Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印と銀行印を同じにすることは可能?

実印と銀行印を同じにすることはできるの?

実印と銀行印を二つ持っておくというのは、管理のことを考えますと少々わずらわしいものです。 大きさに違いがあるとはいえ、どちらが実印でどちらが銀行印か迷われたりしたことのある方はいらっしゃると思います。

いっそのこと2つの印鑑を同じものにしてしまえないものでしょうか?

実印と銀行印を同じものにすることは可能です。 届出の際に同一の印鑑を使用するだけで、何も問題はありません。

ただし、この方法はあまり好ましくはありません。

銀行印とは、金融機関に登録した印鑑で、お金を出し入れする際に使用されます。使用頻度も多いでしょう。 そして、実印は印鑑登録、印鑑証明(不動産購入、保証人)などに使用するものです。

両方の印鑑を一つの印鑑で兼任していた場合、紛失した場合、二つの印鑑を両方なくすことになりますので、まず、その後の処理が面倒になります。

さらに、もう一つ恐ろしいことは、実印は印鑑証明を発行するものですので、銀行印として捺印した場合、仮に銀行で捺印した書類(引落し・振替など)が外部へ流出した場合は、同じ印鑑を偽造される可能性があります。、持ち主に成り代わって、知らないところに捺印されると(借金の保証人など)とんでもないことになりかねません。

万一のことを考えても、実印と銀行印は別々で作っておくことをおすすめします。

実印と銀行印を分けて作成したほうがいいということはお分かりいただけましたでしょうか?
それでは実際、どのように銀行印を作成していけばよいか見ていきましょう。

書体やサイズ等、銀行印を作成する際、気を付けるべきポイントをご紹介します。

>>失敗しない銀行印の作成方法

>>印鑑作成から実印登録までの流れ