Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
銀行印はフルネーム?

銀行などで口座を開設する時には必須となる銀行印保険ローンの申し込みの時など重要なイベントの度にも使われる大切な印鑑ですが、この銀行印、なんとフルネームで作ったものを登録することもできるんです。

フルネームの銀行印、まさに自分専用の印鑑って感じでカッコいいですよね。

当記事では銀行印の基本知識やフルネームで作成する方法、男性・女性それぞれのフルネーム印鑑を銀行印として登録する場合などについても調べてみましたので、フルネームで銀行印を作ろうか検討中の人は参考にしてみてくださいね。


この記事を書いた人
吉田 翔真
吉田 翔真(よしだ しょうま) 実印.net 編集部
印鑑は様々な場面で使われている割に、きちんと教えてもらう機会はほぼありません。みなさんが満足のいくハンコを作成できることを第一に、印鑑作成のポイントや注意点などのお役立ち情報をご紹介。年間2.5万本の印鑑作成に貢献しています。




そもそも銀行印とは?実印やその他印鑑との違いをおさらい

そもそも銀行印とは?

銀行印と言えば、銀行等の金融機関の口座開設や、保険申込の書類などで引き落とし用銀行口座を登録する際に必要になってくる印鑑という認識が一般的ですね。

銀行印と通帳を金融機関の窓口に持っていけば現金の出納も可能で、別名「銀行取引印」「銀行届出印」とも呼ばれています。お金の管理に密接に関わってくる銀行印。

紛失したり、盗まれたりすることのないよう管理には十分に注意しておく必要があります。


実印や認印を銀行印に使ってもOK?

銀行印・実印・認印には以下のようにそれぞれの決まった役割があります。

  • 銀行印…金融機関に登録する印鑑で、銀行口座の登録が必要となるシーンで使用
  • 実印…市区町村で印鑑登録している印鑑で、ローン契約・遺産相続・不動産取引などの公的な手続きで使用
  • 認印…登録の不要な印鑑で、荷物の受け取りやちょっとした事務処理などに使用

普段使っている実印や認印を銀行印として登録することは、法律上は可能ですし、現にそうしている人も多いのではないでしょうか。

しかし防犯上の面から言いますと、実印・銀行印・認印はそれぞれ別のものを使うのがベスト。さらにフルネーム印鑑であれば、見た目のイメージ的にも素敵ですよね。

特に銀行印・実印は本人証明ができてしまう重要な効力を持つ印鑑です。

銀行印を気軽に認印として使うなんて、悪用される可能性が出てくると思いませんか?あまり見かけない苗字だと、全ての印鑑がオーダーメイドになってしまいがち。

複数の印鑑を準備するのはお金がかかって大変という人もいるかもしれません。しかし防犯面を考えるなら、銀行印・実印・認印は面倒でも1本ずつ違うものを作成するようにしたいですね。

もちろんフルネームだと安心度もアップ。注意点として、シャチハタ・ゴム印は、印面が変形しやすいなどの理由からフルネームとはいえ銀行印として登録することはできません。

また、大量生産されてあちこちの店舗で簡単に手に入る「三文判」も、お金の管理を一手に引き受ける銀行印として使用するのは、たとえフルネームであっても防犯上避けるべきとされています。


銀行印をフルネームで作成することはできる?

度々お伝えしているように、銀行印はフルネームで登録する方が安心ですし、見た目もカッコいいです。比較的多い苗字の場合だと、フルネームで登録しておく方が他の人と区別がつきやすくなるというのもメリットですね。

さらにフルネーム銀行印なら悪いことに使われる心配も少なくなるので、安心感もアップしていいことづくめ。家庭での管理がしやすくなるのもフルネーム印鑑のありがたいところですね。

父・母・子供の銀行印を別々に作っている場合、同じ苗字ですから家庭内で一緒に保管するとなると管理が大変です。ですがフルネームの印鑑であれば、どれが誰の印鑑なのかすぐに判別できますよね。

ところがフルネーム印鑑は基本的にオーダーメイドで作ってもらう事となる為、通常の印鑑に比べると費用がかかってしまうのがネックです。

しかし、個人を証明する為の責任能力を示す重要な印鑑ですから、多少お金がかかってもフルネーム印鑑の作成は必要経費としてとらえるべきでしょう。


銀行印をフルネームで作成する手順

それでは以下の流れを参考に、銀行印をフルネームで作ってみましょう。


1.横書きか縦書きかを決める

銀行印に使うフルネーム印鑑、横書きと縦書きのどちらにするかを選びます。選び方についてはまた後ほど詳しく説明しますね。


2.印鑑のサイズを決める

銀行印に使用されるフルネーム印鑑のサイズは、男性約13.5mm〜15mm、女性約12mm〜13.5mmが人気です。銀行印のサイズに特に規定はありませんが、実印よりも一回り小さめで作るのが一般的と考えられています。

フルネームで作る場合、「山村太郎」など文字数がどうしても多くなりやすく、自ずと大きめのサイズになるケースが多いかと思われます。


3.書体を決める

フルネームの銀行印に使われる印鑑の書体で比較的人気なのは「篆書体」「印相体」です。

この2つは複雑な字体で見た目もカッコいいですし、フルネームで作るので、偽造などに悪用されるリスクを大幅に減らせるのがメリットですね。

印相体は「吉相体」とも呼ばれていて、開運のジンクスがある為に、お金に関係するフルネーム銀行印に使うのに向いているかもしれません。


4.彫刻方法を決める

フルネーム印鑑の彫刻方法としては、一般的には「手で彫る」「機械で彫る」かを選びます。

比較的安い費用で作れるのは機械彫りになりますが、悪用されないように防犯力アップの印鑑を作りたいなら、手で彫られたフルネーム銀行印の方が安全です。


5.判の材質を決める

個人を証明する能力を持った大切な印鑑なので、フルネームであることはもちろん、長く使える耐久性の高い材質にするのが望ましいです。

一般的には「チタン」「水牛」などが高い耐久力を持つとされ、見た目も高級感があるのでオススメ。

最近はパワーストーン材質を使った印鑑も人気で、金運アップ効果があるとされる「シトリン」は特にフルネーム銀行印に適しています。


6.買うお店を決める

銀行印用のフルネーム印鑑を、実店舗で作るか、ネット通販で作るかを決めましょう。もちろん、フルネームでの印鑑作成を承っている店舗を選ぶようにして下さいね。

ネット通販だと比較的少ない費用で作れて、また24時間対応しているお店が多いので便利です。逆に実店舗で作るメリットとしては、実物を確認しやすく、スタッフさんと話し合いを重ねながら銀行印に適切なフルネーム印鑑を作れるところでしょうか。



男性の場合

男性

基本的に苗字が変わるケースが少ない男性だと、フルネームの銀行印を新たに作り直す状況ってそんなにないと思いませんか?

男性の場合は、フルネームの印鑑を銀行印として登録しておいてもそこまで大きなデメリットは生じないでしょう。

社会的にも家庭的にも責任ある立場に置かれやすい男性。銀行印はフルネームにしておく方が、余計なトラブルを防ぐこともできますし見た目もカッコよく、損する要素はありません。

たとえば、家を継ぐ予定の長男の場合、子供の頃に親が作ってくれたフルネームの印鑑を、銀行印としてずっと使っているという人も見かけます。

注意点として、婿養子に入ったり、若い人であれば両親の離婚で苗字が変わるなど、「必ずしも名前が変わらない訳ではない」ということを頭に入れて、フルネーム印を銀行印登録するかどうか考えてみましょう。



女性の場合

女性

銀行印は、フルネームはもちろん「名前のみ(ファーストネーム)の印鑑」で登録することもできます。

特に女性は結婚で苗字が変わる可能性が比較的高いので、一生使えるようにと名前のみの印鑑を子供の時に作ってもらい、そのまま銀行印として使い続けている人も多いです。

銀行印をフルネームにするべきなのか?そこは既婚・未婚のどっちなのかで変わります。未婚女性の場合、銀行印用のフルネーム印鑑を作ってもいずれは結婚で苗字が変わる可能性も出てくるので、それを視野にいれて銀行印をフルネームにするかどうか考えるのがベター。

もし、結婚したらその時に銀行印を作り直せば良いと考えているのであれば、フルネームで銀行印登録しておく方が安全です。

既婚女性の場合でも、フルネームの銀行印が特に生活において支障をきたすなんてことはないですよね。

仮に、事業主や役職など責任ある立場にある場合、フルネーム印鑑を銀行印にしておく方がイメージ的に良くなるケースもある程です。ただ、何があるかわからないのが人生というもの。

離婚などの別離の可能性も考えるのであれば、名前のみの銀行印用の印鑑を一つ持っておいても良いかもしれません。



銀行印はフルネームでも横書きで作成すべき?

横書き

「縦書きの銀行印はお金が上から下へ落ちていく」という意味になり、縁起上良くないとも言われているのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ですがジンクスはジンクス。

銀行印とは言えあまり気にしないよと言う人ももちろんいますし、漢字の並びになりますからフルネーム銀行印は縦書きの方が見栄えが良いとする考え方もあります。

他には縦書きの実印や認印との区別をつける為、何よりオシャレ感が出るので、横書きのフルネーム銀行印にするのも一興。

現に実印・認印はフルネームかつ縦書きになっているの家庭も多いので、見た目で判別・管理しやすくする為にもフルネーム銀行印は横書きが無難ではないかと思います。



まとめ


フルネームで銀行印を作る時の基本知識や作成方法について、大切なポイントを最後にもう一度まとめるとこのようになります。

  • 防犯面を考えるとフルネームでの銀行印を作るのが最適
  • 銀行印は実印・認印とは違う物を使うと良い
  • 女性がフルネーム印鑑を作る場合、苗字が変わる可能性も考慮
  • 縦書きか横書きかは好みで決めて良いが、実印と違う並びにすると区別化されて良い

お金の管理に大きく関わる銀行印ですから、セキュリティ面が強固であるに越したことはありません。

今まで何となくで実印と同じ銀行印にしていた人も、防犯対策の一環として銀行印をフルネーム仕様にしてみては?