Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
開運実印を作成するときのポイント

開運実印とは、開運にまつわる様々な要素を組み合わせ作成された印鑑のことです。

例えば、不動産を購入する日、重要な契約を取り交わす日、結婚式を挙げる日は、縁起の良い日を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

実印は、このような大切な人生の節目に使われる印鑑。せっかくならば、はんこも縁起の良いものを使いたいものです。

このページでは、開運につながる印鑑に興味をお持ちの方のために、開運実印とは、どのように作成される印鑑なのかを分かりやすくご紹介します。

これから新しい印鑑を作成しようとお考えの方にぜひ役立ていただけると幸いです!



開運実印の種類

開運印鑑・実印の種類

開運印鑑とは、その名の通り印鑑を使用した人が開運につながるように思いを込めて作られた印鑑。

多くの印鑑ショップが開運印鑑を販売していますが、ショップによって実印のどこに「開運」要素を加えるのかは異なります。


開運実印として販売されている印鑑は、大きく以下の2つに分類できます。

  • 運気があがるような印材を使った印鑑
  • 運気があがるように印面を作った印鑑

つまり、開運実印を作成するときは、どのような要素で作られた開運印鑑なのかを理解することがとても大切です。

ただ縁起が良いだけでなく、どうして縁起が良いのかまで理解できると、選ぶ楽しみも増えますね。


それでは、開運実印を作成する際に、具体的にどのような種類があるのかご紹介しましょう。

運気があがる印材

開運印鑑素材

運気があがる印材とは、九星気学を参考にして選んだ印鑑素材やパワーストーンなど、素材そのものにエネルギーがあるものを言います。

九星気学とは
生年月日の九星や干支、五行を組み合わせた占術のこと。生まれ年から、九星を分類して、そこから運勢・方位・相性を占います。九星気学の詳細


印材は、実印を作成する人によって、九星気学・風水・運気アップのパワーなど、参考にするポイントに違いがあるものです。

もちろん見た目の好みもあると思いますので、どんな種類の印鑑素材があるのか、以下のページも参考にしていただいて開運実印の素材を選んでみてください。

実印素材一覧はこちら

運気があがる印面

運気が上がる印面

運気があがる印面とは、姓名判断印相八方位を参考に作られた印面です。

印相八方位とは
①成功運、②金運、③希望・再起運、④家庭運、⑤住居運、⑥健康・蓄財運、⑦結婚・交友運、⑧愛情・守護運を印面上で表します。

八方位とは、古い中国で発展した8つの要素が自然と人生を支配する考え(八卦)を基準に作られた基準方位のこと。

印相八方位は、同じ中国の古い学説である五行思想を組み合わせ作られています。

印相八方位で作る実印は、運気を伸ばしたい方角の接点(外枠と文字が接する点)を増やしたり、太くするなどして開運を祈願します。

また、姓名判断で凶となっていても、接点を増やすことで画数をひとつ増やすなどして開運に相応しい画数にするということもできるようです。

このほかにも、開運によい字体とされる、印相体・吉相体・八方篆書体を使い、運気があがる印面を作る場合や、運気があがる色を使って印面を作成する場合もあるようです。


つまり、開運実印を作成する場合の流れを簡単にまとめると、

  1. 印材を選ぶ
  2. 八方位から運気を選ぶ
  3. 字入れで画数を判断し、場合によって調整をする
というような流れになります。


開運実印を取り扱いする印鑑ショップでは、実印を使う人の姓名・生年月日・運気に合わせて印面を作り上げています。

そのため、同じ姓名の人が開運実印を作成しても、選ぶ運気や印鑑ショップによって、印面の仕上がりにかなり違いがでてくると思っていただければと思います。

ですので、オリジナルの印影を持つ実印が欲しいときにも開運実印はとてもおすすめです。


次の見出しからは、開運実印を作成するにあたって関わってくる要素について、より詳しくご紹介していきます。


書体での開運

書体での種類

開運実印を作成するときに最も重要なのが書体選び。ここでは、開運実印に適した書体を解説します。


開運実印を作成するときは、下記のうちどちらかの書体を選ぶと良いとされています。

  • 篆書体
  • 印相体(吉相体・八方篆書体)

この2つの書体以外は、開運印鑑では凶相とされています。下記では、それぞれどのような書体なのかを解説しました。


篆書体について

篆書体について

篆書体は天地自然を象徴して作られたとても古い書体。篆書体は、日本銀行発行のお札にも使われている身近な書体です。

実は篆書体にも、いろいろな種類がありますが、枠が太めの太枠篆書体は、開運実印では凶相となるようですので注意が必要かもしれません。

印相体について

印相体について

印相体は別名、吉相体・八方篆書体と呼ばれる比較的新しい書体。実印や銀行印を作成するときに人気の書体です。

篆書体をベースに作られており、力強く上下左右斜めに広がる線が特徴的となっています。


開運実印は、印相八方位に合わせて作成されるため、書体見本やオンライン印影プレビュー通りの仕上がりにはならないことがほとんど。

印鑑ショップによっては、オリジナルの手書き文字で開運実印を作成している場合もありますので、どのような印影になるのかワクワクしながら仕上がりを待つという感じなります。


素材による開運

素材による開運

開運実印を作成するときに、一番悩んでしまうのが印鑑素材。開運実印を作成するためには、どのように印鑑素材を選ばいいのかについて見ていきましょう。


最初の見出しでも少しご紹介したように、開運実印を作成するときの素材の選び方はいろいろあります。

  • 九星気学を参考に印鑑素材を選ぶ
  • 開運したい運気に合うパワーストーン素材を選ぶ
  • 風水にあったカラーの印鑑素材を選ぶ

印鑑ショップによって、取り扱っている印鑑素材に違いがあります。

印鑑素材は、できあがった実印の見た目に大きく影響するので、自分の好みに合うのかどうかも考えて選ぶと良いでしょう。

しかし、印鑑素材の種類は意外にたくさんあります。どうしても印鑑素材に迷ってしまうときは、本柘で作られた開運実印がおすすめです。

ある印鑑ショップでは、動物の死骸からできてきる角材や石材は、開運印鑑の素材に適していないと考えられるようなので、天然素材でできた本柘は開運実印にぴったりと言えます。

もちろん、黒水牛や牛角、象牙など角材、水晶やローズクォーツなど、天然石で開運実印を作る方も多くいます。

特に、素材そのものにパワーがある、パワーストーン印鑑は、開運印鑑としては定番で、実際にとても人気がありますよ。

開運実印の素材を選ぶときは、自分が一番魅力を感じ、大切にしたいと思える印鑑素材を選ぶのがおすすめです。


名前による開運

名前による開運

実印だから住民票に記載された名前で印鑑を作らなけれいけないし、名前での開運は無理でしょ...

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、姓名判断があまり良くないという人でも、良い画数に修正することで開運実印にすることは可能です。

それでは、開運実印で名前の画数を良くできる仕組みについて見ていきましょう。


開運実印を作成する際は、多くの場合、縁起が良いとされている書体を使い、印相八方位に合わせて姓名を彫刻します。

そのため、姓名判断で画数が凶となってしまっている方でも、印面を作りこむ際に、印相八方位に合わせて接点数を増やすことで、画数を吉数へと調整できるわけです。

接点とは、印面の外枠と文字が接する部分のことを指し、接点がひとつ増えると画数もひとつ増えるという具合です。

さらに、八方位の文字を太くすることで、運気をアップさせるという仕組みのようです。

このように個人に合わせて印鑑を作成する場合、追加の費用がたくさん必要なのでは?と心配ですよね。

しかし、開運実印を取り扱う印鑑ショップでは、多くの場合このような姓名判断や吉凶判定も印鑑代金に含まれているので安心してください。

とは言っても、ご自身で注文前に金額の詳細は確認してくださいね。


印面での開運

印面での開運

実印を含む一般的な印鑑の印面は、朱色や黒。しかし、開運印鑑の中には、金色の印面に仕上げたものもあります。

金色は、風水学において運気向上の色だとされています。金の印面を持つ開運実印はお祝いにもおすすめです。


人気の印鑑通販ショップ「ハンコマン」では、黄金の印面を持つ開運招福印鑑を販売中。特殊な加工により、金箔をあしらったかのような金色に輝く印面に仕上がっています。

開運招福印鑑は、黒水牛・黒水牛クリスタル・天然黒水牛・牛角から印鑑素材が選べます。サイズは12.0㎜から選べるので、実印以外にも銀行印や認印にも選ばれています。

個人実印や法人実印として販売されていますが、成人や就職、結婚、出産のお祝いとしてもおすすめの印鑑です。


女性が開運実印を作るなら

女性の開運印鑑

見た目の美しさも魅力の開運印鑑は、女性からの人気も高いです。ここでは、女性が開運実印を作成する際のポイントを解説します。


女性が開運実印を作るときの名前

開運印鑑では、女性がフルネームの実印を作成するのは凶相だとされています。と言うのも、印鑑に姓名を彫ることは家庭や生活を背負うとされているからです。

そのため、女性が開運実印を作成する際は、名前のみで作るのがおすすめです。

女性が開運実印を作るときの書体

開運印鑑の書体は、篆書体や印相体が人気です。女性が開運印鑑を作るときは、丸みがあり柔らかな印象を与える印相体が特におすすめです。

女性が開運実印を作るときの素材

女性は見た目にこだわりたい方も多いので、誕生石やパワーストーンの印鑑を選ぶ方が多くなっています。特に、天然石を使った印鑑は、高級感がありプレゼントにもおすすめです。

女性が開運実印を作るときのサイズ

実印のサイズは18.0㎜が一般的となりますが、女性の場合は、夫婦の実印が同じサイズになることを避けるため、一回り小さめのサイズで作ります。13.5㎜は吉相、15.0㎜は大吉となります。


おすすめの実印通販ショップ

おすすめの印鑑通販

最後に、開運実印を購入するのにおすすめの印鑑通販ショップをご紹介します。それぞれの印鑑ショップごとに特徴が違うので、ぜひあなたのお気に入りの開運実印を作成できる通販ショップを選んでください。


こだわり素材の開運実印「平安堂」

平安堂

価格税込18,274円~(メノー素材)
納期7日~9日程度
開運実印注文のポイント自分に合った運気が選べる宝石印鑑

平安堂は、希少価値の高い素材を数多く取り扱う印鑑ショップです。平安堂では、25種類もの最高級宝石印鑑を取り扱いしています。それぞれの宝石には、運気を高めるパワーがあり、開運実印にとてもおすすめです。


金運アップにおすすめ「ハンコマン」

ハンコマン

価格税込6,480円~(黒水牛素材)
納期最短即日配送
開運実印注文のポイント手軽に金運アップの実印が購入できる

ハンコマンは格安の印鑑を多数取り扱う印鑑ショップです。ハンコマンの開運招福金の印面を持つ印鑑は、金運アップにもおすすめ。15mmの実印用印鑑もケース付きで税込7,710円とお買い得。プレゼントにもおすすめです。


開運吉相印鑑「中尾明文堂」

中尾明文堂

価格税込17,000円~(柘植素材・13.5㎜)
納期注文から20日以内
開運実印注文のポイント印材・印面すべてにこだわって開運実印が作成できる

中尾明文堂は、名前・生年月日・希望の運気にふさわしい開運吉相印鑑が作成できる印鑑ショップです。実印だけでなく、銀行印や認印も開運印鑑で作成できます。納期は少し時間がかかるものの、鑑定書も付いています。

こだわり抜いた開運実印をお求めの方におすすめです。



いかがでしたでしょうか?

開運実印を作成してこれからの運気があがると考えるとワクワクしてきますよね。

しかしながら、もちろん開運実印を作ったということだけで開運するというわけではありません。

印相学上良いとされている通りに印鑑を作成した安心感や、人生における重要な契約に対する前向きな気持ちや意欲があってこそ、あなたにとって良い運気が巡ってくるのです。

そのため、ご自身が努力することを忘れず、開運するという期待を込めて作った実印と一緒に毎日ワクワクした気持ちで過ごすことで良い未来を引き寄せましょう!


ちなみに・・・

そもそも初めて実印を作るという方は、開運実印を作成する前に、実印を作成するにあたって知っておくべきポイントがあります。

  • 実印作成の時期はいつが良い?
  • 実印作成に掛かる時間はどのくらい?
  • 即日で実印を作る際の注意は何?
  • 実印素材別、価格相場はいくらくらい?
  • 実印素材はどれがおすすめ?
  • 激安価格(金額)で実印を作成するなら?
  • 実印を作る際に事前に決めておくことは?

このような実印を作成するにあたって知っておくべきポイントを押さえた上で、満足のいく開運実印を作成していただければと思います。

以下のページでは、はじめに実印とは?について簡単に説明した後、上記のポイントを詳しくまとめてご紹介していますので、実印についてあまり良く知らなかったという方はぜひ読んでおきましょう!