Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印と銀行印と認印の違いを徹底調査!


実印・銀行印・認印は同じ印鑑で兼用することも可能なので、それぞれの違いについて実はあまり良く知らないという方も多いのではないでしょうか?

もし、実印や銀行印、認印、それぞれの印鑑の違いを知らないまま使用してしまうと、思いもよらぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

そこで、このページでは、意外と知らない「実印」、「銀行印」、「認印」の違いについて簡単にわかりやすくご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。


実印、銀行印、認印の役割の違いを比較


印鑑は、使用する目的によって「実印」、「銀行印」、「認印」のように呼ばれ方に違いがあります。

個人が使用する機会がある印鑑は大体この「実印」、「銀行印」、「認印」の3種類ですね。ではまず、それぞれの印鑑にどのような違いがあるのか、下の表で比較しながら印鑑の役割の違いを見ていきましょう。

実印銀行印認印
役割印鑑登録する印鑑銀行に届出をする印鑑サインの代わりの印鑑
使う場面
  • 遺産相続
  • 不動産売買
  • 自動車購入
  • 預金口座の開設
  • 預金取引
  • 日常で押印が必要なとき

冒頭でも触れたように、一本の印鑑が「実印」、「銀行印」、「認印」3種類すべての役割を担うこともできます。

同じの一本の印鑑でも、使う場面によって呼び方や役割に違いが出てくるのです。

もちろんその役割を担うためには、特別な登録・届け出が必要となりますので、買ったばかりの印鑑をそのまま登録や届け出をせずに実印として捺印したり、銀行印として使用したりすることはできません。

特に、実印と銀行印は認印と違い、重要な役割を担っているため、慎重に取り扱い(保管、管理)が求められます。

そのため、本来は「実印」、「銀行印」、「認印」は、それぞれ別々の印鑑を用意して使用するのが望ましいです。

しかし、家族が多かったり、一人暮らしを始めたばかりだと、それぞれ「実印」、「銀行印」、「認印」3本の印鑑を用意するのはお金がかかるし管理も大変、面倒だという理由から、1本の印鑑を兼用しているという方も多いのが現状です。そこで、つぎの見出しでは、印鑑の兼用について解説します。


実印と銀行印と認印は兼用してもいいの?


日常的に使用しない「実印」や「銀行印」は1本の印鑑で兼用してしまっている方が多いのは事実。

しかし、実印や銀行印、認印など役割の異なる印鑑を1本の印鑑で兼用するということは、背負わなくても良いリスク・危険を自ら背負いに行っているようなものです。

では、例えば「実印」、「銀行印」、「認印」を兼用していた1本の印鑑を無くしてしまった、盗まれてしまったという場合に生じるリスクについて見てみましょう。

実印銀行印認印
紛失・盗難によるリスク
  • 偽造のリスク増
  • 勝手にローンを組まされる
  • 勝手に借金の連帯保証人にされる
  • 勝手に車や不動産の取引を組まされる
  • 偽造のリスク増
  • 預貯金を勝手に引き出される
  • 改印するまで高額な取引ができなくなる
  • 実印や銀行印と兼用していない限り問題なし
紛失・盗難により必要となる手続き
  • 登録印鑑の廃止・再登録が必要
  • 紛失届・改印届を提出
  • 紛失届提出証明書・盗難届出証明書の発行
  • 関係各所、取引先などへの連絡
  • 登録廃止・改印が必要
  • 紛失届・改印届を提出
  • 各提携先、金融機関などに提出している銀行印も修正して提出
  • 実印や銀行印と兼用していない限り手続き不要

上記のように、役所や銀行に届け出て登録をしている印鑑を紛失してしまうと、大きなリスクや必要となる手続きがあることがわかります。

この他にも、印鑑の印面が欠ける(破損)、印影が変わる(変形)などすると、登録していた印影と異なる印影となってしまうため、改印などの手続きが必要です。

つまり、「実印」、「銀行印」、「認印」といった役割の異なる印鑑をたった1本の印鑑ですべて兼用してしまうことは、すべてのリスクを1本の印鑑に背負わせるということ。

こうして考えると、いくら面倒だからと言って同じ印鑑を「実印」、「銀行印」として登録・使用するのは怖いですよね。

それぞれの役割ごとに別々の印鑑を作成しておくことは、万が一紛失・盗難が起きてしまったときのリスク分散にもなります。

「実印」、「銀行印」、「認印」は、それぞれ違いのある印鑑を使うことはもちろん、できれば銀行印は、金融機関ごとに違いのある印鑑を用意するのが一番安心ですね。

登録方法の違い


冒頭で少し述べましたが、実印や銀行印用の印鑑を購入しても、それぞれ登録しなければ「実印」、「銀行印」として使用することができません。それぞれ登録する方法にも違いがあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

登録・届け出先の違い


作成・購入した印鑑を実印や銀行印として使うための「登録」。

実印と銀行印の登録・届出するときの違いを比較しました。

実印銀行印認印
登録・届出先市区町村役場金融機関登録不要
所要時間5分~10分程度15分程度なし
複数所持1本のみ口座ごとに所持が可能可能

登録、届け出をする場所には違いがあるものの、実印・銀行印ともに短い時間で簡単に登録できます。詳しい登録方法については以下のページをご覧ください。


なお、「認印」は、実印、銀行印と違い、特別な登録や届出は不要です。

登録する際の注意点の違い


また、実印や銀行印を登録する際には以下の点に注意しましょう。せっかく登録しに行ったのに印鑑の登録ができなかった…ということにならないようにぜひ確認しておいてください。

  • 実印はひとりにつき1本だけ登録可能、家族間の印鑑でも同じ印影の重複は不可
  • 銀行印は口座ごとに登録可能、異なる金融機関ならば同じ印影の重複は可能

あなたより先に実印登録をした方、銀行印を届け出た方の印影があなたの印鑑と同じ場合、その印鑑は登録することができません。

家族間で印鑑を間違えている場合や、三文判のように大量生産された、印影が同じになる可能性が高い印鑑を使用している場合にも登録できないので併せて覚えておきましょう。


印鑑を変更する時の違い


一度登録した実印や銀行印は、正しく手続きをすれば新しい印鑑で再登録することができます。

ここでは、実印・銀行印を変更したいときに必要な手続きの違いについて見ていきましょう。

実印の変更方法の違い


実印を変更したいときの流れは以下の通り。

①廃止届を出す

本人確認書類、登録済みの実印、印鑑カードを持参し、市区町村役場で廃止届を提出します。

②もう一度印鑑登録しなおす

廃止が完了したら、新しい印鑑を実印として再登録申請しましょう。


登録していた実印を紛失してしまったときも、手続きに大きな違いはなく、廃止届(紛失届)→変更届(改印届)という流れを覚えておけば大丈夫です。


銀行印の変更方法の違い


銀行印を変更する場合は以下の通りです。

古い印鑑から新しい印鑑に変更したいとき

本人確認書類、届出済みの銀行印、通帳、新しい印鑑を持参し、変更手続きをしましょう。

銀行印を紛失したとき

銀行印を紛失したときは、まず紛失の連絡を済ませてから新しい印鑑に変更手続きをする必要があります。


なお、一度、紛失届を出した銀行印が見つかったとしても、改めて変更(改印)手続きを行わない限り、その銀行印を使うことはできません。そのため、せっかく作成した銀行印なら、紛失届を出す前にもう一度だけ探してみることをおすすめします(※盗難の可能性がある場合はすぐに出しましょう)。


作り方の違い


ここまで、「実印」、「銀行印」、「認印」には、それぞれ異なる役割を担っていることを説明してきました。

実は、印鑑を作成するときにも、「実印」、「銀行印」、「認印」が持つ役割の違いに合わせて、最適な印鑑を作るためのポイントがあります。


では、「実印」、「銀行印」、「認印」の作り方のポイントにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

実印銀行印認印
印面の文字男性はフルネーム、女性は名前のみ男性は姓のみ、女性は名前のみがおすすめイラスト入りなど、自由に作成可能
書体篆書体や印相体など、簡単に読めない書体篆書体や印相体など、簡単に読めない書体楷書体や行書体など、読みやすい書体
注意点過去に作成したことがある書体は避ける家族間で同じ書体を使わないシャチハタ(浸透印)と(朱肉が必要な)印鑑とを区別する

実印や銀行印は、重要な契約書や資産に関わる印鑑なので、複製などのリスクを避けることが必要です。

印面の文字数が多いほど、書体の可読性が低いほど、印影が複雑になるので複製されるリスクも下げられます。しかし、結婚して苗字(姓)が変わることの多い女性は下の名前のみで印鑑を作成することも多いです。

実印や銀行印を作成するときのポイントの詳細については以下のページも参考にしてください。


一方、認印には、実印や銀行印と違って特別なルールがありません。

そのため、自由な印面で作成できますが、同じ認印でもシャチハタ(浸透印)と(朱肉が必要な)印鑑とでは、使える書類に違いがあるため要注意。提出が必要な書類への押印・捺印には、必ず朱肉を使う印鑑を使いましょう。


サイズの違い


「実印」、「銀行印」、「認印」に最適な印鑑を作るためにはサイズ選びもとても重要です。

印鑑を登録するときには規定があるため、サイズによっては実印などとして使用することができない場合があります。

また、登録時の規定以外でも、それぞれの印鑑のサイズに違いを作ることで、「実印」、「銀行印」、「認印」の見分けがつきやすく、印影のおさまりが美しい印鑑を作ることができます。


ここでは、印鑑を作成する際のサイズの違いについて比較してみましょう。

実印銀行印認印
サイズ規定8.1㎜以上25㎜以下金融機関によって異なる特になし
男性向け18.0㎜/16.5㎜/15.0㎜15.0㎜/13.5㎜13.5㎜/12.0㎜
女性向け16.5㎜/15.0㎜/13.5㎜15.0㎜/13.5㎜/12.0㎜12.0㎜/10.5㎜

実印にはサイズの規定があるため、条件に合う印鑑でないと印鑑登録できません。一方、銀行印の場合には、実印と違い、厳密なサイズ規定はないものの、金融機関によって登録できるサイズに違いがある場合があります。

せっかく買った印鑑が使えなかったらどうしよう、と不安に思われたかもしれません。でも、ご安心ください。 実印を作成する場合も銀行印を作る場合も、印鑑の専門店で販売されている実印用・銀行印用の印鑑で作成すれば、サイズによって登録できなくなることはまずありません。

やはり専門のお店で購入するのが一番安心ですね。

また、認印のサイズは実印や銀行印に使用する印鑑より、小さなサイズで作成するのが一般的です。

つまり、それぞれの印鑑のサイズの違いは、【実印(大)>銀行印(中)>認印(小)】というように表せます。

ちなみに、家族(夫婦)間で実印・銀行印・認印を作成するときは、女性の印鑑を少し小さめのサイズで作るというような違いもあります。


おすすめ素材の違い


印鑑の素材には、実はたくさんの種類があります。そして、それぞれの印鑑素材には、それぞれ印鑑に適した特徴の違いを持っています。

「実印」、「銀行印」、「認印」は、本来別々の印鑑で作成した方が良いので、3本セットで購入するのがおすすめです。

このとき、多くの場合、実印、銀行印、認印のすべてを同じ素材で作成することでしょう。

もし、サイズだけでなく素材でも「実印」、「銀行印」、「認印」の区別をつけたいなら、素材選びにもこだわって購入することをおすすめします。

では、実印・銀行印・認印を作成するのに、それぞれのおすすめの素材がありますので特徴も併せて見ていきましょう。

実印のおすすめ素材


実印は、印鑑のすべての役割の中で最も重要なはんこです。

一生モノと言われ、重要な書類にも押印することから、「捺印性」と「耐久性」に優れた素材で作成すると良いとされています。 そのため、以下の素材のように捺印性、耐久性が高い素材を比較して選ぶといいでしょう。

【チタン】


チタンで作成した金属製の印鑑は、木材や角材で作成した実印と違い、熱や水にも強い耐久性を持ち、象牙に匹敵する捺印性も兼ね備えています。自然にも人にも優しく、お手入れも簡単なことから、実印素材として主流になりつつあります。

【オランダ水牛】


黒水牛と同じ、牛角素材のオランダ水牛の実印は、しっとりとした捺印性の高さがあり、見た目も美しい実印です。強度も申し分なく、部位によってランクが分かれていることから、様々な年齢層から実印素材として人気があります。

上記以外にも、縁起が良いとされる素材を実印用の印鑑に使用する方も多いようです。

【薩摩本柘】


印鑑の素材として最もポピュラーな素材です。国産の本つげを使った実印は、九星気学において縁起が良いものとされています。

【宝石・天然石・パワーストーン】


実印は1人につき1本しか登録できず、自分自身の名前を彫刻することから、実印は自分自身の分身とも言われています。

そのため、ご自身と相性の良い宝石や天然石、パワーストーンなどの素材で作成した実印は、開運のお守りになるとして人気があります。


銀行印のおすすめ素材


実印と違って、銀行印は、1人で複数本所持する場合もあります。そのため、銀行印は素材の色合いなども比較して口座ごとに違いを出すと区別をつけやすくおすすめです。

【玄武(黒彩樺)】


特殊加工によって耐久性を強化した木材素材の印鑑「彩樺」の黒色バージョン。ゆがみやひび割れに強いクールな銀行印が作成できます。

【アグニ(赤彩樺)】


特殊加工によって耐久性を強化した木材素材の印鑑「彩樺」の赤色バージョン。高級感があり耐久性を兼ね備えた銀行印を作ることができます。

【オランダ水牛】


木材よりも高級感のある銀行印にしたいならオランダ水牛もおすすめです。部位によって模様が違うので、他の人と違いを付けることも可能。実印と銀行印の素材を揃えたいときにも最適です。

【チタン】


耐久性の高いチタンは、もちろん銀行印にもおすすめです。実印と銀行印をチタンで作るときは、見分けをつけるためにサイズや書体、名前、アタリなどで違いをだすと間違えて使用してしまうのを防ぐことができます。

認め印のおすすめ素材


認印は、日常的に使うので、素材の色合いや模様など、見た目の好みで素材を選ぶのもおすすめです。

【アカネ】


既製品やシャチハタではない認印が欲しいときにおすすめです。オーダーメイドでも手ごろな価格で印鑑が作成できます。

【薩摩本柘】


アカネよりも耐久性が高い薩摩本柘は、木材印鑑の定番です。印材としては比較的安価ながらもしっかりとした印鑑が作成できるので、高い費用をかけずに本格的な印鑑が作成できます。

【アクリル】


アクリル製の印鑑(おしゃれはんこ)なら、様々なデザインがあるので他の人と違いを出したい方や、好きなデザインの印鑑が見つからないという方も、お気に入りの印鑑を見つけられると思います。


会社印鑑の場合の実印・銀行印・認印の違い


ここまで個人の実印・銀行印・認印の違いを中心に解説してきましたが、いかがでしょうか。

しかし、会社でも実印や銀行印、認印は使われます。そこで、ちょっとだけ、個人印鑑と会社印鑑で「実印」「銀行印」「認印」に違いがある部分について、比較しながら見てみましょう。

個人印鑑と会社印鑑で違う部分

個人印鑑と会社印鑑での1番の違いは、実印の登録先や実印、銀行印の印面の違いです。

個人実印 会社実印
登録先 市区町村役場 法務局
印面 個人名 外枠:会社名
内枠:役職名

個人銀行印 法人銀行印
登録先 金融機関 金融機関
印面 個人名 外枠:会社名
内枠:之銀行印など

会社実印や法人銀行印は、印面が外枠と内枠で構成されているところに大きな違いがありますね。

また、個人印鑑では自分の名前で彫りますが、会社印鑑の場合、外枠に会社名を彫り、内枠には役職名や役割の名前などを入れて作成するのが一般的です。

なお、会社で使用する認印は、会社印(角印・社印)と呼ばれます。個人の認印と違い、四角い形で作るのが一般的になっています。
会社印鑑について詳しく知りたい方はこちらも

実印、銀行印、認印を購入するなら


それでは最後に、「実印」、「銀行印」、「認印」を作成するのにおすすめの印鑑ショップをご紹介。ここまで説明してきたように、やはり印鑑を購入するなら印鑑専門店で購入するのが1番です。

「実印」、「銀行印」、「認印」はそれぞれ最低1本ずつは必要になるので、これから揃えるという方はセットで作っておくことをおすすめします。


高級感のある手彫り印鑑なら「平安堂」


平安堂は、手彫りに対応した印鑑通販ショップ。一般的な印材から珍しい素材、高級素材まで多数取り扱っています。一生モノの印鑑だからこそ、素材にもこだわった手彫り印鑑を作成してみてはいかがでしょうか?

  • 【納期】7日間程度
  • 【印鑑保証】象牙のみ
【平安堂】詳細ページはこちら

通販実績No.1「ハンコヤドットコム」


ハンコヤドットコムは、印鑑通販業界最大手の印鑑ショップです。出荷実績は年間36万本と他店を圧倒しています。品揃えも豊富で、安心・信頼のできる印鑑ショップで実印や銀行印を作成したいという方にはおすすめの印鑑通販ショップです。即日発送にも対応しているのが嬉しいポイントですね。

  • 【納期】最短即日出荷
  • 【印鑑保証】10年保証あり
【ハンコヤドットコム】詳細ページはこちら

印鑑通販ショップの特徴ごとにランキング形式でまとめたページもありますので、他の印鑑ショップも見てみたいという方はこちらからご覧ください。


実印・銀行印・認印は、3本セット・2本セットなどセット販売で購入すると安く購入することができます。同一素材のセットを購入するときは、それぞれの印鑑の役割に相応しいサイズや書体を選ぶことで区別しましょう。

また、家族で実印・銀行印・認印を購入されるなら素材で違いを出すのがおすすめ。それぞれの性格を考えながら選ぶのも楽しいですよ。

ぜひこの機会に、あなただけの実印や銀行印を作成してみてください。