Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
100円玉

100均で売られているインクタイプのはんこは、厳密にはシャチハタではないことをご存知ですか? こちらの記事では、シャチハタは100均では買えない旨や、正規品との違いなどを紹介しています。

さらに、100均で売っている印鑑とシャチハタ正規品の、それぞれのメリット・デメリットも解説。

こちらの記事を読めば「100均で売っている印鑑はなんなのか」「本家のシャチハタにはどんなメリットがあるのか」を簡単に理解できます。 ぜひ最後までご覧ください。




朱肉不要のハンコは100均で売っているが、シャチハタではない

驚く女性

「シャチハタは、100均で買えるもの」と考えてはいませんか?残念ながら、100均ではシャチハタ印鑑は買えません。 100均で売られているのは、”シャチハタもどき”であり、正規品ではないのです。


正規品のシャチハタ印鑑って?

それでは、正規品のシャチハタ印鑑とはなんなのか。それは、シャチハタ株式会社が販売する、朱肉を使わなくても捺印できる印鑑のことです。

シャチハタ

一般的にはこの画像に写っているハンコがシャチハタと呼ばれていますが、本来は「シヤチハタ」という会社名だったんです。 画像の商品が爆発的にヒットしたため、このはんこ自体がシャチハタの愛称で親しまれているのです。


シャチハタもどきは、セリアやダイソーなどで買える

100均で売られているもどき製品は、セリアやダイソーなど大手100均であればほぼ間違いなく購入可能です。 くるくると回る棚に陳列されているので、自分の名前を探してみて下さい。



100均のはんこのメリット・デメリット

並んでいる印鑑

100均で売られているシャチハタもどきにも、メリットは存在しています。また、言うまでもなくデメリットもあります。 こちらでは100均のシャチハタもどきのメリット・デメリットを紹介してまいります。


メリットは、とにかく格安であること

100均で買えるシャチハタもどきの最大のメリットは、とにかく格安で購入できる点です。 100円+税という圧倒的な安さで購入できるので、いつでも気軽に買えますよね。一方、シャチハタ正規品の場合は100円では買えないので、この価格差がポイントです。


いつでも簡単に買えるのもメリット

100均のハンコは、いつでも簡単にすぐ購入できるメリットもあります。 シャチハタ正規品を買おうと思ったら、通販で注文するか文房具屋へ行くか、などちょっと大変です。

しかし、シャチハタもどきなら100均さえあればどこでも買えるので、認印を忘れた時にはとても便利。


デメリットは、長持ちしないこと

100均のシャチハタもどきのデメリットは、やはり100円クオリティなので長持ちしない点です。 捺印回数を比べてみても、正規品のシャチハタの方が圧倒的にたくさんの捺印に耐えられるようになっています。


人前で使うには恥ずかしい

「100均のハンコが長持ちしないとしても、買い換えて使えばいいのでは?」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、残念なことにいい大人が人前で100均のシャチハタもどきを使用するのは、ちょっと恥ずかしいです。

自宅で宅配便の受け取りに使用するくらいなら問題ありませんが、会社で部下を持つ役職についている方が安い三文判を使うのは、あまりかっこよくはありませんよね。 正規品のシャチハタを持っている方が、上司としての威厳を保てることでしょう。



シャチハタ(正規品)のメリット・デメリット

シャチハタを持つ手

次に、正規品のシャチハタを利用するメリット・デメリットを解説します。


メリットは100均の判子より品質がいいこと

正規品のシャチハタの最大のメリットは、とにかく品質の良さにあります。 シャチハタ株式会社はこれまで長きにわたり朱肉不要のはんこを作り続けてきたノウハウがありますので、度重なる捺印にも耐えらえるシャチハタを販売しています。

100均のはんこだと、使い始めにインクのムラがあり美しい印影にならないことも。 また、「落とした」などちょっとした衝撃で破損してしまうケースもあります。 一方のシャチハタ正規品なら、100均よりも品質の高い印鑑を入手できます。


珍しい名字でもオーダーで作成できる

シャチハタ正規品のメリットとして、100均の判子と違って珍しい名字(苗字)であっても別注品をオーダーすれば作成できる点が挙げられます。

100均の印鑑は既製品しかないので、珍しい名字や旧字体の印鑑などは、店舗になければ購入できません。 これは、シャチハタ正規品の大きなメリットです。


インクを交換して繰り返し使える

シャチハタ正規品のその他のメリットとして、インクを交換(補充)すれば、何度でも繰り返し使える点が挙げられます。 100均で売られているシャチハタもどきは基本的に使い捨て。100均の判子はインクを補充して繰り返し使うことは想定されていません。

そのため、「愛着のある持ち物は長く使い続けたい」と考える方にも、シャチハタ正規品はぴったりなのです。


100均の判子よりカラーバリエーションや種類が豊富

100均のスタンプと比較したシャチハタ正規品のメリットはまだあります。 それは、100均の判子よりカラーバリエーションや種類が豊富である点です。

定番のスタンダードなシャチハタ1つをとっても、何色ものカラーバリエーションがあり、自分好みの色を選ぶことが可能です。

また、ボールペンとシャチハタが一体型になったものや、キャップレス(蓋がないタイプ)でシャッターが自動開閉するものなど、商品の種類も豊富です。

100均で売られているシャチハタもどきは黒1色ですし、種類も1種類しかありません。この点は、正規品のシャチハタの方が圧倒的に優れています。


カスタマイズ用のケースも多数販売されている

シャチハタ正規品では100均のスタンプと異なり、自分好みの印鑑を実現するために、様々なメーカーがカスタマイズ用のケースを販売しています。 通販サイトなどでお気に入りのシャチハタケースを購入すれば、より自分の認印に愛着が湧くこと間違いなし。


デメリットはある程度値が張ること

シャチハタ正規品のデメリットとして、100均のはんこよりも値段が高い点が挙げられます。 100均の印鑑は100円で買えますが、シャチハタの印鑑は最低でも1,000円くらいが必要です。

ただ、100均の印鑑と違い、朱肉を使用するタイプの認印は数千円くらいするのが一般的。 そう考えると1,000円程度でシャチハタ正規品を買えるのはそれほど高い買い物ではないはずです。



両者の印鑑を賢く使い分ける方法

How to

先ほどは、100均の印鑑とシャチハタ正規品と、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。 100均の印鑑とシャチハタ正規品には異なるメリットが存在しているので、両者をケースバイケースで使い分けるのがおすすめです。

例えば、自宅用には100均の安い認印を使い、職場で使用する印鑑にはシャチハタ正規品を使うのもいいでしょう。 また、100均の印鑑は緊急時にもすぐ手配できるので、正規品のシャチハタのインクが突然出なくなった時にも使えます。

このように、100均の印鑑とシャチハタ正規品では得意分野が異なっているのです。ぜひケースバイケースで両者を使い分けてみてくださいね。



シャチハタ正規品は通販で買うのが簡単

パソコンを使う女性
「シャチハタ正規品がほしいけど、どこで買えばいいの?」とお困りではありませんか? 100均では売っていませんし、シャチハタを取り扱っている店舗が100均より少ないのは間違いありません。

シャチハタを購入する際は、売っているかわからない文房具屋を回るよりも、通販でサクッと注文するのがおすすめです。 例えば、印鑑専門通販サイトのハンコヤドットコムでは、定番の「シャチハタネーム9」が1,150円(税込)からの価格で販売されています。

100均で買う印鑑よりは高いですが、これ1つ持っておけばたくさんの捺印ができます。 社会人なら、ぜひ100均の印鑑ではなく、シャチハタ正規品を1本は持っておきましょう。

下記に、「シャチハタを通販で購入すべき理由」や「ハンコヤドットコムの信頼性」についてもまとめてありますので、あわせて参考にしてみてください!







まとめ:100均の認印は正規品ではない

今回の記事では、厳密にはシャチハタは100均では購入できない旨や、シャチハタ正規品との違いについて紹介しました。

100均で売られている朱肉を使わない印鑑も認印として使うことはできますが、長持ちしない上に人前で使うにはちょっと恥ずかしいのでおすすめできません。

一方、シャチハタ株式会社が販売する本家のシャチハタなら、長持ちする上にカラーバリエーションや種類が豊富なので、自分好みの認印を入手できます。

ただし、100均の印鑑は「困った時にすぐ買えて便利」という側面もあるので、ケースバイケースで使い分けてみてくださいね。