Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成

実印紛失時の対処から変更、再登録まで

実印を失くしたらどうしたらいい?

実印は非常に大切な印鑑なので、紛失した場合はすぐに届け出る必要があります。
実印登録を行った市区町村役場や登記所に届け出ましょう。 これで、不正に印鑑証明書を発行されて、なりすましなどの犯罪を防ぐことができます。

次に、新しい印鑑を用意して改印しましょう。 改印届を提出して初めて、紛失した実印の効力が完全になくなります。

その際に必要な物は、新しい印鑑登録をするハンコと免許証などの本人確認書類です。 最後に、警察に実印の紛失届や盗難届も出しておきましょう。

紛失届出証明書や盗難届出証明書をもらうようにします。 実印を使って契約をした関係先や取引先にも連絡しておくと尚、良いでしょう。

紛失届けと新規の印鑑登録


印鑑登録廃止の詳細

実印の紛失時など、印鑑登録を一旦廃止する必要がありますが、その具体的な方法をご説明します。

印鑑登録の廃止は原則として本人が行う必要があります。

ただし、本人がやむを得ない理由により申請できない場合は、代理人による申請も可能です。基本的には役所の窓口での申請になりますが、本人と代理人とでは必要なものが若干変わってきますので、個別にご紹介します。

・本人が行う場合

・届出人の身分証明書(免許証など)
・登録している実印
・印鑑登録証明証

・代理人が行う場合

・届出人の身分証明書(免許証など)
・本人の印鑑(認印でも可)
・本人の印鑑登録証明証
・代理人の印鑑
・委任状

本人が行う場合代理人が行う場合


引越し時の実印の住所変更について

まず知っておきたいのは、住所変更の手続きが必要ない場合があるということです。 引越し先が同じ市区町村内であればわざわざ住所変更手続きは必要ありません。

住所異動の届け出を提出すると自動的に印鑑登録の住所も変更になります。 引越し先が今まで住んでいた住所の市外の場合、転出届を提出する際に旧住所の印鑑登録は抹消されるので登録証を返還する必要があります。

転居先では、既に旧住所の印鑑登録は抹消されているので新しく印鑑登録をし直します。 必要な物は、実印登録をするハンコと免許証などの身分証明書です。

引越しに関しての印鑑登録の変更の有無


代理人による実印の変更手続きについて代理人による実印変更手続きには二つの方法があります。 文書紹介方式と保証人方式です。 文書紹介方式は代理人の印鑑登録申請書提出後、照会書が本人の住所に郵送され、本人が必要事項を記入し代理人または本人が提出します。

最初の申請日当日に印鑑証明書を発行することができません。 保証人方式は代理人が保証人となり、署名・押印をする必要があります。

保証人の印鑑は既に印鑑登録されていなければいけません。 当日発行が可能です。




このページを閲覧した方は以下のページも見ています。
実印の捨て方について
法人印の登録や変更について
実印の作成の際の注意点