Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
銀行印の失敗しない作成方法

銀行印、実印はともに重要な印鑑であることは周知の事実ですが、作成する際のポイント(サイズ、書体など)が異なるのをあなたはご存知でしょうか?

こちらのページでは、「そもそも銀行印とはどんな印鑑なのか?」を明確にし、「銀行印の失敗しない作成方法」を解説します。作成時に押さえておくべきポイントもあるので、ぜひ参考にしてください!

また、最後におすすめの印鑑通販サイトも紹介します。できるだけ安い価格で良質な印鑑を作成するために、併せてご確認ください。

この記事を書いた人
樽見 章寛
樽見 章寛(たるみ あきひろ) 実印.net 編集部
口座開設時などに必要となる銀行印。「銀行印は実印と分けた方がいいのか」「銀行印は何を使ってもいいのか」など、銀行印に関して多くの疑問をお持ちの方も多いでしょう。年間2.5万本の印鑑作成に貢献している筆者が、銀行印に関してわかりやすく解説していきます!




そもそも銀行印とは?

銀行印について、いろいろと知っていく前に、そもそも銀行印とはどんな印鑑のことなのかを明確にしておきましょう!あなたは銀行印がどんな印鑑を指すかご存知でしょうか?

銀行印とは、銀行などの金融機関で口座を開設する際などに「これが私の(銀行用の)印鑑です」と、届け出る印鑑の総称です。つまり、通常の印鑑を銀行に届け出て初めて正式に銀行印と呼べるのです!

それでは、なぜハンコ屋さんやネットの印鑑ショップでは銀行印として販売しているのでしょうか?

それは、銀行印と並ぶ印鑑である実印の存在が関係しています。日本の印鑑文化により、日本人はたいていの場合、印鑑を複数所持することになります。

そのため、実印と区別がつくように一回り小さいサイズの印鑑を銀行印”用”として販売していることが主な理由。実印用として売られている印鑑を銀行印として銀行に届け出ても、何の問題もありません。

以上のことを踏まえた上で銀行印と実印の使い分けから見ていきましょう!



印鑑は用途によって使い分けよう!

実印と銀行印は用途によって使い分ける

冒頭でもご説明したように、実印として購入して登録した印鑑を銀行印として使用することや、逆に銀行印として購入した印鑑を印鑑登録し、実印として使用することはどちらも可能です。

それではなぜ、実印と銀行印は別のものとして扱われ、製作されるのでしょうか?

実印の主な用途としては、不動産の購入などの大きな金額の契約書や重要書類などが挙げられます。そのため、実印は最も複製のされにくい作りになっている必要があります。

そして、その次に重要であるのが銀行口座に関係してくる銀行印。実印と同様に複製がされにくいような印影で作ることが大切です。

どちらもコピーされにくいような印影で作られますが、兼用にした場合、リスクが高まってしまう可能性があります。


実印と銀行印の兼用は偽造リスクを高める


なぜならば、一つの印鑑を複数の用途(実印や銀行印など)に使ってしまうと、それだけ印影が外に流出してしまうことになります。偽造される危険性を下げる、リスクを分散する、という意味でも兼用はさけるべきでしょう。

また、兼用していると万が一盗難に遭ったり紛失してしまった際に、金融機関に登録印鑑の変更届を出さなければならないだけでなく、実印自体も廃止や改印をしなければならないなど、非常に手間がかかり面倒なことになります。

そうならないためにも、銀行印は実印とは分けて作成し登録しましょう。


実印と銀行印の兼用は危険




どんな銀行印を作ったらいいの?

どんな印鑑で銀行印を作成すればいいの?

それではどんな銀行印を作ればいいのでしょうか?

現在ではお金の出し入れをATMで済ませられる場合が多くなったため、使用する場面も少なくなってきました。以前は銀行でお金の出し入れをする際には、銀行印が必要でした。

現在でも銀行の窓口で取引を行う際には銀行印が必要で、そこで気を付けなければならないのは、銀行印と口座情報があればお金の引き出しが可能であるということです。

つまり、銀行印を本人確認のための重要なものとして、銀行側は使用していて、銀行印によってその人が口座の正当な持ち主であるかを判断するという仕組みになっています。

このことからわかることは、自分の口座の預金を守るためには銀行印を適切な形で作り、しっかりと守っていく必要があるということです。

そのため、銀行印選びの際に重要視していただきたいのは、

  • 複製の難しい印影になるよう複雑な字体になっていること
  • 丈夫な印材で破損や印鑑が欠けたりしないものであること

この2点を満たすような印鑑にする必要があるため、大量生産のものでなく銀行印として作られたものを使用するのが良いでしょう。100円ショップや文房具屋などで販売されている三文判は使用しないほうが懸命です。



フルネームでなくても良い!?

銀行の届印はフルネーム?苗字?名前?どれで作るの?

フルネームで彫るべきか、それとも苗字だけでも良いのか?

こういった疑問を抱く人を良く見かけます。 最近では楽天などのネット通販で、実印と銀行印と認印がセットになったものが売られています。

実印はフルネームで残り2つは苗字で彫るという構成になっているため、銀行印は苗字でなければならないと思われがちです。

しかし、実際のところ苗字である必要はありません。銀行印は名前だけでの彫刻でも届け出ることが可能なのです。

名前で銀行印を作るメリット


苗字ではなく名前のみで銀行印を作るメリットとしては、

  • 同じ名前の人は少ないため、類似した印鑑や自分の印鑑を複製されるリスクが低い
  • 女性は結婚すると苗字が変わることが多いため、銀行印を変更する手間が省ける

といった点が挙げられます。そのため銀行印も実印と同じく、できるだけ他者とは被らないユニークなものにすることをお勧めします。もちろん、銀行印はフルネームでも苗字で作成しても構いません。



おすすめの書体

銀行印におすすめの書体

一般的に個人の銀行印の書体は、「古印体」・「篆書体」・「印相体(吉相体)」の3つが特に人気です。

書体3つ

以前はとてもシンプルで文字の認識しやすい古印体が人気でしたが、上記のように、最近では複製の防止などの防犯目的でより複雑で判別の難しい「篆書体」や「印相体(吉相体)」が人気。これは実印にも同じことが言えますね。

篆書体」は身近なものところでも使われています。例を挙げるならば、日本のお札に捺印されている印鑑の書体が「篆書体」です。このことからわかるように、この書体は可読性がとても低く偽装しにくいのが特徴。

また「印相体(吉相体)」は篆書体をベースに作られた書体のため、「篆書体」よりもさらに可読性の低いものとなっていて、さらに開運の書体とも言われています。

この2つの書体が人気であるもう1つの理由として、独特の雰囲気の書体であるということも挙げられます。



銀行印におすすめのサイズは?

銀行印のサイズはどれくらいの大きさがいいのか?

続いてサイズについてご説明していきます。ずばり、銀行印は認印よりも少し大きめのサイズを! 具体的には、

  • 男性は13.5mm~15.0mm
  • 女性は12.0mm~15.0mm

というのが人気であり一般的なサイズとされています。もちろん必ずこのサイズでないといけないというわけではありません。あくまで参考だと思って下さい。


【印鑑のサイズ早見表】

印鑑サイズ表



【銀行印のサイズのシェア】

銀行印のサイズシェア


一般的に認印として使用されている印鑑は、約10~11mmとされています。

ではなぜ認印よりも少し大きめのサイズをおすすめするのか?単刀直入に言うならば、認印との区別がつかなくなると困るからです。

認印は日常生活で使う頻度が高いため、10~11mmくらいが使い勝手も良く便利です。しかし銀行印は認印に比べるとそれほど使用頻度が高いわけでもないため、小さくなくても不便ではありません。

そして、万が一認印との区別がつかなくなった時に、少し大きめで作っていた場合、銀行印の方が大きいと覚えておけば自分なりの目印にもなり、区別がつきます

※ちなみに、、、

上司がいるビジネスマンは、銀行印のサイズに関わらず、認印は小さめのものを選んでおいたほうが良いかもしれません。

自分より大きい印鑑を使用されるとあまり良く思わない方もいらっしゃるようなので、特に新入社員の方は10~11mmの認印を使用しましょう。銀行印との区別にもなるのでおすすめです。



女性の銀行印作成

女性におすすめの銀行印

実印と違って、銀行印の印影には柄が入っていても銀行に登録ができるところが多いです。そのため、女性には桜などの花の絵柄などを入れる方もいて、最近人気となっています。さらにこういった柄を入れることによって、複製の防止にも。

また銀行印鑑を作るにあったて、実印や認印との区別がつきやすいよう大きさを変えるのはもちろん、印鑑自体の素材などを変えるのも良いでしょう

現在女性向けのカラフルなデザインのものや、金魚や花柄の入った可愛らしいもの、和柄で奥ゆかしいものなど、非常に多くの女性向け印鑑が販売されています。

ぜひこの機会に、銀行員さんに羨ましがられるような銀行印を作ってみてはいかがでしょうか?

煌めくスリーストーンチタン印鑑



ネットで買うならハンコヤドットコムとセットがお得!

ハンコヤドットコムで銀行印作成

初めに申し上げたように、実印と同様に銀行印も複製や偽造がされないような印鑑でなければ非常に危険です。 そのため安心で、しかも長く使えるような印鑑をぜひ購入していただきたいと思います。

個人的におすすめなのは、ハンコヤドットコムの印鑑です。おすすめしたい理由は主に3つ。

  • 実績No.1信頼のおける通販サイト
  • 印影デザイナー在籍!偽造の心配なし
  • チタン・おしゃれ印鑑と品揃え豊富

まず、ハンコヤドットコムは業界No.1の実績を誇り、年間約40万件の出荷している印鑑ネット通販サイト。高品質の判子を販売している優良ショップです。

2つ目のポイントは、社内に印影デザイナーが多数在籍しており、注文を受けた実印・銀行印一つ一つ丁寧に固有の印影をデザインして作成しているという点。そのため、一つとして同じ印影のはんこはなく、偽造・複製される心配もありません。

そして3点目、銀行印として人気のチタン印鑑やおしゃれなもの、かわいい印鑑を多く取り揃えています。

銀行印は実印と異なり、印影に絵柄が入っていてもいいなど登録基準が緩いということから、はんこ自体の柄もおしゃれなものを購入される方がたくさんいらっしゃいます。

ハンコヤドットコムなら品揃えが豊富なので、あなたの好みの銀行印が必ず見つかることでしょう。


セット購入するとお得!

また、これから銀行印を作ろうと思っていらっしゃる方には、この機会に一緒に実印と認印もセットで作ることをおすすめします。

ネット通販で買うならば、3点セットの方が価格的にお得となっており、印鑑通販会社も様々なプランを展開しています。


印鑑3点セット


ハンコヤドットコムの印鑑セットの特徴は、

  • 実印・銀行印・認印、それぞれに朱肉付きケースが付属。
  • 最安約7,500円 ~ と単品で買うよりかなりお得。
  • 安心の30年保証もついている。
  • 最短即日配送。

など、業界No.1の印鑑通販ショップだけあって、抜け目がありません。しかも、商品によっては50%OFFと、通常の価格から大きく割引された値段で販売されています。ぜひこの機会に3点セットでの購入も検討されてはいかがでしょうか。

単品にせよ、セットでの購入にせよ、ハンコヤドットコムは安心の銀行印をお得な値段で販売しています。






格安手彫り印鑑ならはんこプレミアム

はんこプレミアムで銀行印作成

ハンコヤドットコムをおすすめしてきましたが、値段だけで見れば「はんこプレミアム」もおすすめです。

はんこプレミアムもセット割りキャンペーンをおこなっていて、ハンコヤドットコムほどの割引率ではないものの、はんこプレミアムも価格では負けていません

また、注文時のオプションで手彫り印鑑が選択可能!+1,980円(税込)という格安料金で手彫り銀行印が作成できるのは、はんこプレミアムだけです。






ここまで読んでみたものの、最後の一歩が踏み出せず、銀行印の購入を迷われている方。

そんな慎重なあなたのために、実印や銀行印を購入するとき、みんなが重視している4つのポイントごとに印鑑通販ショップのランキングを作成しました

4つのポイントそれぞれにおいて、当サイトが徹底的に調査し、厳選したおすすめの印鑑通販サイトTOP3をご紹介しています。

あなたにとって一番の銀行印が作成できることを心から願っています。







人気の実印通販ランキング BEST3
1位 ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコムのサイト
年間出荷実績47万本【2分に1本売れている印鑑通販サイト】
圧倒的な出荷実績を持つ大手通販ショップ「ハンコヤドットコム」。極上品である「純天然黒水牛」が1万円以下、超高級「チタン」印鑑が2万円以下で購入できるなど、割安な価格提供がとても魅力的です。現在、セット購入で最大50%OFFのキャンペーンを期間限定で実施中!
2位 はんこプレミアム
はんこプレミアムのサイト
品揃え豊富! 高品質の印鑑を【格安】販売
はんこプレミアムは、印材豊富・高品質・低価格の三拍子の優良通販ショップ。彩樺は9種類、23種類のチタン、14種類もの水晶・天然石印鑑など、種類豊富な印材の数々を割安価格で販売しています。現在、高級素材の印鑑をリーズナブルに購入できるセールを実施中!
3位 Sirusi
Sirusiのサイト
デザイン重視ならSirusi【デザイン実績50万本以上】
Sirusiは、個性が輝くデザイン印鑑を販売。印鑑を「使うもの」から、自分"らしさ"を「表現するもの」へ。送料無料や、2本以上の購入で10%OFFなど割引も充実。メディア掲載実績も多数あるSirusiで、自分だけの「"印し"=印鑑」を作成してみてはいかがでしょうか。