Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

開運印鑑とは

画像:福徳開運印鑑

実印は大事な書類を作成する時に用いる印鑑です。 ほとんどの書類や契約書がお金に関わる契約書です。 そのため、一生に一度購入する実印は開運印鑑にするという人もいます。

開運印鑑を専門で販売しているのが、福徳開運印鑑の開運社本店です。 そもそも開運印鑑とはどんな印鑑なのでしょうか。

その印鑑が運気を上昇させたりする開運印鑑かどうかには様々な条件が関係します。 例えば、印材は象牙や水牛、柘植などが良いとされます。

また印面は丸型が好ましいとされます。 福徳開運印鑑の開運社本店では、ホームページで凶相印と呼ばれる運気を下降させる印鑑の紹介を写真付きで紹介しています。


珍しい素材の実印

福徳開運印鑑の開運社本店には珍しい素材を使った実印が販売されています。 一つは、マッコウクジラ印鑑です。 マッコウクジラの歯を使用します。 高い硬度があり、耐久性に優れています。 落ち着きのある色と艶やかなマッコウクジラ印鑑は象牙のような高級感があります。

カバ印鑑も福徳開運印鑑の開運社本店が販売する珍しい印鑑です。 カバの歯を使用しており、色は淡いクリーム色をしています。

重量感があり、やわらかい輝きを持っています。 15.0mmサイズのマッコウクジラ印鑑は84,000円、カバ印鑑は15.0mmサイズが31,500円です。


八方定義による開運印鑑

福徳開運印鑑の開運社本店では、八方定義によって開運印鑑を作成しています。
下図のように姓名(陰陽)、生年月日(干支九星)を宇宙の原理に基づいて配置したもので、 運勢の好転を願い字画を調整し、印刻するもの手法になります。

印章業界の権威者、寛山氏が考案した方法で日本ではじめて商標登録を認められた定義で、この会社のみ使用が許されているものになります。

福徳開運印鑑の開運社本店八方定義 印面配置図


福徳開運印鑑の開運社本店の口コミ

福徳開運印鑑の開運社本店では、開運印鑑により積極的に幸運を呼び込むことをモットーとしています。 縁起の良い実印にすることで、自分の将来に前向きになれるというわけです。

実印を子どもが成人した時にプレゼントするという人もいるでしょう。 子どもの将来の幸せを祈って、福徳開運印鑑の開運社本店で開運印鑑を購入したという人がいます。

会社の発展を願って開運印鑑を購入したという口コミもありますね。

福徳開運印鑑の開運社本店の公式サイトはこちら≫公式サイト:福徳開運印鑑の開運社本店