Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

画像:法人銀行印の定義は?


あなたは「法人銀行印」と「会社実印」をしっかり使い分けていますでしょうか?

会社を起業する際には必ず登記をしなければならないため、どんな方でも会社実印は作成するはずです。

皆さんご存知のように法人銀行印は会社実印と一本の印鑑を兼用することができます。

しかし、ちょっと待って下さい。法人銀行印と会社実印、使用目的の異なる印鑑を1本で済ませてしまうと様々な不都合が生じます。

「一本で済ませられるならその方が良いんじゃないの?」
「そもそも、法人銀行印が会社実印とどう違うのかわからない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、このページでは法人銀行印と会社印鑑との違いと、法人銀行印を作成する際に気をつけるポイントをご紹介します。




法人銀行印とは?会社のお金を管理する印鑑

画像:お金を管理する大事な印鑑


法人銀行印とは、会社が銀行口座を開設する際や口座の預金を銀行から支払う、手形・小切手に押印するため、銀行に届ける会社の印鑑です。手形や小切手を発行する際などにも使用します。

基本的には経理部長などが管理をすることが多い法人銀行印。

しかしながら、代表取締役社長のような代表者が法人銀行印を管理している場合、代表者印(会社の実印)と全く同一の印鑑で法人印鑑と代表者印を兼用している場合もあるようです。

ですが、実は代表者印と法人銀行印は一本の印鑑で兼用しない方が良いです。

では、なぜこの2つの印鑑は兼用しない方が良いのでしょうか。
法人銀行印と会社実印の違いと、使い分ける理由について見ていきましょう。

会社の実印との違いと使い分ける理由

画像:法人銀行印と代表印の違い


法人銀行印は会社実印と兼用することが可能です。しかし、一般的には法人銀行印と会社実印はそれぞれ別々の印鑑で作成し、用途ごとに使い分けが必要です。

会社実印と法人銀行印の違い

会社実印と法人銀行印の違いはほとんどありません。

会社実印(代表者印)は印面が2重になっていて、外側には会社名、内側には「代表取締役之印」という役職名が彫刻されます。

一方、法人銀行印も印面が2重になっていて、外側には会社名、内側には「銀行印」という文言が彫刻されます。

つまり、会社実印と法人銀行印の違いは、印面の内側の文字だけとなります。

画像:実印と銀行印の印影


上記のように、印影の違いはほとんど無いですね。

ほとんど同じ印影になる印鑑を別々に作成する必要が本当にあるのでしょうか?

それでは、法人銀行印と会社実印を使い分ける理由を以下でご説明します。

使い分ける理由

具体的な例として、銀行から融資を受けようとした場合には、銀行印だけでなく、代表者印も必要となります。

そのため、別々の印鑑として別々の場所で保管・管理しておくのが良いでしょう。 

会社内の人だけでなく、外部でのリスクを減らすためにも、法人銀行印と会社実印を別々に作成しておくことをおすすめします。 


印面にはどんな名前を彫るのか

画像:法人銀行印の印面に彫る名前


印面にはどのような名前を彫れば良いのでしょうか?

法人実印の場合は、印面が「外枠」と「内枠」とに別れており、それぞれ「会社の名前」と「役職名」を彫刻します。

それでは、法人銀行印の場合はどんな印面にすれば良いのでしょうか?

法人銀行印の印影は代表者印とは大きく変わりません。

外枠に会社の名前を彫るというのは同じですが、内枠の中には「銀行之印」と彫刻します。

法人銀行印 会社実印
外枠 会社名 会社名
内枠 銀行之印 代表取締役之印

上記のように印面がほとんど同じだということはせっかく使い分けようと思っても、どっちが法人銀行印かということがわからなくなってしまいます。

そこで、一般的にはサイズを変えることで代表者印との区別をしています。

それでは、どのようなサイズを選べばいいか、見ていきましょう。

会社の銀行印はどのサイズで作ればいいの?

画像:会社の銀行印のサイズ


会社・法人用の印鑑は多くの場合「代表者印」「法人銀行印」「社印(角印)」の3点セットです。(ゴム印が入った場合は4点セット)

社印(角印)は形が違うので簡単に見分けがつきますが、代表者印と銀行印はほぼ同じ形、印影をしているので、ひと目で見分けられるように「差」をつけておく必要があります。

そのため、一般的に法人銀行印と代表者印は「サイズ」で区別されることが多いです。

ほとんどの場合、「法人銀行印<法人実印<社印(角印)」という大きさで作成されており、「16.5 mm<18.0 mm<21.0 mm」という組み合わせが基準となっています。

上記で、代表者印と法人銀行印はほぼ同じ形をしているから見分けにくいという説明をしましたが、実際には法人印鑑は「天丸」と「寸胴」で作成することができるので、形で区別することもできます。

サイズを選べないという場合は形で違いを、どちらか一方の形しか選べないという場合はサイズで違い作ると良いですね。

画像:会社の実印と銀行印は形とサイズで区別する


法人銀行印はその他の法人印鑑との兼ね合いも大事です。

そのため、法人銀行印は代表者印や社印(角印)とまとめて作成するのがおすすめです。

それでは、会社印鑑のセットについて見ていきましょう。

実印を買うなら銀行印と角印もセットで!

画像:会社銀行印は代表社印と社印(角印)とセットで購入する


会社を設立、起業する際には必ず登記をしなければなりません。

そのため、どんな方でも代表者印は作成するはずです。

しかし、ちょっと待って下さい。

代表者印だけではこれからが大変です。

銀行の預金の支払いなど、必ず法人銀行印を使う場面があります。

社印(角印)も同様です。

ですから、最初に代表者印を作成購入するタイミングで法人銀行印と社印(角印)をセットで作っておくことをおすすめします。

ここで、法人印鑑のセットをお得に購入できる通販サイトをご紹介します。

ハンコヤドットコム

画像:会社銀行印ならハンコヤドットコム


ハンコヤドットコムは印鑑業界最大手の通販サイトです。

年間出荷件数は35万件以上!

ハンコヤドットコムなら法人印鑑セットが最大58%OFF!

おすすめは、ハンコヤドットコムでしか購入できないプレミアムブラックチタンとプレミアムゴールドチタン。

質の高い印鑑を通販限定で店舗価格から大幅に値下げ!

はんこプレミアム

画像:安く購入するならはんこプレミアム


はんこプレミアムはとにかく安く購入したい方におすすめの通販サイトです。

毎日10本限定で高級素材の琥珀印鑑を10%OFFで販売しているなど、水晶印鑑の取り揃えも良い本印材卸会社です。

会社設立応援セットなら、最大30%OFF!

平安堂

画像:手彫りの高級印鑑なら平安堂


印材の取り揃えなら日本一と言っても過言ではない平安堂。

特徴はやはり、象牙の法人印鑑が購入できるところ。

他の2サイトと比べて、代表者印、法人銀行印、社印(角印)の組み合わせが、18.0mm、18.0 mm、24.0 mmしかないので若干高めの価格設定です。

丁寧な仕上げと、完全手彫りも選べるところは平安堂のみ。

セットなら最大20%OFFにもなります!

>>平安堂の詳細ページはこちら



法人印鑑セットの値段

実印:18.0 mm、銀行印:16.5 mm、角印:21.0 mmの組み合せの法人印鑑のセット価格を上記3つの印鑑通販ショップで調べましたのでご覧ください。

なお、平安堂の法人印鑑セットは、実印:18.0 mm、銀行印:16.5 mm、角印:21.0 mmの組み合せのものをご紹介しています。

チタン ブラック
ゴールド
象牙 黒水牛 薩摩本柘
ハンコヤドットコム ¥69,580 ¥71,680 - ¥27,880 ¥20,780
はんこプレミアム ¥30,880 - - ¥13,880 ¥10,780
平安堂 ¥130,291 - ¥228,960 ¥67,392 ¥51,710

セットで購入した方が、一本ずつ作成するよりも確実に安く購入することができます。

法人銀行印を始め、これから法人印鑑を揃えようと考えている方はぜひ、セットで購入しましょう。

法人銀行印を変更する!会社実印と同じ印鑑で登録してしまったら

画像:会社銀行印の登録と変更


個人の銀行印が口座開設者本人しか改印手続きができないのと同じように、法人銀行印も原則、代表者しか改印をすることができません。

法人銀行印は会社の大切な資産を動かすことが可能な印鑑ですから、本人確認は厳格に行う必要があるのです。

法人銀行印の改印をする場合、旧銀行印と代表者印、印鑑証明書、登記謄本などが必要となります。

銀行によって必要となるものが異なりますで、あらかじめ銀行の担当者に改印の際に必要となるものについて確認をしておくと良いでしょう。



法人印鑑の基礎知識から詳しく知りたい方はこちらをチェック!

>>法人印の作成に関する基礎知識

法人印鑑の作成方法について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

>>会社印鑑の作成・登録から証明書発行まで

代表者印の基礎知識と作成ポイントについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

>>代表者印を作る前に知っておきたい4つのポイント