Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
握手

Great Signってどんな電子契約システム?機能や料金は?」とお悩みではありませんか?

こちらの記事では、クラウド型電子契約システムGreat Sign(グレイトサイン)のサービス詳細や搭載されている機能、セキュリティや料金プランに関する情報を総合的にまとめています。

Great Signは、電子契約に必須の機能から業務効率アップに役立つ機能まで、多彩な機能が搭載されています。 最後までお読みいただければ、Great Signのサービスが自社に適しているかどうか、きっと判断できるでしょう。 ぜひ導入検討時の参考にしてください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されている昨今、電子契約の導入を検討されている企業も多いのではないでしょうか?電子契約サービス29社を徹底比較した筆者が、みなさまの円滑な電子契約導入をサポートいたします。弁護士による記事のリーガルチェックも経験済み。




Great Signとは

人差し指を立てるビジネスマン

Great Signは、各種法案に対応しているクラウド型の電子契約システムです。 電子署名法やe-文書法、電子帳簿保存法などに対応し、法的効力のある電子契約書を作成できます。

Great Signを運営している「株式会社TREASURY」は、IT戦略や経営戦略のコンサルティング事業、経理などの事務作業代行、ファイナンシャルアドバイザリーなどの事業を展開する会社です。

Great Signの公式ホームページでは、電子契約に関するお役立ち情報がコラムとしてまとめられています。 電子契約に関する基礎知識から学ぶにも利用しやすいホームページとなっています。


Great Signの導入事例

Great Signの公式サイトでは、次の2つの企業での導入事例が紹介されています。

  • 株式会社DYM
  • ファーストヴィレッジ株式会社

Great Signの使いやすさを考えると、上記以外にも公開されていない導入実績はあると予測できます。 実際の利用企業があることからも、安心してGreat Signを導入できます。



Great Signの機能

オフィス

Great Signには、電子上での契約業務に欠かせない基本的な機能と、より効率よく業務をこなせる便利機能が多数搭載されています。 こちらでは、Great Signで利用できる機能の一例を紹介します。


電子署名

Great Signは、締結済みの契約書へ電子署名が付与される仕組みとなっています。 電子署名とは電子上での本人確認手段のことであり、電子署名法により電子署名が付与されているデータの証拠力が認められています。

つまりGreat Signでは法的にも有効な電子契約を締結することができ、もし裁判などの証拠として利用する際にも、紙の契約書と同等の効力を発揮するのです。


タイムスタンプ

Great Signには、契約締結の時刻を証明するためのタイムスタンプ機能が搭載されています。 電子帳簿保存法では契約書などの取引文書を電子上で保管するためには、タイムスタンプの付与が条件となっています。

Great Signならタイムスタンプが自動的に付与されるので、電子帳簿保存法にも対応できます。 また、電子署名とタイムスタンプを組み合わせることで電子署名の有効期限を延長する「長期署名」にも対応可能です。

長期間にわたり保管する必要のある文書でも、Great Signなら十分にそのニーズを満たしてくれます。


テンプレート機能

Great Signには、契約書の雛形を保存できるテンプレート機能が搭載されています。 Great Signにデフォルトで用意されているテンプレートから作成することも、自分で作成したフォーマットをPDFで読み込むことも可能。 契約書を作成する際に役立つ便利な機能です。


ワークフロー機能

契約業務の効率化に役立つのがワークフロー機能です。 Great Signではニーズに合わせたワークフローを設定でき、社内担当者の承認が必要な取引などにも対応可能。 紙と印鑑で行っていた契約締結の流れを、そのまま電子上で再現することができます。


3者間以上の契約

Great Signでは、3者間以上の契約にも対応しています。 電子契約システムの中には2者間での契約にしか対応していないものもあるため、これは便利な機能です。


既存の紙の契約書のインポート機能

Great Signでは、すでに締結済みの紙の契約書をクラウド上へインポートする機能(オプション)が搭載されています。 「既存の契約書も多数あり、全て電子化して一元管理したい」と考える企業におすすめのサービスです。



万全のセキュリティ対策

セキュリティ

Great Signには、企業の機密情報を厳重に保護できるよう、万全のセキュリティ対策が施されています。 こちらでは、Great Signのセキュリティ対策の例を紹介してまいります。


通信と保管データの暗号化

Great Signでは、全ての通信がSSL/TLSで暗号化されています。利用の際に必ず通信が発生するクラウドサービスだからこそ、通信の暗号化は必須です。

またGreat Signでは、サーバーに保管されているデータも暗号化されています。 通信暗号化とデータの暗号化で、より堅牢なセキュリティ体制が実現されています。


高セキュリティのAWSを採用

Great Signではシステム基盤として国内外で信頼性の高いAWSが採用されています。 書類へアクセスする際はEC2経由での認証が必要不可欠のため、不正アクセスへの対策も万全です。


全データを複数サーバーで自動バックアップ

クラウドサービスと聞くと、「データを損失するリスクがあるのでは?」と不安に感じる方もいるでしょう。

その点Great Signでは、全てのデータが複数のサーバーで自動的にバックアップされています。 複数サーバーでのバックアップは物理的な災害にも強い特徴があります。


文書ごとのパスワード設定

Great Signでは、クラウド上の文書一つひとつに閲覧パスワードを設定することが可能です。 設定は任意なので、機密性の高さに応じて利用するといいでしょう。


権限管理機能

Great Signには、企業のガバナンス強化に役立つ権限管理機能が搭載されています。 Great Signには以下4つの権限が用意されており、必要に応じて権限の付与や変更を行えます。

  • 最高管理者
  • 管理者
  • 一般
  • 閲覧

権限により使える機能が変わってくるので、中規模〜大規模の企業のニーズも満たせる内容となっています。


IPアドレス制限機能

より高いセキュリティを求める企業であれば、Great SignのIPアドレス制限機能(オプション)を活用するのがおすすめです。

IPアドレス制限をすれば、許可されたIPアドレス以外からはアクセスができないため、外部からの不正アクセスやサイバー攻撃を防ぎやすくなります。



選べる3種類の料金プラン

選択

Great Signには、全部で3種類の料金プランが用意されています。 そのうち1種類は月額基本料金も従量料金も完全無料で利用できるので、Great Signの使い勝手を試してみるにもおすすめです。

それぞれのプランごとに利用できる機能内容を表にまとめたので、ご覧ください。

※表記価格は税込
Free Plan Light Plan Great Plan
※近日リリース
月額基本料金 無料 8,580円 10,780円
契約締結ごとの料金 無料 165円 198円
ユーザー数 1名 無制限 無制限
契約書の送信可能数 合計10件まで 無制限 無制限
1ファイルのデータ上限 10MB 25MB 25MB
1締結の合計データ上限 50MB 100MB 100MB
3者間以上の契約
カスタマーサポート ×
紙文書のインポート
※オプション
×
IPアドレス制限
※オプション
×
本人確認 × ×



まとめ:多彩な機能で使いやすいサービス

この記事では、クラウド型電子契約システムGreat Signの機能やセキュリティ、料金プランなどを総合的に解説しました。 記事の要点をごく簡単にまとめると、次の通りです。

  • Great Signでは法的に有効な電子契約を結べる
  • 電子署名やタイムスタンプのほか、権限管理やワークフロー機能も搭載
  • 万全のセキュリティ対策で機密情報の保護も安心
  • 有料プランは月額基本料金8,580円(税込)〜と低コストで利用できる

Great Signにはリーズナブルな価格で利用できる多彩な機能が豊富で、使い勝手のいい電子契約システムです。 電子契約システムを検討する際には、ぜひ比較対象に加えてくださいね。

また、Great Sign以外にもたくさんの電子契約システムを比較して選びたい方には、次の記事もおすすめです。

次の記事では、国内でシェアの高い電子契約システムをはじめとして、様々なサービスを比較しています。 電子契約システムの導入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

» 電子契約サービス比較ランキング【自社に最もおすすめなのは?】