Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

実印はどんな場面で必要なのか

実印が必要な場面とはどんな時か?

実印がよく大事な契約ごとに用いることが多いといいますが、具体的にどういう場面で使うのかまとめてみました。

不動産取引

不動産取引時に実印が必要

物件を購入時に所有権を自分の住所に移転登記をする際などに必要です。

分譲マンションや分譲住宅を購入される際は、販売会社から登記移転の手続きが必要ですので、ここで必ず必要になります。



中古車の個人売買

実印とは、中古車の個人売買に必要である

車などの個人売買の際は、車の所有者の名義変更に伴い、移転登録申請を行ので実印が必要になります。






銀行融資の際

銀行融資の際に必須

不動産などを担保に金融機関から融資を受ける際、実印と印鑑証明書が必要です。






その他実印が必要とされる場面

個人で実印が必要となる場面はおもにこれくらいですが、あとは「役場での公正証書作成」や、「金銭その他貸借証書・契約書の作成の際」、 「生命保険・自動車保険などの各種保険の加入 」、「会社設立する際の公証人役場での定款認証を受ける際」、あとは「遺産相続の際」にも必要になってきます。

その際に、実印が必要なこれらの場面では、『印鑑証明書(印鑑登録証明書)』も必要になる場合があります。

これは、書類に押印された実印が間違いなく本人のものであるか、また、本人が書類の作成者であるかを確かめるものです。

この、『印鑑証明書』を発行してもらうには印鑑・実印登録が必要となります。

実印と証明書があれば、第三者でも本人になりすまし、本人の知らないところで重要な契約を次々と結んでいくこともできてしまいます。

実印は、本人の権利や財産を守る、とても重要な印鑑ですので、管理には十分注意したいです。

>>実印の効力と印鑑証明について



このページを閲覧した方は以下のページも見ています。
実印を作成するにあたって
実印のサイズ選び
実印とは
  • 実印とは?
  • もっと実印の基礎について知りたい方はこちらのページへ!