Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
通帳を持って困る女性

銀行印が見つからない、紛失してしまったかも…」とお困りではありませんか? 銀行印をなくしたら、一刻も早く銀行へ電話する必要があります。 この記事では、銀行印を紛失した際の銀行別の連絡先を、一覧としてまとめています。

また、銀行印を紛失した時に行うべき手続きや、その方法についても解説。 さらに、紛失後の改印手続きを代理人が実施できるのかどうかも解説しています。

この記事を最後まで読めば、銀行印を紛失した時の対処法が丸わかり。ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
印鑑は、人生に何度も購入することはありません。言うなれば、一生に一度の買い物と行っても過言ではないほど重要な買い物。そのため”長い目”で見た時どれを選んだらよいのか、この視点を大切に、優良な情報をみなさまにお届けいたします。年間2.5万本の印鑑作成に貢献。





銀行印を紛失したら、すぐに金融機関へ相談しよう

銀行の窓口係員

銀行印を紛失したことに気がついたら、すぐに銀行へ連絡するようにしましょう。 この項目では、全国的に展開する銀行ごとの、銀行印を紛失した際の連絡先などをまとめています。


三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

紛失時電話番号 0120-544-565
または03-5637-0875(通話料有料)
電話受付時間 24時間365日
(毎月第2土曜日の21:00~翌朝6:40を除く)
ネット手続き 不可



三井住友銀行

三井住友銀行


紛失時電話番号
(9時〜21時)
0120-56-3143
紛失時電話番号
(上記以外の時間)
0120-956-999
ネット手続き 可(インターネットバンキング)



みずほ銀行

みずほ銀行


紛失時電話番号
(平日9時〜17時)
取引支店へ連絡
支店検索ページ
電話番号
(上記以外)
0120-415-415
または03-5500-3737(通話料有料)
ネット手続き 不可



ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行
電話番号 0120-794-889
電話受付時間 24時間年中無休
ネット手続き 不可



りそな銀行

りそな銀行
電話番号
(平日8時40分〜17時)
取引支店へ連絡
支店検索ページ
電話番号
(上記以外)
0120-30-1343
または048-826-0311(通話料有料)
ネット手続き 不可



改印手続きの必要書類一覧

銀行印を紛失したことに気づいたら、まずは各銀行の店舗や喪失センターへ連絡しましょう。そうすれば、銀行印による取引を停止してもらえます。

その後、次の銀行印の印章を登録するには、銀行窓口を訪れて手続きをする必要があります。 紛失後の手続きに必要な書類は銀行ごとに違ってきますが、こちらでは三菱UFJ銀行を例にして、必要書類を紹介します。


三菱UFJ銀行の必要書類

  • 通帳(ネット通帳を使っている方ならキャッシュカード)
  • 新しい銀行印
  • 身分証(運転免許証や保険証、マイナンバーカードなど)

いかがでしょうか。三菱UFJ銀行の場合、紛失後に次の銀行印を登録する手続きは、意外と難しくなさそうですね。

なお銀行によっては、氏名と住所を確認できる書類のほかに、銀行印を紛失したした証明として「照会状」が必要になるケースもあります。 新しい銀行印を登録する際に必要な書類は、手続きに行く前に電話で確認しておきましょう。


銀行印の変更手続きにはどれくらいの期間が必要?

銀行印を紛失した後に新しい印鑑を登録する際、完了までにどれくらいの期間が必要になるか、気になりますよね。 こちらも必要書類と同様、銀行ごとに違ってきますので、どうしても知りたい方は電話で問い合わせるようにしましょう。

なお三菱UFJ銀行を例に紹介すると、紛失後に新しい銀行印を登録する手続きには、10日〜2週間ほどの期間がかかるとされています。 急いで次の銀行印を登録したい方は、1日でも早く手続きをするといいですね。


次の銀行印は一刻も早く入手できるネット通販で

銀行印を紛失したら、新しいはんこを用意して再登録の手続きをしなければなりません。 改印手続きには先述の通り2週間ほどの時間がかかるので、紛失に気がついたら一刻も早く入手しておくのが得策。

実店舗で銀行印を購入していたのでは、改印手続きに間に合わないケースもあります。 紛失後に一刻も早く次の銀行印を手に入れるためには、即日発送に対応している印鑑通販サイトで購入することが大切。

例えば、印鑑通販サイトの大手である「ハンコヤドットコム」や「はんこプレミアム」は最短で当日中の発送に対応。 お住まいの地域によっては最短で翌日には次の銀行印が手元に届きます。

銀行印を紛失した後にネット通販で印鑑を購入する場合、紛失につき急ぎである旨を備考欄に記入しておきましょう。 そうすれば、なるべく優先して銀行印を作成してもらえます。

なお、即日出荷には事前に電話連絡が必要な通販サイトもあります。即日出荷を希望する場合は、各通販サイトの利用条件を確認するようにしましょう。



紛失時の手続きは代理人でもできる?その方法とは

委任状に印鑑を押す人

「銀行印の紛失連絡は電話でできるけど、仕事が忙しくて窓口で改印手続きをする暇がない…」とお困りではありませんか? そんな時は、代理人に銀行印の変更手続きを任せる方法があります。

こちらでは、銀行印を紛失した後に代理人に手続きを任せる方法を紹介します。


代理人による手続きの可否は、銀行による

残念なことに、代理人が銀行印の変更手続きを行えるかどうかは、銀行ごとに違ってきます。 そのため、紛失連絡の際に「新しい銀行印の登録は代理人でもできるのか」聞いておくとスムーズです。


委任状や代理人の身分証も必要

代理人が紛失後の改印手続きをする場合、求められる書類などに関しても銀行ごとに内容が変わってきます。 多くの場合、口座名義人(本人)の身分証明書に加えて、委任状や代理人の身分証明書も必要となります。

このように代理人による銀行印の変更手続きには本人が手続きするよりも多くの書類が求められます。 そのため、手続きの際に不備がないよう、紛失連絡の際に確認しておくようにしましょう。



新しい銀行印を登録したら、契約中の保険会社に連絡を

保険会社の担当者

銀行印を紛失して新しい印鑑に変更したら、現在契約中の保険会社に連絡しておくことをおすすめします。

なぜかというと、保険を契約する際に銀行印を捺印して引き落とし口座を登録しているケースがあるから。 以前の銀行印を紛失して新しい印鑑に変更したので、保険会社でもはんこを変える手続きを要する場合があります。

紛失時の対応は保険会社によって対応が変わってきますので、契約中の保険があれば念のため電話で連絡してみましょう。



まとめ:「手続きをしないで放置」はトラブルの元

銀行印を紛失した際に、「面倒くさいからとりあえず放っておこう」と放置するのはNGです。 通帳が盗難されておらず手元にあれば預金を引き出しされる可能性は低いですが、万が一にも悪用リスクがゼロではない以上、一刻も早く紛失の連絡をしておくのが得策です。

そして、銀行印を紛失して印鑑による取引をストップしたままだと、いざという時に改印手続きが間に合わず困ってしまいます。 先述の通り改印手続きには2週間ほどの時間がかかりますので、行ける時に銀行へ行って手続きを行いましょう。

銀行印を紛失して新しい印鑑が必要な時は、実店舗で購入するよりもネット通販が便利。 印鑑専門の通販サイトなら、最短即日出荷で銀行印を手配してくれます。 もしあなたが銀行印を紛失してお困りなのであれば、今すぐ銀行へ連絡して、新しい印鑑を手配しましょう。