Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印とは何なのか?

実印とは何なのか?

実印
まずは「実印とは何か」について見てみましょう。

次項で認印、実印、銀行印の違いについて更に詳しく説明していますが、ここでは、一般的な実印の知識を紹介しようと思います。

実印とは自身が住民として登録をしている各市区町村の役所に、戸籍上の名前で作られた印鑑を登録申請し、受理されたものを指します。 一見、実印のように見える印影をしていても登録をしていないものは実印とはいえません。

逆に言えば、100円均一で買った三文判であっても登録してしまえば、それは実印となります。

実印は他の印鑑とは違い、もっとも重要な印鑑といえ法律上、社会上の権利・義務の発生を伴うものになります。 一般的に役場などに提出する際の公正証書の作成や、住宅や車の購入といった重要な契約ごとの際に使用されます。

一般的な用途としては下記のものがあげられます。

  • ①公正証書の作成・金銭その他貸借証書・契約書
  • ②不動産取引
  • ③遺産相続
  • ④法人の発起人となるとき
  • ⑤官公庁での諸手続き・恩給・供託
  • ⑥自動車や電話の取引
  • ⑦保険金や補償金の受領


実印の持つ効力について

実印の効力

実印とは「自分の分身」であると言われることがあります。

そんな実印ですが、上記でも書いたように、実印の登録は三文判のような安価な印鑑でもすることができます。文房具屋や100円ショップなどで手に入る、機械で大量生産された印鑑が三文判です。

三文判のように大量に同じものが世の中に出回っているものを登録してしまうと、偽造などのリスクが非常に高まるため、実印としての登録はもちろん金融機関への届出印として使用することはおすすめしません。

というのも実印と印鑑証明があれば、他人があなたになりすまし、知らないところで悪用し、重要な契約を簡単に結んでしまったりすることができます。

実印とは、あなたの権利や財産に関わる、非常に重要な印鑑ですので、管理には細心の注意を払い、紛失や盗難には気を付けましょう。


印鑑証明とは?

印鑑証明

皆さん「印鑑証明」についてはご存知でしょうか?

印鑑証明とは、書類などに押された印鑑が、正真正銘本人のものであるかを確認するためのものです。実印と合わせて、きちんと本人が必要書類を記入した「作成者」であるかを証明するために使用されます。

主に不動産や自動車の契約や公正証書を作成する際など、大きな契約を交わすときには、印鑑証明の提示が義務付けられています。

印鑑証明書を発行するには、「印鑑登録書」を市区町村の役場に持参することで発行してもらうことができます。印鑑は必要ありませんが、300円程度の発行費用が必要。

印鑑証明に有効期限はありません。しかし、ほとんどの契約で「30日以内に発行されたもの」などの期限が決められますので、前もって準備するのではなく、必要になったらその都度最新のものを用意するのが好ましいでしょう。

また、本人でなくても代理人が印鑑登録証明を持参することによって、委任状なしに印鑑証明書を発行してもらうことが可能です。


以上、実印とは何かお分かりいただけたでしょうか?最後に、管理する際の注意事項について書きます。

  • 印鑑証明とは一緒に保管しない。
  • 登録した際に受け取る印鑑証明カードは、印鑑や身分証明書などと一緒に保管しない。
  • 他人に預けることは絶対にしない。

以上3点には注意しましょう。

みんなが見ている関連記事


人気の実印通販ランキング BEST3
はんこプレミアム
業界最安値&高品質!
10年保証、字体訂正などのサービスに加え、高品質で人気の素材を使用した印鑑・実印を業界最安値で提供するハンコ通販サイトです。

ハンコヤドットコム
年間35万本の出荷実績!
印鑑をネット通販で作成するならここを選べば間違いなしと言われる大人気のはんこ屋です。豊富な種類に加え、即日出荷、10年保証のついた安心のサービスを提供しています。
ハンコマン
10年保証付き印鑑セット&即日出荷!
即日出荷、翌日お届けが可能な印鑑・実印通販サイトといえばハンコマンです。成人・卒業・就職・結婚・出産などのお祝い印鑑セットも用意されており、綺麗な梱包で配送してくれます。