Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
旧姓のまま実印は使える?

姓が変わっても旧姓での実印は使えるの?

多くの場合、女性は結婚で『姓』が変わります。婿入りの場合は、男性の姓が変わりますよね。

結婚後に姓が変わることを考慮して、女性の場合名前のみで実印を作るケースが多いですが、中には結婚前からフルネームで実印を作る方もいます。

そういった方の場合、結婚後も旧姓の実印は使うことができないのでしょうか?

戸籍上の名前(もしくは住民票登録の名前)と実印に刻印されている名前が違うことになりますので、実印の効力は消えることになります。

実印の登録の規定では、『氏名を表していない印鑑は実印として登録出来ない』というものがあり、姓が変わった場合、実印が実際の人物の氏名を表さなくなりますので、実印としての効果が消えてしまうのです。

この場合、再度改印登録をし直す必要があります。

改印のタイミングですが、結婚後に姓が変わった時点で、役所から印鑑証明が無効になった旨の通知書が届きます。その際に新しい印鑑を作成し、再度改印手続きで登録し直すのが良いでしょう。

ちなみに苗字ではなく名前で印鑑証明登録した場合の印鑑は、実印としてそのまま使用できますし、登録も有効なままです。

「山田桃子」だった場合、「桃子」という印鑑を持って印鑑証明を取れば、結婚・離婚後で姓が変わっても改めて手続きをする必要がないので便利です。
結婚後や離婚後に姓が変わるため、実印の改印が必要です。もしくは結婚をする前に名前のみの実印を作りましょう

離婚による公正証書作成にはどの印鑑を使うのか?

結婚後、諸事情により離婚することになった場合は、離婚協議書を作成し、公正証書にする必要があります。

この際の公正証書に使用する印鑑は、離婚前の実印か離婚が成立した後の苗字の実印か、どちらを使用すればいいのでしょうか。

公正証書は離婚が成立したのちに効力を持つものですから、離婚前の実印では、離婚後の姓と違いがでてきます。

しかし、公正証書を作成する段階で登録されているのは離婚前の実印です。したがって、この時点で実印の効力を持っているのは離婚前に登録している印鑑になりますので、 離婚前の姓の実印を使うことが正しいやり方になります。


人気の実印通販ランキング BEST3
はんこプレミアム
業界最安値&高品質!
10年保証、字体訂正などのサービスに加え、高品質で人気の素材を使用した印鑑・実印を業界最安値で提供するハンコ通販サイトです。

ハンコヤドットコム
年間35万本の出荷実績!
印鑑をネット通販で作成するならここを選べば間違いなしと言われる大人気のはんこ屋です。豊富な種類に加え、即日出荷、10年保証のついた安心のサービスを提供しています。
ハンコマン
10年保証付き印鑑セット&即日出荷!
即日出荷、翌日お届けが可能な印鑑・実印通販サイトといえばハンコマンです。成人・卒業・就職・結婚・出産などのお祝い印鑑セットも用意されており、綺麗な梱包で配送してくれます。