Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
実印を作成するにあたって

「実印を作成したいけど、何から始めればいいかわからない」
「失敗しない実印作成のポイントが知りたい!」

実印は、一生に一度と言えるほどの買い物。価格も高いので、一度で満足のいく実印を作成したいですよね!

そこでこちらのページでは、「これさえ見れば、実印作成に関しては完璧」と言えるほど詳細に、作成ポイントをまとめました。 実印作成の相場価格やおすすめ素材、また、おすすめのネット印鑑通販ショップまで網羅!

当ページが、みなさまの満足のいく実印作成の手助けになれば幸いです。わかりやすく解説しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。


この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
印鑑は、人生に何度も購入することはありません。言うなれば、一生に一度の買い物と行っても過言ではないほど重要な買い物。そのため”長い目”で見た時どれを選んだらよいのか、この視点を大切に、優良な情報をみなさまにお届けいたします。年間2.5万本の印鑑作成に貢献。




【実印作成の前に】実印とは、そもそもどんな印鑑?

実印とは、あなたが住民登録している(住民票を置いている)各市区町村の役所に登録申請して受理された法的な効力を持つ印鑑です。つまり、作成・購入した印鑑がそのまま「実印」として使えるわけではありません。

実印を登録(=印鑑登録)すると印鑑登録証明書(=印鑑証明書)を発行することが可能。印鑑登録証明書は、実印を押印した書類とともに提出することが多く、「この印鑑を押したのは自分である」ことを証明する重要な書類です。

実印を使用する場面としては、

  • 不動産取引
  • ローンの契約
  • 法人の発起人
  • 賃貸契約の連帯保証人
  • 官公庁での諸手続き・恩給・供託
などがあります。

このように、実印は他の印鑑と違い、法律上、社会上の権利・義務の発生を伴うもので、印鑑登録証明書とセットで使用することにより、法的効力を持つ印鑑なのです。

実印として登録する印鑑には、文房具店や100円ショップで手に入る三文判(=機械で大量生産された安価な印鑑)を使用することも可能な場合があります。

しかし、三文判はそのほとんどが同じ印影(=押印後に紙に残る印)です。大量に出回っているので誰でもあなたと同じ名前の印鑑を手に入れることができ、偽造などのリスクが非常に高まります。

さらに、同じ印影であれば、他人があなたになりすまして、知らない間に重要な契約を結んでしまうことも簡単にできてしまいます。

そのため、三文判を実印として登録することはもちろん、金融機関への届出印(=銀行印)として使用するのもおすすめしません。

このように、既成品の印鑑を実印や銀行印などの重要な印鑑として使用するのは非常に危険です。特に、実印は他のはんことの併用も避けた方が良いので、別の印鑑をご用意ください。

重要な契約に使用する実印は、あなたにとって一番大切な印鑑となります。必ず「印鑑専門店」で作成するようにしましょう

当ページでは実印を作成するときに注意すべき点おすすめの印鑑ショップについてまとめてありますので、このまま続けてご覧ください。


もっと詳しく知りたい方はクリック

実印を作る前に知っておきたい6つの注意点

実印を作る前に知っておきたい6つの注意点

「すぐに実印を作らないといけない!」と焦ってしまいがちの実印作成。

実印は頻繁に交換するものではないので、できるなら良い印鑑を余裕をもって作成・購入したいものです。

そこで、

  • 時間はないけど、せっかくだから気に入った実印を作りたい!
  • 新しく実印を作成したいけど、何に気をつければいいの?
という方のために、今回は「実印を作る際、最低限知っておきたい注意点」を6つにまとめてご紹介します。

実印作成のポイント【即日可能なおすすめネット通販サイト】

  1. 実印作成の時期はいつが良い?
  2. 実印作成に掛かる時間はどのくらい?
  3. 即日で実印を作る際の注意は何?
  4. 実印素材別、価格相場はいくらくらい?
  5. 実印素材はどれがおすすめ?
  6. 激安価格(金額)で実印を作成するなら?
  7. *実印を作る際に事前に決めておくこと


それでは早速、実印作成の注意点を一つずつ見ていきましょう!


① 実印を作る時期、タイミングは?

「認印は持っているけど、実印は持っていない」という方は意外と多くいらっしゃいます。 なぜなら、強い法的効力を持つ実印を使う機会は、ごく限られているからです。

そのため、相続をするなどの機会に慌てて実印を作るという人も少なくありません。 しかし、実印は一生ものの大切なハンコ。大学を卒業した時や20歳になった時などの節目で作ることをおすすめいたします。

女性の場合は、結婚して姓が変わる女性が大半という理由から、結婚する前はフルネームを入れず名前だけの実印を作る人も多いです。

▼実印を作る主なタイミング▼
①高校や大学などの卒業時
学校を卒業した後は、その後の進学や就職にあたり一人暮らしを始める方も少なくありません。その際に賃貸物件を借りる方が多いと思います。

その契約には当然、印鑑が必要になります。よって、卒業祝いに実印を作るというのも良いタイミングです。


②成人した時
成人するということは、色々な社会的責任も生まれるということです。

成人を迎えるにあたり、一人暮らしや自分の車を持つこともあるでしょう。その際にも実印は必要となりますので、成人祝いに実印を作るのも良いでしょう。


③結婚した時
結婚すると、女性は苗字が変わる方が大半です。これまで持っていた苗字入りの実印は使えなくなるので、結婚時は新しい実印を作る良いタイミングです。


④人生においての心機一転時
ご自身で事業を始めるなど、人生のターニングポイントで新たに実印を作るのも良いでしょう。

印鑑は運気を左右するものといわれているため、事業を始める際などに多少高級でも良いものを持つことも縁起が良いとされています。

実印は成人などの節目に作るのが良い


② 作成にかかる時間

宅配便が来た時に使う認印などは100円均一などで売っているシャチハタなどでも良いですが、実印は印鑑屋さんで作るのが一般的です。 地元の印鑑屋さんで作るという方も多いのではないでしょうか?

その場合の作成時間は店舗にもよりますが、平均で3~4日かかる場合が多いです。

ここで「そんなに待てない!」と思う方もいらっしゃるかと思います。そんな方におすすめなのが、ネットで印鑑を購入する方法。最近では多くの印鑑屋が実印通販を行っており、簡単に作成できるようになってきました。

ネット上では即日発送のサービスや、最短で19時間で届くなどのスピード作成サービスがあります。 コスト的にも非常に安いのに加え、全国どこでも対応できるのが実印通販における大きなメリットです。

車購入や住居の契約などで、すぐに実印が必要という方は、印鑑通販サイトを利用されることをおすすめいたします。

最短翌日でお届け


ただし、オリジナル性が求められる実印や手彫りだと期間がより多くかかってしまいます。

手彫りは時間が少々かかりますが、世界で一つだけの印鑑が出来上がるという点がメリットです。精巧に作られているので、偽造も難しく、犯罪防止にもなります。

出来上がりまでの目安として、ネット通販の機械彫りで最短即日発送、職人による完全手彫りで約2週間ほどと覚えておくと良いでしょう。

ただし、ネット通販の場合は手彫りと称しても、機械彫りであったりするひどい業者がいるという噂もあります。

手彫りの割りに値段が他社より圧倒的に安い場合は、確認のため、制作途中の印鑑の写真などを見せてもらうのが良いでしょう。

手彫りは精巧な職人の手作業なので2週間ほど必要


③ 即日で実印を作る際の注意

即日で実印を作成したいと考えている方は下記のサイトがおすすめです。

これらは全ての店舗が即日の実印作成に対応しています。 ですが、一点だけ注意が必要で、印鑑屋によって即日受付ができる締め切り時間が異なります。

当サイトでおすすめしている、はんこプレミアムハンコヤドットコムでも大きな違いがあります。

はんこプレミアム14時まで当日受付可能で利用料金は300~800円。 一方、ハンコヤドットコムは即日発送が13時までの注文受付となっており、利用料金が55円と格安なのでとてもおすすめです。

中には17時までの注文を受付けてくれるところもありますが、「実績・価格・品質」などを総合的に比較して、当サイトでは上記2つの印鑑通販サイトをおすすめしています。


実印の即日発送サービス


また、即日発送だとその分、通常料金より高いのではないかと思われがちですが、値段は最短即日だからといって変わることもありません。 あくまで、注文受付時間で即日発送かどうかが決まるだけです。

ただし、一点だけ注意点として、印鑑の種類によって即日発送が不可能な商品もあるため、こちらは確認されることをおすすめいたします。


④ 印鑑素材による価格相場

「リーズナブルな金額で、良質な実印を購入したい…」と考えるのは当然のこと。 こうした価格相場の情報を収集するのは、満足のいく実印を購入するための大切なステップといえます。

では実際、実印の価格や相場というのは、いくらぐらいするのでしょうか? ここでは、実印で選ばれることの多い、代表的な素材3つの相場を下記でまとめましたのでご覧ください。

▼代表的な印鑑の価格(金額)相場一覧▼
・チタン ⇒ 15,000円
・黒水牛 ⇒ 6,000円
・彩樺  ⇒ 5,000円

実印の素材の中で、スタイリッシュなデザインで人気なのがチタンの実印です。 チタン印鑑は耐久性に加えて耐侵食性や耐熱性、また強度においても優れている、近年人気の素材となります。 一生ものとして使われる実印素材としてピッタリな印鑑です。

そして、コストパフォーマンスに優れた黒水牛は最も人気の実印素材のひとつです。 黒水牛のような角材は、芯持ちかどうかで耐久性や値段が変わってくるので、印鑑ショップが扱っている黒水牛の品質をしっかり確認してから購入することをおすすめします。

その他、木材印鑑の中でおすすめなのが彩樺。 木材印鑑の中でも彩樺は、耐久性とコストパフォーマンスを両立させた印鑑となっており、バランス感の取れた実印素材となっています。


⑤ おすすめの素材は

個人で作るなら好みの問題はありますが、以下に男性、女性、法人で人気のある素材をまとめました。

男性: 黒水牛 ・ チタン ・ 玄武
女性: 琥珀 ・ 牛角 ・ 彩樺
法人: チタン ・ 黒水牛

男性は昔から黒水牛が人気ですが、近年はチタン印鑑を選ぶ方が多くなってきています。

女性には人魚の涙、太陽の石とも言える宝石印鑑にも見える琥珀、それから彩樺(さいか)が落ち着いた印象で人気です。 模様によって女性らしさを感じさせる牛角(オランダ水牛)も大変人気があります。

法人印も男性と同じく黒水牛が人気ですが、最近ではチタン実印の人気が急上昇。 特に、ブラックチタンやゴールドチタンは会社印鑑にピッタリです。

トータルで見ると、近年人気があるのはチタンの素材です。 人気の理由は、万が一の火事でも燃えず、落として欠けることも滅多にないから。 水洗いもできてお手入れも簡単なため、個人・法人問わずおすすめ度No.1の注目素材です。

その他にエコな印鑑として人気なのが玄武(黒彩樺)。玄武はバーチ材とフェノールレジンという二種類の素材を高圧加熱処理することで生まれた人工素材です。 木材よりも数倍強い耐久性を誇り、ひび割れることが少ないのが特徴です。

同じくエコ印鑑の部類に入る『彩樺』は比較的低価格で、女性に人気なのはもちろんのこと、官公庁・環境関連企業団体にも推奨されている実印素材です。

下記に、ここまでご紹介してきた各素材のデータをまとめました。 どの素材にするか迷うという方は、確認してみてはいかがでしょうか?

各素材のレーダーチャート



⑥ 安い価格で印鑑を作るなら?

はんこプレミアム

格安でもやはりハンコは法律に関わるものなので、リスクは避けたいところですよね。 価格も格安で品質も確かな実印を選ぶのであれば、はんこプレミアムが最もおすすめです。

» はんこプレミアムの評判は?口コミなども紹介


ハンコヤドットコム

高品質ながらもお手頃価格で印鑑を作成するなら、業界最大手のハンコヤドットコム。印材数も多く、チタン印鑑の取扱数は業界一多いです。

年間出荷数は40万件を超え、印鑑業界では珍しいリピーターがいるのも特徴です。安心感、安定感、品質の全てを兼ね備えた印鑑ショップといってよいでしょう。

» ハンコヤドットコムの詳細はこちら!口コミも紹介



実印を作る際に事前に決めておくこと

実印を作る際に、店舗での購入でもネット通販での購入でもそうですが、以下のことを事前にある程度決めておくと、比較的スムーズに購入することができます。


【材質を決める】
黒水牛・柘(つげ)・白牛角などがよく使われる代表的な実印素材です。

実用性を重視すると、比較的固くて丈夫な材質が好まれます。印鑑は固ければ固いほど、値段が高くなっていく傾向にあります。 つまり印鑑は、柘→黒水牛→白牛角の順で、固くなり、高くなると考えれば良いでしょう。

個人の実印としては黒水牛やチタン印鑑が人気です。法人の実印は大事な契約ごとで使用するものですので、値段的にも最高級のものということで、チタン印鑑が好まれる傾向にあります。

チタン印鑑は、象牙以上の耐久性、水洗いが可能で手入れがラク、印影が綺麗などといった、各素材のいいとこ取りをしたような素材となっております。


【姓のみで彫るかフルネームで彫るか】
個人の実印を作る際に関係してくるのですが、フルネーム、姓だけ、名前だけ、いずれで作るのかということです。

印影のセキュリティの点からいえば、やはりフルネームで彫るのがおすすめです。

ただし、女性の場合は結婚で姓が変わる方が多いので、結婚前に実印を作成する方は名前だけで作成する人も多くいます。


【大きさを決める】
各市区町村によって変わってきますが、印鑑登録ができる印鑑のサイズは定められています。

東京都新宿区を例にしてあげますと、「印影の大きさが8ミリ四方の正方形にはみ出すもの、または25ミリ四方の正方形から収まるもの」となっています。

印鑑登録できるサイズ


男性であれば16.5mmが一番多く、女性は少し小ぶりで13.5mmが一番多いです。 下記は性別による印鑑サイズの比率になりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

男性実印と女性実印の価格比較表


最後に ~どの印鑑ネット通販で作成しても一緒?~

「結局どの印鑑ショップで購入しても一緒でしょ?」
「とにかく安い値段の印鑑ショップで実印を購入しよう!」

このように考えてはいませんか?

実は、値段だけで印鑑ショップを決めると想像と違う実印になってしまう可能性があるため、おすすめできません。

当サイトでは、実際に印鑑ショップから実印を購入して、それぞれの印鑑を比較してみました。 印鑑で最も重要な印影を、実際に注文した印鑑で比較した画像をご覧ください。

印影比較


このように、同じ書体で注文したにも関わらずそれぞれ異なる仕上がりとなりました。

なぜこのようなことが起こるかというと…

例えば、当サイトがおすすめするハンコヤドットコムは、社内に多数の印影デザインナーが在籍しており、作成依頼を受けた実印・銀行印について、印影を一から一つ一つデザインしているそうです。

ハンコヤドットコムの印鑑作成・技術指導は国家検定一級技能士が担当しているようですが、さらに、数少ない日本印章協会認定の一等印刻師が技術監修をしているという徹底ぶり。

つまり、同じ苗字・名前の方でも、同じ印面の印鑑が存在しないため、ハンコヤドットコムの印鑑は安心して実印などといった登録印に用いることができます。

その他、はんこプレミアムは完全手仕上げが可能ですし、平安堂では完全手彫りも可能です。 また、ハンコマンなど多くの印鑑通販ショップがオリジナルの書体を使用しています。

このように、印鑑通販ショップによって印影のデザインや作成方法は様々です。 上記の画像ように、同じ内容で注文したからと言って、どの印鑑ショップでも同じ実印を作成できるわけではないのです

特に、実印素材は各印鑑ショップで品質に大きく差が出るところ

実印素材の質、彫刻の仕方、サービスの種類などがそれぞれの印鑑通販ショップごとに異なるため実印の値段も違ってくるわけです。

印鑑・実印は、一度作成すると作り変える機会が少なく、一生使用することになります。 ですので、購入時の価格だけにとらわれず、一生使っていく印鑑としてあなたが納得できる印鑑が作成できる通販ショップを選んで購入されることをおすすめいたします。

以下に、当サイトが自信を持っておすすめする人気の実印通販サイトBEST3をご紹介していますので、ぜひあなたの人生に寄り添う最高の実印を作成していただければと思います。


人気の実印通販ランキング BEST3
1位 ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコムのサイト
年間出荷実績42万本【2分に1本売れている印鑑通販サイト】
圧倒的な出荷実績を持つ大手通販ショップ「ハンコヤドットコム」。極上品である「純天然黒水牛」が1万円以下、超高級「チタン」印鑑が2万円以下で購入できるなど、割安な価格提供がとても魅力的です。現在、セット購入で最大50%OFFのキャンペーンを期間限定で実施中!
2位 はんこプレミアム
はんこプレミアムのサイト
品揃え豊富! 高品質の印鑑を【格安】販売
はんこプレミアムは、印材豊富・高品質・低価格の三拍子の優良通販ショップ。彩樺は9種類、23種類のチタン、14種類もの水晶・天然石印鑑など、種類豊富な印材の数々を割安価格で販売しています。現在、高級素材の印鑑をリーズナブルに購入できるセールを実施中!
3位 Sirusi
Sirusiのサイト
デザイン重視ならSirusi【デザイン実績50万本以上】
Sirusiは、個性が輝くデザイン印鑑を販売。印鑑を「使うもの」から、自分"らしさ"を「表現するもの」へ。送料無料や、2本以上の購入で10%OFFなど割引も充実。メディア掲載実績も多数あるSirusiで、自分だけの「"印し"=印鑑」を作成してみてはいかがでしょうか。