Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印は必要?


この記事を書いた人
周藤 賢祐
周藤 賢祐(しゅうとう けんすけ) 実印.net 編集部
実印・銀行印・認印。「最適なはんこを購入するためにはどうすれば良いのか?」を徹底研究しています。ネット上の20を超える印鑑通販サイトを隅々まで読み込み、調査・比較した印鑑の数は6,000本以上。これまでの経験から得た知識をあなたの印鑑選びのために余すことなくお伝えいたします。


「車を売却する時、実印が必要って本当?」
「売却する際は、購入した印鑑と同じものを押印しないといけないの?」


などなど、車を売却する際、こういった印鑑に関する疑問を抱えている方は意外と多くいらっしゃいます。

車の売却には、書類手続きがつきもの。とはいっても慣れない作業のため、何もかもさっぱり分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回、印鑑専門メディアである当サイトは、車売却時に実印が必要となるケースのご説明や「購入時の印鑑と違ってもいいの?」といったよくある疑問の解決、そして実印の作成方法など、網羅的にご説明していきます。

さらに、車を売却する際、実印以外に必要となる書類についても触れていきますので、こちらを見ていただけば、スムーズに売却手続きを済ませることができるはず。

それでは、まず車の売却において実印が必要となるケースから見ていきましょう。


軽自動車を売却する際は実印は必要ない

自動車

それではさっそく、車を売却する際に実印が必要となるケースから見てまいりましょう。

普通車を売る場合は必要になる


実は、実印が必要となるのは、普通車を売却する場合のみです。軽自動車を売却する場合、実印は必要ではありません。

では、なぜ普通車の場合は実印が必要になるのでしょうか?

所有権や名義変更などの譲渡手続きをするにあたって必要となる


その理由は、普通自動車は動産(不動産以外のすべての財産のこと。現金・商品などを指します。)として扱われるためです。

こちらの動産は、売却に際して国土交通省の運輸局での名義変更が必要となります。その際委任状や譲渡証明書への押印が必要となるのですが、その時実印を押印する必要があります。

そのため、普通車の売却には実印が必要になるというわけなのですね。

逆に、なぜ軽自動車の売却には実印が必要でないのかというと、名義変更の機関が軽自動車検査協会だからです。

こちらの名義変更の手続きにあたっては実印が必要な書類がないため、認印+住民票などの提出で売却手続きを進めることが可能です。

ただし、買い取り店の契約書で実印を求められる場合があります。その際は軽自動車の売却であっても実印が必要となるので、注意しておきましょう!

購入時の印鑑と違っていてもOK


車の売却にあたって実印が必要となった時、「購入時と同じ印鑑じゃないとダメ?」という疑問を持たれる方も多いかと思います。

こちらについてですが、車売却時の実印は購入時の印鑑と同じである必要はありませんのでご安心を。印鑑登録されている印鑑であれば、問題なく使用することができます。

ここまで車を売却するにあたり、実印が必要なケースとそうでないケースについて、知っていただけたかと思います。

しかしここで、「そもそも実印って何?」「どうやって登録するの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで続いては、実印とはどういった印鑑か、そしてどう登録すればいいのかについてご説明いたします。


実印とはそもそもどういった印鑑のこと?

実印とは

それでは、車を売却する際に必要となる実印についてご説明いたします。

役所で登録を行った印鑑のこと


実印は自身が住民票を置いている各市区町村の役所に、戸籍上の名前で作られた印鑑を登録申請し、受理された印鑑のことを指します。

象牙や琥珀で作られた立派な印鑑であっても、役所での印鑑登録が完了しない限りは実印とはいえません。逆に言えば、100円均一で買った印鑑(三文判という。機械などで大量生産された印鑑のこと。)であっても、役所で登録を行ってしまえば、それは実印となります。

ただし、三文判のように大量に同じものが世の中に出回っているものを登録してしまうと、偽造などのリスクが非常に高まるため、実印としての登録はおすすめしません。

印鑑登録の方法は?


実印を印鑑登録する時の流れとしては、下記のような流れが一般的です。
  • 実印として登録する印鑑を準備する
  • 身分を証明できる書類を用意する
  • 役所で登録を行う
簡潔に説明すると、こちらの3ステップで実印の登録は完了です。こちらについて、下記ではさらに詳しく説明していますので、もっと知りたいという方はそちらからどうぞ。

印鑑登録について詳しく見る


ここまでで、実印の登録方法については知っていただけたかと思います。実は、車を売却する際に必要となるのは実印だけでなく、他にも書類が必要となります。

それらの書類は役所で発行することができるので、実印を登録しにきた際に同時に取得されることをおすすめいたします。では、何の書類が必要なのかというところを、続いてはご説明いたします。


売却時に印鑑以外に必要な書類などはある?

他に必要な書類は?

では、車を売却する際に必要な書類についてご説明いたします。

印鑑証明・戸籍謄本・住民票が必要


車を売却するにあたって必要となるのは、下記の書類です。
  • 印鑑証明書
  • 戸籍謄本
  • 住民票
もし車の売却にあたり、実印の印鑑登録するために役所に行く場合は、これらの書類を取得することで手間が省けます。ただし、これらの書類は売却する人のケースによっては必要のない場合も。

この必要となるケースも含めて、それぞれの書類についてご説明していきます。


印鑑証明書

印鑑証明書は、「押印した印鑑が実印ということを証明する書類」のことです。実印登録を行った際に、役所の方からこちらの書類を取得するか聞かれると思いますので、その際に取得を行っておきましょう。

ちなみに車を売却する際は、契約書に実印で押印するだけでなく、こちらの印鑑証明書を必ず提出しなければなりません。そのため、忘れずに取得をしておきましょう。


戸籍謄本

戸籍謄本は、戸籍に記載されている全員の身分事項を証明する書類のことです。

こちらの書類は、売却予定の車の所有者の名字が結婚などで変わった場合のみ必要となります。名前が変わっていない場合は、取得する必要はありません。


住民票

住民票は、住民の居住している場所を証明する書類です。

こちらの書類は、車の所有者の住所が変更になった際のみ必要となります。居住地に変更がない場合は、取得する必要はありません。

保管してある自動車検査証関係の書類を用意


また、車を売却するにあたって必要となる書類はまだあります。それは、車自体に関する書類です。具体的には下記の書類となります。
  • 自動車納税証明書
  • 自動車検査証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • リサイクル券
こちらも売却前には、しっかり準備をしておきましょう。

車を売る際には印鑑の準備を忘れずに

印鑑を準備しておこう

ここまで、車を売却する時に実印が必要なのか、そして売却する際に必要なものなどについて触れてきましたがいかがでしたか?最後にポイントをおさらいしておきましょう!
     
  • 普通車の場合実印が必要、軽自動車の場合は認印でOK
  • 実印は購入時と同じものでなくてもOK
  • 実印登録の手順は「実印用の印鑑を準備」「身分を証明する書類を準備」「役所で登録」の3ステップ
  • 売却時には「印鑑証明書」が必ず必要。引越し、結婚をした場合は「戸籍謄本」「住民票」が必要になる場合も
  • 車に関する書類である「自動車納税証明書」「リサイクル券」「自動車損害賠償責任保険証明書」「自動車検査証」も必要となるので注意
車の売却に必要となる実印や、書類関係をしっかりと把握し、円滑に売却を進めましょう。

最後に実印についての注意ですが、早く車を売却したいからといって安易に実印を選ぶことはおすすめしません。なぜなら、実印として登録できる印鑑には細かなルールが決められているためです。

「適当に実印用の印鑑を選んで、印鑑登録できなかった…」なんてケースもあります。そうならないためにも、実印を作成する際のポイントについて詳しくまとめた下記のページも、併せて確認しておくことをおすすめいたします。

実印の作り方について詳しく見る