



象牙の印鑑を購入するなら絶対にこのお店!

最安印鑑通販はんこプレミアム

象牙の実印を購入するのであれば、熟練の職人による手彫り印鑑の通販ショップ「はんこプレミアム」がおすすめです!

というのも以下の4つの理由から、はんこプレミアムで買うことに他にはないメリットがあるからです。

  1. 確かなクオリティ
  2. 極上と並上のランク分け
  3. 業界随一の低価格
  4. 熟練の職人による手彫り印鑑

まず、はんこプレミアムの特徴として確かなクオリティ。 年間に数万本の印鑑を熟練の職人が手彫りで作成し、出荷しています。実印として用いる上で非常に安心でき、印鑑の質も良いと評判です。

2つ目に、「極上」「並上」の2つにランク分けして販売しています。同じ素材の中でも、質にこだわって高品質な本象牙の中心層を使用した極上と、中心より外側の並上の2種類に分けて象牙を販売しているので品質において信頼できると言えるでしょう。

3つ目に業界随一の低価格 という点。機械彫りが多い中、完全手彫りで印鑑を作成しているにも関わらず低価格を実現しているのは、テレビや雑誌といったメディアでの広告宣伝を一切していないため。

実際に、はんこプレミアムの印鑑がどれほど安いのかを検証するため、象牙の実印を販売している通販サイトの価格を調査し、比較表を作成いたしました。

通販サイト名象牙(特選、16.5 mm)
畑正¥27,160
平安堂¥50,652
はんこ良品¥69,768
はんこプレミアム¥21,800

上記の比較表を見ると、はんこプレミアムの実印がいかに安いかがわかりますね。

最後に、熟練の職人が完全手彫り している点。人の手で作られるため同姓同名でも全く同じ印影にはならず、実印にふさわしい印鑑を購入することが可能です。通常、手彫り印鑑は非常に高額ですが、はんこプレミアムならプラス1,980円の追加料金で完全手彫りの実印が作成できます。

以上、他の通販ショップにはない特徴・メリットから、象牙印鑑を購入するのであれば「はんこプレミアム」がおすすめと言えます。


はんこプレミアムの公式サイトはこちら≫公式サイト:はんこプレミアム