Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
銀行印を押す男性

どんな銀行印を作成しようか迷っている男性のあなた!男性用の銀行印を選ぶ時には気をつけたいポイントがいくつもあります。購入してから後悔してしまう前に、こちらの記事を参考にしてみてください。

今回の記事では、男性向け銀行印に適したサイズや書体についてはもちろん、縦書きか横書きか、さらにはおすすめの素材も紹介しています。

この記事さえ読んでおけば、多くの男性から選ばれている銀行印のことがまるわかり。「おしゃれでスタイリッシュな銀行印を作成したい」と考えている男性の方も、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事を書いた人
吉田 翔真
吉田 翔真(よしだ しょうま) 実印.net 編集部
印鑑は様々な場面で使われている割に、きちんと教えてもらう機会はほぼありません。みなさんが満足のいくハンコを作成できることを第一に、印鑑作成のポイントや注意点などのお役立ち情報をご紹介。年間2.5万本の印鑑作成に貢献しています。




彫る名前に注意!男性の銀行印にはフルネームがおすすめな理由

フルネームの銀行印

ご存知かもしれませんが銀行印は苗字だけでも下の名前でも、そしてフルネームでも登録することができます。男性が銀行印を作成する際には、フルネームで名前を彫るのがおすすめです。

しかし、なぜ男性の銀行印にはフルネームがいいと言われるのでしょうか。その理由は大きく分けると2つありますので、詳しく見てみましょう。


防犯上の理由

なぜ男性の銀行印にフルネームがおすすめなのかというと、まず防犯上の理由が挙げられます。

銀行印は金融機関へお金を預ける時に必要になるハンコ。複数の口座に分散するとしても、手持ちの現金はほとんど銀行へ預けることになるでしょう。認印のように気軽に押せるハンコではないので、悪用リスクを考慮して防犯面に気を配る必要があります。

銀行からお金を引き出すためには、通帳と銀行印があればOKですよね。引き出し手続きは本人ではなくてもできるケースがほとんどなので、銀行印は偽造されないように注意しなければなりません。

女性であれば結婚時に苗字が変わる可能性が高いため、フルネームで登録していると不便な場合もあります。しかし、男性は苗字が変わらないケースも多いのでフルネームで登録しておいてもそれほどデメリットはないでしょう。

ただし「結婚したら男性側の苗字を変える予定だ」という男性の場合は、むしろフルネームより下の名前だけでの銀行印を作成するのがおすすめ。


印鑑の間違いを防げる

次に挙げられる男性の銀行印にはフルネームがおすすめな理由は、別の印鑑との間違いを予防しやすくなることです。印鑑文化が根付いている日本では、複数の印鑑を所持して使い分けるのが基本です。

代表的な例として挙げられるハンコは実印と銀行印、そして認印。(ちなみに男性・女性を問わず複数の銀行印を持っている方も多いです。)防犯上の観点から、男性でも女性でもこれらは必ず使い分けるべき。

しかし、全ての印面が苗字だけになっていると、どれがどれだかわからなくなってしまうことがあります。銀行印をフルネームで登録しておけば、どれが銀行印かすぐにわかります。

また、女性の社会進出が進んでいるとはいえ、住宅ローンを組む時などは男性名義で借りる世帯もまだまだ多いですよね。つまり、男性が実印と銀行印を使い分けるケースは多いということ。複数の印鑑の区別をつけるためにも、男性の銀行印はフルネームで作成するのがおすすめです。



持ちやすいハンコのサイズは大きすぎず小さすぎず

銀行印を押す男性

男性・女性を問わず銀行印を選ぶ際に気になるのがサイズです。「金融機関に登録できる銀行印にはサイズの規定があるのだろうか」と心配な方もいるかもしれませんね。結論を言えば、男性・女性ともに銀行印のサイズには厳密な規定がありません。

ただしあまりにも大きすぎる印鑑は押印欄からはみ出してしまうのでNG。また、小さすぎると正しく照合ができないという理由から銀行印の登録を断られてしまうケースもあります。つまり、男性でも女性でも銀行印は大きすぎず小さすぎないサイズのものを選ぶのが最適です。


男性におすすめな持ちやすい銀行印サイズとは

銀行印のサイズに厳密な規定がないと分かれば、あとは持ちやすさなどの機能性を考えて選ぶだけ。

男性におすすめな持ちやすい銀行印サイズは、一般的に13.5mm~15.0mmです。そのため、特別な理由がない限り男性用銀行印はこちらのサイズの範囲内で選ぶといいでしょう。

ただし注意したいのは、実印や認印との兼ね合いです。男性・女性を問わず実印と銀行印と認印はそれぞれ異なるサイズのハンコを選んだ方が区別しやすいです。もしあなたがすでに実印や認印を持っているのであれば、それぞれのサイズを考慮して銀行印を選びましょう。



銀行印におすすめの書体!自分だけの個性を主張しよう

おすすめ書体

次に紹介する男性向け銀行印を選ぶ基準は、書体です。印鑑には様々な書体が用意されていて、銀行印だからといって「この書体を選ばなくてはならない」という規定はありません。ただし、書体によって偽造のされにくさは違ってくるのでその点は注意したいところ。

こちらの項目では、銀行印に使われる頻度が高い書体と男性におすすめの書体を紹介します。


吉相体

男性向け銀行印の書体としてまず紹介するのは吉相体(きっそうたい)です。吉相体は男性・女性を問わず人気があり、銀行印に使用される頻度が高い書体です。

大切な預金を守るためにも偽造されにくい銀行印を作成することは重要。吉相体は現在ある書体の中で最も可読性が低く、偽造されにくい書体とされています。開運印相として用いられるケースも多いので、縁起のいい書体を選びたい男性・女性にもおすすめです。


篆書体

男性用の銀行印におすすめな書体が、篆書体(てんしょたい)です。篆書体は日銀が発行するお札にも使用されている書体で、歴史に登場する「金印」にも使われています。そのため、「伝統や歴史のある書体を選びたい」という男性にもおすすめ。

篆書体は現代の文字とは形が違っていることもあり、だからこそ偽造しにくい書体となっています。このように防犯の観点からも、男性用銀行印におすすめです。



縦書きよりも横書きがおすすめ!金運アップの印鑑選び

金運アップ

銀行印には縦書き・横書きに関しても決まりがありません。一般的な印鑑は縦書きが多いですが、男性でも女性でも銀行印は横書きがおすすめです。

なぜ男性・女性を問わず銀行印には横書きがおすすめなのかというと、横書きの方が金運がアップしやすいからです。縦書きの銀行印だとお金が流れていってしまいますが、横書きだとそれを食い止めて貯めやすくなるそうですよ。

また、銀行印だけを横書きにしておくと、実印や認印との区別をつけやすくなります。縦書きと横書きについては「男性・女性のどちらにだけおすすめ」ということがないので、風水を重視するのであれば男性でも女性でも銀行印は横書きを選びたいところです。



男性が選びたい素材一覧!これであなたもおしゃれ印鑑をゲット

おすすめ素材

最後に、男性の銀行印におすすめな素材を紹介します。一度登録したら長く使用することになる銀行印は、なるべく耐久性に優れた素材を選ぶのがおすすめ。

耐久力のない素材を選んでしまうと、数年後には印面の一部が欠けてしまうかもしれません。そうなれば、銀行印の変更手続きが必要になるのでちょっと面倒。

多少のお金をかけてでもなるべく頑丈な素材を選んでおくと、結果的にコストパフォーマンスがいい場合もあります。それでは、男性の銀行印で選ばれる頻度の高いおすすめ素材を見ていきましょう!


チタン

チタン

男性が選ぶ銀行印の素材として最も人気があるのはチタンです。

チタンは金属の1種であるため、耐久性は申し分なし。金属と聞くと「サビやすいのでは?」と不安になるかもしれませんが、チタンは金属の中でもサビに強い性質を持つので安心。さらに、チタンは朱肉ノリがよく押印しやすいことも特徴です。

なにより見た目がかっこいいので、スタイリッシュな銀行印を持ちたい男性にもぴったり。男性の方なら、迷ったらチタンを選んでおけば間違いありません。



>>チタン銀行印についてもっと知りたい方はこちら


黒水牛

黒水牛

次におすすめする男性向け銀行印の素材は、黒水牛です。黒水牛は水牛の角から採取した印材であり、一本の角からは少量しか取れないので貴重です。希少価値の高い素材だと聞くと、男性のココロがくすぐられませんか?

チタンと同様に黒水牛も朱肉ノリがいいため、銀行印としての性能もバッチリ。動物系の印材の中では求めやすい価格なのも嬉しいポイントです。「光沢感のある黒さがかっこいい!」と惹かれる男性は、ぜひ黒水牛で銀行印を作成してみてください。



>>黒水牛銀行印についてもっと知りたい方はこちら


玄武(黒彩樺)

玄武(黒彩樺)

最後に紹介する男性人気の高い銀行印の素材は、玄武です。玄武は黒彩樺とも呼ばれていて、欠けや歪みのリスクが少ない木の素材。さらに、環境にも優しい素材なのでエコに興味のある男性にもおすすめです。

スタイリッシュな黒さをたたえつつも暖かな木の温もりがあり、耐久性に優れた木の銀行印を探している男性から多く選ばれています。



>>玄武(黒彩樺)銀行印についてもっと知りたい方はこちら



まとめ

いかがでしたか。男性が銀行印を作成する際に覚えておきたい点やおすすめポイントを全て紹介しました。銀行印を作成する際には素材や色、価格のことにばかり気を取られがちですが、書体や文字の向きも重要です。

今回の記事で紹介したように、男性が銀行印を作成する場合はフルネームがおすすめ。他の印鑑との区別がつきやすいですし、なにより偽造や悪用のリスクを大幅に軽減できます。

結婚後に苗字の変わる可能性が高い女性の方だとフルネームでの登録は不便かもしれませんが、男性ならフルネームで登録するデメリットはほとんどありません。

記事の後半では男性におすすめの素材も紹介しましたが、少しでもあなたの銀行印選びのお役に立てたなら幸いです。サイト内の他の記事では、銀行印はもちろん実印に関する情報もまとめているので、お時間のある男性はぜひそちらもご覧ください。