Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印の捨印について

実印の捨印とは?

捨印とは契約書や委任状、申込書、その他証書などを作成する上で、記載誤りを訂正する際の訂正印の捺印に代えて、書類の欄外に実印や認印を捺印する行為や捺印された印影の事を指します。

書類の提出や交換をした際に、相手方が訂正することをあらかじめ認めるといった意思表明のために使われるものです。

一度作成した書類を書き損じなどで訂正する場合は、些細な訂正であったとしても訂正個所に訂正印を押さなければなりません。訂正印の無い修正は無効とみなされ、文書の有効性が損なわれることにも繋がります。

ただし、訂正の度に文書を交換し、訂正印を押すのは非常に時間もかかりますし、わずらわしい作業になります。

些細な訂正であれば、相手に断ることなく訂正して良いと承認を与える意思の現れとして捨印を押すのです。これが一般的に捨印といわれるものになります。

捨印は契約書など相手方の内容の修正を認める為の意思表示の為に押します

捨印にまつわるトラブルについて

捨印は相手方に書類の訂正などを認めるものです。

よって、押す際には相手方との信頼関係があるかどうかが重要になってきます。なぜかというと、この捨印には訂正個所の範囲に関する定義があいまいであるため、悪意のある相手であると、契約内容に関する部分の内容を変更・改ざんされてしまう事にもつながります。

実際にそういった捨印にまつわるトラブルは過去にもあったようです。

捨印を相手に押す際は相手方との信頼関係が重要です

捨印は実印と同じものでないと使えないか?

捨印に使う印鑑は実印と同じものでないといけないのか?といった質問をたまに見かけますが、そんなことはありません。

基本的には、捨印を使おうとする書類の氏名欄に捺印してある印鑑と同じものであれば、実印でも認印でもどれでも構いません。

この際には認印も実印もどれも効力の面で違いはありません。

ただ、捨印で使用する印鑑と書類の氏名欄に押されている印鑑が同一である際にのみ捨印としての効果が発揮できます。


このページを閲覧した方は以下のページも見ています。
実印作成のポイント