Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印は夫婦共用で大丈夫?

実印は夫婦で同じ物でも問題ないか?

同じ実印を夫婦共用で使用するのは問題ない?

基本的に印鑑登録においては、同じ実印を共用で登録しても問題はありません。

ただし、役所で2人1度に登録をしようとすると、登録印鑑を分けてくださいと言われる可能性はあります。

これはなぜかというと、役所では『実印=1つしかないもの』という考え方をしているため、同じ実印を複数登録するということは基本的に認めていないからです。

しかし、時間や日を空けて、別々に登録をしにいくと、わざわざ別の印鑑登録の印鑑と照合する作業までは行われませんので登録はできてしまいます。

余談ですが、実印は本人の氏名で作成しなければいけないので、二人で一つの印鑑を共用する場合は、苗字のみが彫られたはんこを用意することになります。

以上、実印用の印鑑は夫婦で共用することができるというお話をしました。しかし、実際に実印を作成する際には同じはんこで登録することはおすすめできません

というのも、使用場面によっては別々に登録されていることが求めれることがあるからです。


二人で一つの印鑑を使うことの問題点

夫婦で実印を使うシーンとして多いものの一つに、「共有名義で不動産を購入する」といったものがあります。

このケースは、夫婦でそれぞれ異なる実印が求められるので、共用のものを使用することができません。実印は一人につき一本なので、どちらか一方が新しい印鑑で作り直す必要が出てきてしまいます。


また、1本の印鑑を2人で登録することになるわけですから、夫婦のどちらかがもう一方の名前を書いて実印を押した場合に問題になる可能性がでてきます。

例えばですが、旦那さんが奥さんの名前を書いて実印を使い、金融機関で借り入れなど行うシーンを考えて見ましょう(この際は奥さん名義の印鑑証明が必要)。

この際は印鑑証明と実印を持ち主が委任者とみなされ、旦那さんは代理人となります。つまり「奥さんの借り入れ」とみなされる場合があるということです。

つまり、なりすましが可能ということで、夫婦間で勝手に相手側の名義で借り入れを行うということはあまり無いとは思いますが、これが原因で夫婦仲が悪くなってしまうことがあるかもしれません。



また、お互いが連帯保証人になる場合などは、貸主側から印鑑を別々のものにしてほしいといった申し出があるかもしれません。

こういったことを考慮しますと、後々の面倒を減らすためにも、実印は共用せずに夫婦別々のものにした方がいいと考えられます。


夫婦向け実印セット

結婚を機に夫婦での実印ということで、夫婦向けセット販売の実印ラインナップも最近では増えています。

男性用の15mm実印と、女性用13.5mmの実印、そして銀行印の12mmの印鑑をセットにしているもので、実印は各々同じではない別のもの、銀行印は夫婦共用のものがセットになっているものです。

結婚を直前に控えた方々に人気の実印セットとなっています。
結婚を機に夫婦向け実印セットを購入される方々は多いです。

みんなが見ている関連記事


人気の実印通販ランキング BEST3
はんこプレミアム
業界最安値&高品質!
10年保証、字体訂正などのサービスに加え、高品質で人気の素材を使用した印鑑・実印を業界最安値で提供するハンコ通販サイトです。

ハンコヤドットコム
年間35万本の出荷実績!
印鑑をネット通販で作成するならここを選べば間違いなしと言われる大人気のはんこ屋です。豊富な種類に加え、即日出荷、10年保証のついた安心のサービスを提供しています。
ハンコマン
10年保証付き印鑑セット&即日出荷!
即日出荷、翌日お届けが可能な印鑑・実印通販サイトといえばハンコマンです。成人・卒業・就職・結婚・出産などのお祝い印鑑セットも用意されており、綺麗な梱包で配送してくれます。