Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
銀行印の失敗しない作成方法

銀行印は実印と同じく重要な印鑑ですが、おすすめのサイズや書体が異なるのをご存知ですか?

このページでは、銀行印とはどんな印鑑なのかを明確にし、「銀行印の失敗しない作成方法」を解説します。作成する際のポイントをおさえて、お気に入りの銀行印を作成しましょう!

また、最後におすすめの印鑑通販サイトも紹介します。できるだけ安い価格で良質な印鑑を作成するためにチェックしてみてください!

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
口座開設時などに必要となる銀行印。「銀行印は実印と分けた方がいいのか」「銀行印は何を使ってもいいのか」など、銀行印に関して多くの疑問をお持ちの方も多いでしょう。年間2.5万本の印鑑作成に貢献している筆者が、銀行印に関してわかりやすく解説していきます!




そもそも銀行印とは?特徴を確認!

銀行印鑑とは?

銀行印を作成する前に、銀行印とはどんな印鑑なのかを明確にしておきましょう!

銀行印とは、銀行などの金融機関で口座を開設する際などに「これが私の(銀行用の)印鑑です」と、届け出る印鑑の総称です。つまり、銀行に印影を届け出て初めて正式に銀行印となります。

ハンコ屋やネット印鑑ショップで「銀行印用」「実印用」というように分けて販売されているのを見たことがあると思います。

しかし、実印用の印鑑を銀行印として口座開設に使えますし、銀行印用の印鑑を実印として印鑑登録することもできます。

つまり、「銀行印用」の印鑑を購入しても、金融機関に印影を届け出ないとただの印鑑ということです。

では、一本の印鑑を銀行印と実印の両方で使うことができるのか、銀行印と実印は別で作成した方が良いのかを見ていきましょう!



実印と銀行印は別で作るべき?

実印と銀行印は用途によって使い分ける

実印用に購入したハンコを銀行印として登録することや、逆に銀行印用で購入したハンコを印鑑登録し、実印として使用することはどちらも可能です。

それでは、銀行印と実印を同じ1本の印鑑で登録しても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、登録は可能ですが、別々の印鑑での登録がおすすめです。

銀行印は金融機関の口座開設時に必要になる重要なハンコなので、複製されにくい印影のハンコが人気があります。

実印は不動産の購入などの大きな金額の契約時に使用される重要なハンコです。そのため、銀行印同様、実印も複製されにくい書体を選択しましょう。

上記の用途で使用される印鑑なので、銀行印も実印もコピーされにくい印影で作られますが、1本の印鑑を複数の用途(実印と銀行印)で使うと、同じ印影がたくさん外に出ることになります。

偽造されるリスクを考えると、銀行印と実印の兼用はさけた方が良いでしょう。


実印と銀行印の兼用は偽造リスクを高める



紛失時に登録変更が必要になる印鑑

銀行印を紛失すると、金融機関に登録印鑑の変更届を出す必要があります。

また、実印の紛失時も、廃止や改印のため新しい印鑑を購入し、再度、実印登録しなければなりません。

兼用で印鑑を使用すると紛失時のリスクが大きいため、銀行印と実印は分けて作成し登録しましょう。


実印と銀行印の兼用は危険




銀行印を作成する際のポイント

どんな印鑑で銀行印を作成すればいいの?

それでは銀行印を作成する際のポイントを見ていきましょう。

銀行印選びで重要となるのは以下の3点。

  • 複製の難しい複雑な書体にすること
  • 手彫り、手仕上げの印鑑であること
  • 破損しない丈夫な素材の印鑑であること

銀行印はこの3点を満たす印鑑がおすすめです。

書体については下で説明しますが、最初のポイントは、複製の難しい複雑な書体で作成した印鑑にするということです。

次に彫刻方法。

書体の種類も重要ですが、彫刻方法も「複製の難しさ」に関わってきます。彫刻方法は大きく分けると、手彫り、手仕上げ、機械彫りの3つがあります。

手彫りは字入れ、荒削り、仕上げの3工程が全て職人の手によって行われます。

手仕上げは荒削りのみ機械彫りで行い、字入れと仕上げは手作業。

機械彫りは、字入れに既存のフォントを使用し、荒削りと仕上げは機械での作業となります。

つまり機械彫りで作成した印鑑はコンピュータの書体なので、手彫りや手仕上げの印鑑よりも複製されやすくなります。

銀行印用の印鑑は手彫りの印鑑を選択しましょう。コストを抑えたい方は手仕上げの印鑑がおすすめです。

最後に、破損しない印材を選択するということ。

もし印鑑が欠けて登録した印影を捺印できなくなったら、再度印鑑を作成し、口座登録する必要があります。

銀行印の再登録を防ぐためにも、銀行印には破損しない丈夫な印材を選択しましょう。



刻印する名前はフルネーム?苗字のみ?名前のみ?

銀行の届印はフルネーム?苗字?名前?どれで作るの?

「銀行印はフルネーム?苗字だけ?名前だけ?」

銀行印を作成する際に、刻印する名前をどうするか悩みますよね。

結論から言うと、銀行印はフルネームでも苗字だけでも名前だけでも登録可能です。

では、フルネーム、苗字のみ、名前のみのどの刻印方法が一番人気か見てみましょう。

・男性に選ばれているネーム
男性の一番人気は苗字のみの銀行印。約9割の男性が苗字のみの銀行印を作成しています。

次に多いのが下の名前のみで、一番少ないのがフルネームのみの銀行印です。


・女性に選ばれているネーム
女性に一番選ばれているのは男性と同じく苗字のみの銀行印。

約6割の女性が苗字のみ、約4割の女性が下の名前のみ、数%の女性がフルネームで作成しています。


上記のように、男性、女性の大多数が苗字のみの刻印を選択しています。

苗字のみで銀行印を作成するのは、実印をフルネームで作成したので銀行印と見分けやすくするためという理由が多いです。


名前で銀行印を作るメリット

また、名前のみで銀行印を作成する女性の割合が多いのは、結婚して姓が変わる可能性がある、という考えの女性が多いためです。

複数の子供の銀行口座を開設する場合に、見分けやすくするために名前のみで銀行印を作成する場合もあります。

銀行印の刻印内容を迷っている方は参考にしてみてください!



おすすめの書体

銀行印におすすめの書体

個人の銀行印の書体は、「古印体」・「篆書体」・「印相体(吉相体)」の3つが人気です。

印相体(吉相体)(いんそうたい)・古印体(こいんたい)・篆書体(てんしょたい)

以前は古印体が人気でしたが、最近はより複雑で判別の難しい「篆書体」や「印相体(吉相体)」が選ばれています。

篆書体」は日本の紙幣に捺印されている印鑑の書体なので、馴染みのある書体だと思います。

紙幣に使用されているのは、この書体が可読性が低く偽造しにくいからです。

また「印相体(吉相体)」は篆書体がベースの書体のため、「篆書体」よりも可読性が低く、さらに開運の書体とも言われています。

以上から、銀行印の書体は篆書体か印相体がおすすめです。



銀行印の人気サイズ:男性15.0mm、女性12.0~13.5mm

銀行印のサイズはどれくらいの大きさがいいのか?

ここでは銀行印のサイズを紹介します。

銀行印は認印よりも少し大きめのサイズを選びましょう。

おすすめのサイズは以下の通りです。

  • 男性:13.5mm~15.0mm
  • 女性:12.0mm~15.0mm

上記は銀行印の人気サイズですが、このサイズ以外でも銀行口座の開設は可能です。


【印鑑のサイズ早見表】

印鑑サイズ表



【銀行印のサイズのシェア】

銀行印のサイズシェア


銀行印のサイズのシェアを見ると、男性の銀行印サイズは15.0mmが人気で、次に13.5mm、12.0mmと続きます。

女性の銀行印サイズは13.5mmと12.0mmが人気で、15.0mmの大きめの印鑑は女性にあまり選ばれていません。

銀行印は実印よりも小さく、認印よりも大きめのサイズが選ばれていることがわかります。


認印のサイズについて

よく使われる認印のサイズは10.0mm~11.0mmです。

銀行印を認印よりも少し大きめのサイズで作成するのは、認印と銀行印を区別しやすくするためです。

銀行印を少し大きめに作っておけば、銀行印と認印がどちらかわからなくなった時に、見分けがつきやすくなります

認印は銀行印よりも使うため、10.0mm~11.0mmのサイズが使い勝手も良く便利です。

職場での認印サイズは?

職場では、銀行印のサイズに関わらず、認印は小さめのものを選ぶと良いと言われています。

自分より大きい印鑑を使用されると良く思わない上司も・・・という話があるため、特に新入社員の方は10.0mm~11.0mmの認印が良いでしょう。銀行印との区別にもなるのでおすすめです。



女性の銀行印作成

女性におすすめの銀行印

ここでは女性の銀行印作成について紹介します。

銀行印を作成する時、少しでもおしゃれな印鑑にしたい、という女性も多いでしょう。

実印と違い、銀行印は印影に絵柄を入れても良いため、おしゃれな印鑑が作成できます。ただし、絵柄を刻印した印鑑が登録可能かどうか、銀行に事前に確認しましょう。

女性におすすめのおしゃれ銀行印は以下のようなものがあります。

  • 女性向けのカラフルなデザインの印鑑
  • 金魚や花柄の入った可愛らしい印鑑
  • 和柄で奥ゆかしい印鑑
  • 宝石印鑑
  • パワーストーン素材の印鑑
このように、多くの女性向けハンコが購入可能です。

上記のような女性らしい銀行印にすることで、実印や認印と区別しやすくできます。また、絵柄を入れた印影は偽造防止に繋がるというメリットもあります。

地味な印象だった印鑑でもおしゃれができますので、ぜひ自分に合った銀行印を作成してください!

ハンコヤドットコムの「煌めくスリーストーンチタン印鑑」



業界最大手「ハンコヤドットコム」のセットが人気!

ハンコヤドットコムで銀行印作成

実印と同様、銀行印も複製や偽造がされない印鑑にする必要があります

そのため、安心して長く使える印鑑を購入したいですよね。

そこで当サイトでおすすめするのがハンコヤドットコムの印鑑です。
おすすめする理由は3つ。

  • 実績No.1信頼のおける通販サイト
  • 印影デザイナー在籍!偽造の心配なし
  • チタン・おしゃれ印鑑と品揃え豊富

まず、ハンコヤドットコムは印鑑業界No.1の実績を誇り、年間約40万件の高品質のはんこを販売している点です。

2つ目のポイントは、社内に印影デザイナーが多数在籍しており、注文を受けた実印・銀行印を一つ一つ丁寧に固有の印影をデザインして作成しているという点。そのため、同じ印影のはんこはなく、偽造・複製される可能性が低いです。

そして3点目、銀行印として人気のチタン印鑑やおしゃれなハンコ、かわいい印鑑を多く取り揃えています。

銀行印は実印と異なり、印影に絵柄が入れられるなど登録基準が緩く、はんこ自体(印側)の絵柄がおしゃれなものを購入される方もいます。

ハンコヤドットコムは品揃えが豊富なので、あなたの好みの銀行印が必ず見つかるでしょう!


ケース付き、即日出荷、送料無料などのセット商品がお得

もし、これから銀行印を作るのであれば、一緒に実印と認印もセットで作ることをおすすめします。

ネット通販で買うなら、3点セットの方が価格的にお得で、印鑑通販会社も様々なセットを販売しています。


印鑑3点セット


ハンコヤドットコムの印鑑セットの特徴は、業界No.1の印鑑通販ショップなだけあり、以下のように様々な特典付きです。

  • 実印・銀行印・認印、それぞれに朱肉付きケースが付属
  • 最安約7,500円 ~ と単品で買うよりかなりお得
  • 安心の30年保証付き
  • 最短即日配送

しかも、商品によっては50%OFFの商品送料無料の商品もあり、大幅割引された価格で購入可能です。

銀行印購入の機会に3点セットでの購入を検討すると良いでしょう。

単品でもセット購入でも、ハンコヤドットコムで安心の銀行印をお得な値段で購入できます。






格安手彫り印鑑なら「はんこプレミアム」

価格を抑えたいなら、低価格のはんこプレミアムで銀行印作成

ハンコヤドットコムをおすすめしてきましたが、値段で検討するならはんこプレミアムもおすすめです。

はんこプレミアムにもセット割りキャンペーンがあり、単品購入よりもセット購入の方がお得な価格で銀行印を購入できます。

また、注文時のオプションで手彫り印鑑が選択可能!

+1,980円(税込)という格安料金で手彫り銀行印が作成できるのは、はんこプレミアムだけです。






まだ銀行印の購入を迷われている方のために印鑑通販ショップのランキングを作成しました!

実印や銀行印を購入する時に、みんなが重視している4つのポイントごとにランキングで紹介しています。

4つのポイントにおいて当サイトが徹底的に調査し、厳選したおすすめの印鑑通販サイトTOP3を紹介しています。

納得の銀行印が作成できるよう、ぜひチェックしてみてください!







人気の実印通販ランキング BEST3
1位 ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコムのサイト
年間出荷実績47万本【2分に1本売れている印鑑通販サイト】
印鑑ネット通販ショップシェアNo.1のハンコヤドットコム。「印鑑は一生もの。セキュリティ面など信頼性の高いサイトで購入したい」という方には、特におすすめ。価格も比較的安く、定番素材の黒水牛で3,000円〜6,000円程度。現在、セット購入で最大50%OFFのキャンペーンを期間限定で実施中!
2位 はんこプレミアム
はんこプレミアムのサイト
【1,280円~】印材"卸"だからなせる【最高級品・低価格】
はんこプレミアムは、印材の卸から生産まで全て自社で行なっているため、高品質かつ低価格での提供が可能。「印鑑をできるだけ安く作成したい」という方は、特におすすめ。さらに、創業10周年感謝祭という期間限定のセールを行っている今なら、もっと安く買えること間違いなし。
3位 Sirusi
Sirusiのサイト
デザイン重視ならSirusi【デザイン実績50万本以上】
Sirusiは、個性が輝くデザイン印鑑を販売。印鑑を「使うもの」から、自分"らしさ"を「表現するもの」へ。送料無料や、2本以上の購入で10%OFFなど割引も充実。メディア掲載実績も多数あるSirusiで、自分だけの「"印し"=印鑑」を作成してみてはいかがでしょうか。