Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
個人事業主の角印

「個人事業主なんだけど、角印って必要?」
「個人事業主にとっての角印の役割や丸印との使い分けがよくわからない…」

こんな疑問をお持ちの個人事業主の方は非常に多いはずです。きっとこのページをご覧の個人事業主の方も、角印とはどんな印鑑なのか、個人事業主での使いみちはあるのか、何かしらでお悩みかと思います。

そこで今回は個人事業主の方や、これから個人事業主として独立を考えている方に向けて、角印とは何か?どんな角印を作成すればいいのか?角印はどんな場面で使うのか?などなど。あらゆる疑問を解消していきます!

実印や印鑑の情報を総合的に発信している当サイトならではの視点で解説していきますので、個人事業主の角印について全くの無知である方も心配は御無用です!

それでは、手始めに「そもそも角印とはどんな印鑑なのか?」を確認していきましょう!


この記事を書いた人
周藤 賢祐
周藤 賢祐(しゅうとう けんすけ) 実印.net 編集部
実印・銀行印・認印。「最適なはんこを購入するためにはどうすれば良いのか?」を徹底研究しています。ネット上の20を超える印鑑通販サイトを隅々まで読み込み、調査・比較した印鑑の数は6,000本以上。これまでの経験から得た知識をあなたの印鑑選びのために余すことなくお伝えいたします。





そもそも角印とは?個人事業主に必要なの?

角印とは


角印とは、会社(法人)が業務上で使用する認印にあたる印鑑のことです。角印という名前の通り、四角い形状をしている為、そう呼ばれています。

業務上の認印である角印は、請求書や領収書などに押印する為、使用頻度は1番高い印鑑と言えるでしょう。

それでは、法律上、会社(法人)ではない個人事業主の方にとって角印は必要なのでしょうか?答えは「必ずしも必要ではないが、あると便利」です。

なんとも煮え切らない答えかもしれませんが、個人事業主の方は個人名で活動する方もいれば、屋号で活動する方もいます。

角印があると便利な個人事業主の方は後者。屋号で活動する場合は領収書などに個人の認印を押印するよりも個人事業主として営んでいる屋号の角印を押印するほうが相手にとってもわかりやすいでしょう。

また、実名を出したくないという個人事業主の方も、屋号を設けて角印で各種書類の対応をすることが出来ます。

個人事業主の方の事業規模にもよりますが、書類などの事務処理が多い方や、屋号のほうが知名度がある場合角印を作成することをおすすめします!



丸印とは何か?

丸印とは


上記でも触れましたが、角印とセットが語られることが多いのが丸印です。丸印とは、会社印鑑=法人実印を指します。

こちらも丸印という名前の通り、形状が丸いため、丸印と呼ばれています。印鑑は複数の種類とそれぞれの用途があるため、形状や大きさで区別しているのです。

個人事業主の方は、角印とは違い、丸印を作成する必要はありません。角印の場合は屋号を表す用途で使えますが、丸印=会社実印は、会社の代表者の印鑑です。個人事業主は法人ではありませんので、個人の実印を使用すれば問題ありません。

個人事業主として、事業を営んでいると、角印の他にも丸印も必要なのか?と迷われる方も多いです。しかし、ここでは「個人事業主は角印があると便利」「個人事業主に丸印は不要」とだけ覚えておいてください。



個人事業主に必要な印鑑の種類

個人事業主に必要な印鑑の種類


ここまで、個人事業主に角印は必要なのか、角印と比較される丸印は個人事業主に必要なのかについて、解説してきました。

しかし、印鑑には角印や丸印以外にも複数の種類があります。この機会に角印とあわせてその他の印鑑についても確認しておきましょう!


代表者印


代表者印は、その名の通り、会社の代表者の印鑑。つまり、個人事業主の方は角印とは違い、自分が代表者になるわけですから、代表者印は不要となります。

代表者印は個人事業主の方の個人の実印と兼用するのが一般的ですが、どうしても別で作成したいという方のみ、角印のように作成すれば良いでしょう。


銀行印


銀行印は銀行で口座作成などの際に届け出る印鑑です。こちらも代表者印同様に個人事業主の方の個人の銀行印と兼用で問題ありません。

仕事の口座は別で作成し、なおかつ印鑑も分けたいという個人事業主の方は、別の銀行印を作成する必要がありますが、兼用で問題ない方は不要です。


その他


最後にその他に分類される印鑑をご紹介します。例えば、「ゴム印」「住所印」などと呼ばれる印鑑がこれにあたります。

住所や電話番号・名前などがそれぞれ1行になっており、自由に組み合わせができるタイプのゴム印を作成しておくと、書類などの事務作業が非常に捗るのでおすすめです!

個人事業主にゴム印や住所印も必須ではありませんが、角印同様、あると便利な印鑑です。事務処理が多い個人事業主の方は角印と住所印を揃えておきましょう。



角印を作成する際のサイズや注意点

サイズや注意点


それでは、実際に「角印を作成しよう」と検討中の個人事業主の方に向けて、角印を作成する際のサイズ選びや注意点を見ていきましょう!

まずはサイズ選びです。その前に角印がどれくらいのサイズ感なのかを確認しておきましょう。角印をその他の印鑑のサイズと比較して大きい順に並べると以下のようになります。

角印>代表者印=実印>銀行印

そう、角印は1番サイズが大きい印鑑なのです。もちろん、個人事業主の方が必ずしもこのサイズの関係性を守らなければいけないということはありません。

ただし、形状が四角い角印はまだしも、銀行印と実印など、形状が同じ場合はサイズで区別しやすくしておくことをおすすめします!

個人事業主の方も、事業用の口座を用意する方は多いかと思いますので、サイズには注意が必要です。

さて、具体的な個人事業主の角印の作成サイズですが、一般的に18mm・21mm・24mmというサイズの区切りで販売している印鑑ショップがほとんど。

その中でも、21mm24mmのサイズで角印を作成される個人事業主の方が多いようです。

個人事業主の角印のサイズを選ぶ基準は、屋号の文字数です。角印はサイズによって、入れられる文字数に限界があります。(これは角印に限ったことではありませんが…)

個人事業主の方で屋号の文字数が多い方は24mmなどの大きめのサイズの角印を選ぶようにしましょう。ただし、印鑑ショップによって、同じサイズでも最大文字数はまちまちですので、作成時にお店に相談して決めるのがセオリーとなっています。

角印のサイズと個人事業主の方が掲げる屋号の文字数のバランスが丁度よい組み合わせを選ぶことで、きれいな印影を押すことができます。少ない文字数の個人事業主の屋号の場合に大きなサイズの角印を選んでしまうと、余白が多くなり見栄えも悪くなります。

個人事業主の角印のサイズ選びは、サイズと文字数のバランスが大事ということです。



屋号が英語の場合

屋号が英語の場合

個人事業主の屋号に英語(アルファベット)表記の場合もありますよね?当然、英語で角印を作成できるのか?という疑問が生まれます。

結論から申しまして、個人事業主の屋号が英語でも角印を作成することは可能です。個人事業主の屋号が英語の場合は、縦書きか横書きかを指定して角印を作成することになります。

たいていの印鑑ショップであれば、英語表記での角印作成に対応していることがほとんどですが、角印作成時には印鑑ショップに確認するようにしましょう。

参考までに、個人事業主の屋号が「株式会社Jyushoin.net」だった場合の角印の印影イメージを載せておきます。

横書き

横書き
縦書き

縦書き



まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した内容について、以下でおさらいします。

  • 個人事業主に角印は必ずしも必要ではなないが、あると便利な印鑑
  • 個人事業主におすすめの角印サイズ21mm・24mm
  • 屋号が英語の場合も角印の作成は可能

これを機に角印の購入を検討されている個人事業主の方は、以下のページでおすすめ印鑑ショップについて、まとめています!よろしければご参考ください。