Top 印鑑の基礎知識 印鑑通販ランキング 実印の作成 銀行印の作成 女性の実印作成 会社印作成
NPO法人の実印

「NPO法人を設立した(したい)けど、実印ってどうすれば良いんだろう…」


このページをご覧のあなたは、上記のようなNPO設立に関するお悩みをお持ちでなないでしょうか?会社を設立すると、法人印(会社実印)などが必要なことはご存知かと思います。

しかし、NPOは「法人」と付くものの、非営利組織ですから通常の企業と同じ実印を作成する必要があるのか迷ってしまいますよね。

そこで今回はNPO法人を設立した際に必要な、実印についてご紹介します。このページを読んで頂くと、NPO法人はどんな実印を作成すれば良いかが明確になりますよ!


この記事を書いた人
周藤 賢祐
周藤 賢祐(しゅうとう けんすけ) 実印.net 編集部
実印・銀行印・認印。「最適なはんこを購入するためにはどうすれば良いのか?」を徹底研究しています。ネット上の20を超える印鑑通販サイトを隅々まで読み込み、調査・比較した印鑑の数は6,000本以上。これまでの経験から得た知識をあなたの印鑑選びのために余すことなくお伝えいたします。


法人であるNPOにも実印(法人印鑑)は必要

法人印鑑の必要性

早速、結論から申し上げますと、NPO法人も通常の法人と同じ実印が必要になります。ということで、NPO法人に必要な実印とはどんなものかを見ていきましょう。


実印(法人印鑑)


別名、「会社印」「代表者印」とも呼ばれるその法人用の実印です。NPO法人も通常の法人と同じ扱いなので、あなたのNPO法人が重要な契約等を交わす場合には実印が必要となります。

NPO法人の実印を作成したら、必ず印鑑登録もあわせて行うようにしましょう。NPO法人の印鑑登録も、法人登記と同じく所在地の法務局に申請をします。

法務局で作成した実印を印鑑登録してはじめて、NPO法人の実印となることをお忘れなく!NPO法人用の印鑑を作成する際には以下のページをご覧頂くと、法人印鑑に関する概要を把握できます。

>>法人印鑑に関する詳しい情報はこちら


銀行印


NPO法人の実印について、多少お調べで察しの良い方ならお分かりかと思いますが、実印の他に銀行印も必要になります。銀行印とは、NPO法人が銀行との取引などの際に使用する印鑑です。

こちらもNPO法人の実印と同じく重要な印鑑。法律的には実印と兼用しても問題はありませんが、偽造されるリスクが高くなることから、実印とは別に、銀行との取引専用として銀行印を作成するのが一般的です。

NPO法人の銀行印を作成される方は以下のページで詳しく解説していますので、ご参考ください。

>>銀行印の詳しい情報はこちら


角印


角印も通常の法人と同じく、NPO法人にも必要な印鑑です。角印とは、法人用の認印にあたる印鑑。納品書や請求書などの、そこまで重要ではない書類に押印するためのものです。

NPO法人でも上記のような書類のやり取りは確実に発生しますので、角印もあわせて作成するようにしましょう。

>>角印の詳しい情報はこちら


また、上記でご説明した「実印」「銀行印」「角印」お得な3本セットで購入することをおすすめします。

法人印鑑セットについては、以下のページで詳しく解説していますので、これからNPO法人の実印を作成する予定の方はぜひともご参考ください。

>>NPO法人実印の詳しい作成方法はこちら