Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印の正しい捨て方

実印の処分の仕方は

実印はよく自身の分身であるとも言われます。

使用の際にも大事な契約ごとに使うことがほとんどです。それほど大事なものですので、必要がなくなった際にの処分や捨て方はどうしたらいいか悩む人もいることでしょう。

別に気にならない方は普通に不燃ゴミで捨てればいいですが、ここでは一般的な捨て方や処分方法についてご説明します。

まず『気』を抜くことが大切

実印のような印鑑は自分の分身だというほどですから、その実印には『気』が宿るといわれています。

その為、処分の前にその『気』を抜いてやることが必要です。

一定期間寝かせて気を抜く

『気』の抜き方ですが、まずは印面の朱肉をきれいにおとし、清潔な布や紙で包み仏壇などに1年間寝かせましょう。

これにより、印鑑から『気』が抜けるといわれています。

他の方法としては、印面を整えた後、きれいな半紙に包み封筒に入れ封をしてから普段開かない押し入れの奥にしまい、約半年ほど寝かせるというやり方もあります。

どちらでもやりやすい方法で良いでしょう。

寝かせた後は埋めるか焼却処分で

寝かせて充分『気』を抜いたあとは、地中に埋めて処分か焼却処分をするのが一般的です。

その際に、半紙に包んで、紙の端をのりで閉じ、閉じた個所に割印するように「封」と書いて、埋めるのも良いといわれています。

仏壇などで寝かし、充分に『気』を抜いてから処分するのが良いでしょう。


このページを閲覧した方は以下のページも見ています。
実印作成のポイント